稲垣でジャーマン・ショートヘアード・ポインター

August 22 [Mon], 2016, 3:03
結婚相手として介護士は人気が高いと思うのですが、結婚できないのは、どのような訳があるのでしょう?調べてみると、介護士をしている女性の結婚年齢については早婚と晩婚が極端に分かれていると判明しました。

晩婚の理由として多いものは、仕事を優先して恋愛の機会を逃していたり、地位を上げるために結婚が遅くなるという事も珍しいことではありません。勤務時間について、介護士というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、世間一般よりも多少、やりくりしやすい部分があります。
シフトの具合によっては仕方がないとしても、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、育児中であってもなんとか勤務を続けていける、という手応えを得ている人がほとんどです。



小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、ともあれ働き続けていられるということは、介護士という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。

ついでに言うと、介護士も他業種と同じように8時間勤務です。初めての介護施設で新人の介護士として働こうとする時に、一体どこの部署に配属が決定しているのか、少し気を揉んでしまいますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれる場合もあり、また、人材を管理する人の胸三寸で決定されることもあり得ます。人員配置については、介護施設側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、充分に考えられた配属であることが殆どです。

ただし、配属されて、どうしても違和感や不満などが治まらない時は、直属の上司に訴えてみることはできますし、考慮されることもあるでしょう。専門職だけあって、介護士という仕事についていると、景気に左右されることなく、いつでも求人があるという強みがあり、転職もしやすいです。自身の結婚、出産あるいは転居など単に私事からの転職もよくあるものの、そんな中、もっと上を目指したいために転職しようとする人も大勢います。


こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職そのものが危ぶまれます。
なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、規模の大きな介護施設に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。介護士が転職を考え始めるきっかけやその理由はいろいろで、転職希望者は意外と大勢いるようです。

働く介護士が不足している介護施設などいくらでもあって、結果として、求人が大変多いわけです。今いる職場において、そこでのどう考えても給料が労働に見合わなかったり、休日出勤や夜勤の割合が異常に多いと感じる等々、転職に至る理由は、人それぞれ事情があるようです。


もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、労働条件がどうなっているか、給料はいくらか、といったことだけを見ず、その職場が働いている人にどう評されているかといった、口コミなどがわかると良いでしょう。

業界用語というものは、どこの業界にもあり、もちろん介護士の世界にも存在します。例えば、「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。


何のことか見当がつきますか?食事のために休憩するということを仕事中の他の勤務者に、特定の意志を伝える隠語のような役割を持ち日常的に使用されています。そもそもエッセンとは、というと、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。


昔は、介護現場でドイツ語がよく使われており、その影響です。



何であれ今の時代の介護士も、よく使う業界用語です。介護士の勉強をするための学校には看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。
大学の場合のいい面は高度に専門化された分野についての学習が可能なこと、一般教養科目を受講することで、より多方面の分野についても学べるということが挙げられます。



そして、専門学校の場合は、実習が多いので実践的なことを学ぶ機会に恵まれており、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いです。さらに学費に関していえば大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。



介護士の資格のある人は法律では、仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。

介護行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。


とはいえ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、切迫した状態では、キャリアのある介護士には若干の介護的行為は行っていいのではないかと思っています。


かつての介護士は女性が担うものというイメージがありました。ですが、ここ最近の傾向としてどこでも介護士の名称が使われ、男性が働くことも珍しくありません。現場で求められる介護士の能力を考えた場合、このような変化は、時代の流れとして当然なのかもしれませんね。本来女性が持っているような優しさだけでなく、緊急を要する現場で必要になる判断力や体力も、介護士にとって大事なポイントになっています。
ハードワークで知られる介護士ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。中でも病棟勤務ともなると、症状の重い患者さんを受け持つこともあるのですが、急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、術後でまだよく動けない患者さんの、身の回りの世話をするのも担当看護士が任されます。

予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、人手の少ない夜間に限ってナースコールに何度も応答することになったり等々、気の休まる時間はないくらい次々と仕事が飛び込んできたりもします。多くの場合、介護士としてたくさんの経験をしていると階級も上がっていきます。
例えば、婦長といったら誰でも知っている役職ですが、これ以外にも、階級ごとに主任や総介護士長といった役職があります。

最近はパートの介護士や看護学生が介護施設で勤めているケースも増加しているため、正介護士であれば階級の面から言えば、上の役職になるわけですね。役職になればお給料は上がりますが、その分、責任も大きくなります。
転職活動の場面においては、介護士の皆さんも履歴書が必要なのですが、一つ注意しておかなければならないことがあるのです。
何だと思いますか?それは、その履歴書で最も重要な志望の理由の書き方です。志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、「ステップアップすることが出来そうだから」とか過去に働いてきた経歴を生かせそうだからといったような前向きな印象を受ける内容が適すると思います。
昔から介護士さんになるのが夢でした。ですが、家の都合によって結局OLになりました。


でも、夢を諦められませんでした。
資格を持たなくても就ける看護の仕事に転職する事も出来ますが、夢をかなえるためにも資格の取得を考えていました。


すると、介護施設で看護助手として勤めながら資格も取れるそうなのです。

この方法で介護士の夢を叶えたいです。一昔も二昔も前の話になりますが、介護士はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、現在ではもうすっかり、介護士が労働の対価に見合う高給を得られることを、知らない人はあまりいないはずです。介護士の手にする給料というのは、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。
今更言わずと知れたことではありますが、給料の高い専門職だということです。
検査や治療に当たっては採血や注射がつきものですが、これは一般的に介護士が行います。

注射や採血を好む人は少数派でしょうが、もし注射されるのならば、痛くないよう、上手に打ってくれる介護士に処置して欲しいと思うのも当然でしょう。
とは言うものの、介護士の技術によっては上手に刺してくれる人もいれば、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。



この辺りは運としか言いようがありませんね。

街コンはもうご存知の方が多いと思いますが、そこではたくさんの出会いが待っています。



こういったイベントに出る介護士は多く存在しています。

職業柄、一緒に働くのは女性ということが多いので、男性との出会いのチャンスがなくて、結婚相手を探したいという介護士たちが街コンへ続々と参加しています。

「介護士」というと、街コンにおいても、もてはやされる仕事です。
とは言え、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって休日が合わないために駄目になってしまうこともあるようです。日々、介護士の激務に追われて働き続けていくと、大変な目にあったりもします。

そうなるとついつい、楽のできる病棟はどこかと真剣に検討し始めても、それはごく自然なことです。なかなか言い切るのは難しいのですが、比較的のんびりできる診療科としては、残業の少なさから、精神科、眼科、整形外科などがピックアップされるようです。ところが、専門性の高さですとか、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、業務のハードさについては差があります。

友人は介護士として介護施設に勤めていたのですが、病気になってしまって、その療養のために介護士を辞めました。しかし、完治させた後は、早めに復職して介護施設で介護士としての仕事を続けているのです。多少のブランクでも、資格を持っていたら早々に復帰できますね。


私も時間のあるうちに就職に有利な資格を取っておけば良かったと後悔しています。

数年ほど、介護士として働いているのですが、気付いたことは、介護士はどうやらタバコを吸う人、アルコールを好む人の割合がかなり多いように思います。



煙草の害については、散々耳にしますし、社会的にも否定的な面が大きくクローズアップされていることもあって、介護士の喫煙率も多少減ってはいるようです。

でも、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。そしてまた、皆が集まるお酒の席などで見られる、介護士たちの飲み方、酔い方は阿鼻叫喚とは言いませんが、そこに白衣の天使はいません。そうした姿も、日頃ため込んだストレスとせいでしょうから、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。
少子高齢化が進んでいることも影響しているのですが、介護施設などの介護の現場で働く人々がますます必要とされる可能性があります。


したがって、今日でさえも介護士が不足していることが指摘されているのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。


毎年毎年、絶えることなく新たな介護士が世に生み出されているはずなのに、それでも介護士が足りていないのは労働環境や条件の改善が図られていないことで退職してしまう人が多いというのも原因として挙げられます。
仕事場が介護現場であるだけに、介護士の責任は重く緊張の糸を切らすことがなかなかできず、そうしたことにより強いストレスを経験することになります。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、精神的なきつさも感じることになります。



溜めてばかりだと良いことは少しもありません。
解消の仕方を知り、実行しているかということも、この仕事を続けていくのであれば重要視した方が良いようです。
介護士として勤務していくうちにもちろん辞めたくなることも何度もあるでしょう。 お仕事に関する失敗だけでなく時には患者さんからの言葉にショックを受けたりすることもあります。


しかし、やりがいを感じたり、仕事を続けていきたいと思うことはいっぱいあります。時に厳しく、時に優しい諸先輩方。

周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。


ほんの少し前までは看護の仕事に就くのは女性、という考え方が普通でしたが、近頃では徐々に男性介護士も増加しています。



看護の際、患者を移動させたりお風呂に入れる際など、実は力仕事も必要なので、力のある男性介護士は重宝されます。


給料は女性と差はありませんが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、より高い能力を身に着けるチャンスが増えるでしょう。


交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。
病棟勤務だと難しいですが、外来勤務になれば、外来は土日はやっていませんから、介護士もお休みになります。何か急な事態によって呼び出されたり、順番にまわってくる休日診療の当番などもあるのですが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。

また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、多くの場合は土日は休めるようになっているでしょう。高い給料をもらっている介護士でも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。介護士の資格を持っていれば、健康診断をサポートしたり、修学旅行などに同行するツアーナース等々、単発の仕事や、短期の仕事もたくさんありますので、本業の休みの日を使ってWワークというのも、体力さえあればやりやすいようです。
とは言え、メインで働いている職場の規定でWワークを禁じていることがあったり、何と言っても、介護士の仕事そのものが大変な激務なので、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。
皆さんは「介護士は給料を多くもらえている」という印象があるかもしれません。


実をいうと夜勤手当があることによって稼げる金額が多くなっているのが実情です。ですから良い給料で介護士をしたいというのならどこで働くか考える時、日勤のみではなくて夜勤の時間帯にも働ける職場を選びましょう。

この夜勤があるかどうかによって給料の額は違ってきます。介護施設で介護士として働く場合、毎日の勤務時間がばらばらであり、キツい仕事だということも原因となり、他の仕事に移る人も結構いるということですが、実は介護士の資格というものは、違う職種の現場においても有利な方向に働くことが多いでしょう。



具体例として、人体や病気についての過去の経験や知識を役立てることができるので、未経験でも働きやすい職場といえば、保育関係やリラクゼーションサロンなどです。交代制で働く介護士の、勤務終了前の大事な仕事として、業務の引き継ぎを行なう必要があり、これが申し送りです。
患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、介護士が把握しておくべきことについての諸々を口頭で直接、次の人に説明を行います。
申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に報告しなければなりません。また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早く行うこともとても大事なことです。
一般的に、介護士が持つ悩みに多いものと言えば、職場での人間関係の難しさや夜勤などの勤務形態に体が合わないといった問題があります。


一般的に介護士の多くが女性なので、複雑な人間関係がつくられているところも実は多いのです。



他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。自分の健康を害するほどのストレスを溜める前に、潔く転職し、人間関係が良好で勤務に融通がきくような職場を見付けて転職するのもアリだと思います。
総合介護施設から介護施設まで介護士は様々な場所で求人がありますが、介護施設外の介護士の仕事場として保育園があることを知っていますか?実際に保育園で働くとなると、育児の経験があったり子供の世話が好きな方はおススメの職場だと言えますね。保育園でどのような仕事をするかと言うと、子どもたちの体調不良や不慮の怪我などに対応しながら、子どもたちの園生活が健康的で充実したものになるようにサポートする働きがいのある仕事です。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:龍成
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ysoy5jjodrfehp/index1_0.rdf