千葉マリンスタジアムでCS第二戦〜頑張れ〜ワンちゃん(懐) 

February 17 [Sun], 2008, 10:52
今日はパ・リーグの試合見に来てます。

おっチアがショーしてる〜♪Michyチェック!

うわっ!チアなんか凄い可愛い〜都会の香がする………
(*^_^*)

ヤバい都会の色気に惑わされてはいけないって、親父に言われてたっけ!

いかんいかん(>_<)

さあ今日は九州で日本シリーズを開催して貰う為に、わざわざ千葉まで来たんだから

今日は勝ってその勢いでソ○トバンクに絶対優勝してもらいましょ〜!

\(^_^)/

いや〜しかし、『粋』ですなぁ…。 

February 13 [Wed], 2008, 12:53
 いや〜暑い!暑いにも程がアルっちゅう話ですヮ、実際の話!!
こんだけ暑かっても人は働き続け、遊び続ける…アホちゃうか?
 身体にエエ事ないッちゅうねん! み〜んなで休みまひょ!!
みんなが休んでくれたらタクシーも出動せんでもエエんちゃうかなぁ?
そのためにはみ〜んなが休んで、家でゆ〜っくりゴロゴロしてくれたらエエだけやのになぁ…まっ所詮むりな話やからぼやくのんはおこの辺にしといて本題にはいります!!!
 先日、祇園祭も終わり、梅雨も去り本格的に夏に突入したわけですけども、私どもタクシードライバーはエアコンの効いた車中ではありますけども汗水たらして頑張っている今日この頃でございます。
 そんな暑い日にこんなお客様にお乗り頂きました。
八坂さんの石段下っといいますと世間で言う祇園界隈でございますが、せんじつ夜勤の私は、北大路白川方面からお客様をお乗せして祇園に着きました。
 そのお客様が降りられるのを私の車のすぐそばまで来て待て下さっているお客様がおられました。
 前のお客様が降りられるのを確認してからその待っておられたお客様が乗り込んでこられました。
 見れば、頭にはカンカン帽、着流し姿、雪駄履の60代半ば程の男性と、夏物の白地の着物の40代前半程の色っぽい女性の二人組み…「申し訳ないけど、桃山まで行ってもらえますか…。」っと男性のお客様。
 「はい!かしこまりました。お客様、桃山のどちらに向わしてもらえばよろしいでしょうか?」と私…。
 「ああ…道順は私が言いますので、その通りに走って下さい…」っと十分にタメをつくったしゃべり方!?実にカッコいい方です。
 車を発車させ、しばらくするとお客様同士の会話が聞こえてきました。
私ども運転手がお客様のお話に聞き耳をたてるなどもっての他ですがついつい聞いてしまうモンです…。
 「お前もしんどいやろうけど、もうちょっとやから辛抱してくれな…。」
「はい、私は大丈夫どす。それよりややこしい事になってそちらがこじれてしもては大変どっさかい、無理矢理はいやどす。そやから、あんまり気ぃ使わんといて下さい。」
 「うん…おおきに、おまえは、そないして人の心配ばっかりしてるから、自分が損せぇなあかんねん…これからは自分の事を第一に考えなさい。」
 「はい、おおきに…。」
後は二人とも黙ったまま…時々道順を指示する男性の声のみがする車内…一人で訳も無く興奮している私…『はっ早く続きをしゃべってくれ〜おっ俺には雰囲気が重過ぎる〜』っと一人で心の中で絶叫してしまいました。
 間も無く「あっ運転手さん、その辺りで降ろして下さい。」と男性の声…。
「はい、かしこまりました。」と私の声。
「ありがとう。気ぃつけて帰りや…」と男性のお客様がお降りになって車中の女性に声をお掛けになりました。
 そして私に「この女性を元のトコら辺までお願いします。お金はこれで…もし余ったら運転手さんコーヒーでも飲んで下さい。」
 「あっありがとうございます。遠慮無う頂きます。」
「それじゃぁ頼みます…。」と私に一言。
しっ渋い!渋過ぎる!!日本の男はこうでなくっちゃぁいかん!!!なにがチョイ悪親父じゃっ!!!よ〜し俺も明日から、い〜やっ今日から今の方みたいになっちゃる!い〜やならんとイカン!!!」っと一人で重大決意しました。
それから今来た道を逆に進んでいく途中、な〜んかテンションが一人であがっている私は、お乗りになっている女性のお客様に「いや〜しかし先ほどのお客様、渋いお方っすねぇ…今、私もあんな風になろうって心に誓ったトコですネン!!」って告白しました。
するとお客様は「あ〜あの人ねぇ。あの人、うちの店のオーナーですねんけど、気取ってっまっしゃろ…私が一応ママっちゅう事でやらして貰ろうてまして、今ちょうど浴衣祭りで店のスタッフ全員が浴衣で出てまんねんけど、それが従業員一同から不評どしてねぇ…浴衣祭りを止めてっちゅうてエライもめてますねん。私としては間に入ってシンドイんでっけど、もう少しで期間も終わりどっさかい無理矢理にねぇ止めんでもええし…オーナーが従業員に話しするって言わはるさかい…まぁほんだら任せてみよかなぁって思てまんねん。見かけはカッコよう見えまっけど頭の毛ぇも大分薄〜くなってきてしもて帽子が手放されヘンのんどすヮ。」っちゅう事らしいですヮ!!!
 最初は絶対、男と女の愛憎劇やぁ…と思てたのに、単なる店の中の問題やったとヮ!
あの落ち着き払った言動と雰囲気…そして明治、大正時代を思わせる粋なファッション!!僕もあんな風に少しでもなれたらエエなぁ…て思いました。
そして、車が祇園に到着して女性が降りられる時、私に向ってこう言って下さいました。
「運転手さんも、十分カッコよろしおすえ…ホナおきばりやすぅ、お〜きにぃ〜。」っとニッコリ笑って…その日の晩は異常に頑張った夜でした…。

コラ!さめ吉!!最近生意気にもわしに宿題だしやがってぇ〜自分で調べるんがメンドイねんやろ!!!まだまだワシに宿題ナンザ10年はやいわ〜…ちなみに宿題は全然わからんかった…ちくしょ〜(小梅太夫風に)

THANK YOU!!18000HITS!!! 

February 01 [Fri], 2008, 15:08
こんばんは、どうも僕です。



タイトルの通り、当ウェブログが'''18000HIT'''に到達しました。



ありがとうございます。



今回からは標準書庫にしないでひっそり更新しようと思っていたのですが、画像がなんかいい感じに仕上がったので標準書庫にしちゃいました。



画像は見ての通り、ラルクのアバター、テンコ盛りヴァージョンです。



これ実際にGETしたらいくらくらいになるんでしょう?まぁ試着はタダなので。試着だけで楽しんでらっしゃる方って結構多いんじゃないでしょうか?



そんなこんなで18000HIT。



これからも宜しくお願い致します☆



ではでは。

<女好き>で子ども365人。精力絶倫<アウグスト強王>(東欧旅行・3) 

January 19 [Sat], 2008, 1:32
東欧2日目は麗しの都ドレスデン。現地ガイドはフンボルト大・日本語科卒のユニークな方と添乗員さんの事前案内。バスは美しい公園に留まった。気持ちが良い。紹介されたガイドのトーマスさんはナルホド、手八丁口八丁のやり手オバサンだった。

後ろからゾロゾロ付いて行くのが嫌いな火山。ガイドさんと肩を並べ先頭を切った。途中、散歩道のベンチに初老の男性が可愛い小犬とチョコンと座っていた。通り抜けようとした途端、この犬、猛然と火山に飛び掛ってきた。驚いた。

「ごめんなさい。大丈夫ですか」とトーマスさん。心配してくれた。とっさに火山<Kein Problem>と言った。カイン・プロブレーム…<ご心配なく>というドイツ語。英語ならノー・プロブレム(問題ありません)―――。
トーマスさん、複雑な表情を見せた。一行の最初に声をかけた日本人が流暢な(?)ドイツ語をしゃべった。ギョッというところか。でもすぐ大笑いした。火山も笑った。

ツヴィンガー宮殿は素晴らしかった。<アウグスト強王>と言われたフリードリッヒ・アウグスト一世が建てた。女好きで子どもを365人生ませたという精力絶倫の王様。トーマスさん、口を極めて罵った。彼の心臓を納めた小箱は居城に隣接する旧宮廷教会の地下に今も安置されているが、美女が通りすぎるたびに静かに<鼓動>するという。

さて火山、実はこの東欧旅行に備え、出発前2週間断酒、ついでに人間ドック並の健康診断を受けた。勢力絶倫のアウグスト一世とは偉い違いだ。そこで帰国2日目の午後、主治医を訪ねて<断酒減量>の結果を聞いた。去年は「理想的です」と言われた。これを願っての受診だった。で、今回は―――。

「体重、最高です。今のまま維持してください。血圧も最高、何の心配もありません。血液検査、すべて問題ありません。血管は動脈硬化の予兆もありません。糖尿病も心配ありません……」。火山が期待した<理想的です>という言葉はなかった。チクショー!!でも<カイン・プロブレーム>。

お墓参り、行ってきました(^-^)_∠※ 

January 10 [Thu], 2008, 9:42
秋のお彼岸・・・みなさんはいかがお過ごしでしょうか(*゜v゜*)



我が家では昨日お墓参りに行って参りましたよ〜(^▽^)/




ご先祖様の眠る菩提寺・・・真言宗豊山派 青梅山金剛寺の正面全景です(^○^) 





山門の奥に見えるは本堂です。





本堂手前に写っているのは。"将門誓いの梅"と名付けられている梅の古木です(^-^) 伝説によれば、平将門が鞭がわりにしていた梅の枝をこの地にさし、「この梅が根付いたら戦に勝利するだろう」と、戦勝を祈願したそうです。
その実は熟しても青色のままなことから、「青梅」という地名発祥の元となった梅の木なのです(^▽^)/





境内にいた小坊主さんにご挨拶・・・あっ、な〜〜んだ あつしか∵ゞ(≧▽≦; )





ご先祖様〜〜また来ますね(^▽^)/ 家族の健康と安全をこれからもお守り下さいねm(._.)m



・・・それから今度の釣行こそはお天気に恵まれますように・・・m(._.)m

赤福ショック☆<( ̄□ ̄;)>☆ショック 

December 23 [Sun], 2007, 1:28
「赤福」売れ残り商品を回収、再利用・・・だって・・・(ノ_-;)ハア

またこの手の話題ですな。いやはやこんなことが続くと何を信じればいいのか疑問疑問o(TヘTo) クゥ

「赤福」なんて三重県伊勢市の象徴的存在だったはず。それがこんなことになるなんて、伊勢の人たちも悲しんでるのではないでしょうか?

何か、老舗みたいな(私の勝手な)イメージだったから裏切られたカンも倍増です(* ̄□ ̄*;

売れ残ると商品を回収し、本社、大阪、名古屋の工場で冷凍したり、餡と餅を分離したりして再利用してたというから驚きです( ̄□||||!!しかも30年もしていたなんて・・・

私も伊勢に一度だけ行ったときやっぱりお土産には「赤福」買って帰りました。あれも偽造だったのかも・・・と思うと怖くなります。

旦那も一度新幹線に乗っていたとき「赤福」の存在を知り、それがどうしても食べてみたくなり、新幹線のわずかな停車時間で急いで買い、我が家までガマンできずに新幹線内で全部食べてしまった、という経験の持ち主・・・その「赤福」も偽造だったかもしれません・・・怖い怖い・・・

もう、あれも偽造これも偽造それも偽造・・・それでも信じて買うしかないのでしょうか?

友画⌒★ 

December 14 [Fri], 2007, 16:14
もらうトキわァ絶対コメェ⌒!!!!!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ysnnbr1381
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
Yapme!一覧
読者になる