助川のチャーミー

November 05 [Sat], 2016, 17:16
看護師の働くところといえばホスピタルというイメージが大部分が思うことでしょう。しかし、ナースの資格を有効にさせる職場は、病院だけでは有りません。保健所で保健師とよく話し合って地域住民の健康上のいろいろなケアをするのもナースの仕事です。また、福祉施設には医師がいつも居るところは少なく、だいたいの医療行為を看護師が行います。
看護をお仕事とする人々の勤務先というとまずは病院が頭に浮かぶのが大半を示すのではないでしょうか。ですが、看護師という職業を活かせる場は、病院以外にも様々なところにあるのです。保健所で保健師と協力し、周辺地域の住民の健康に対するケアを行うことも看護師の役目です。医師が福祉施設において常駐しているところは少なく、医療のほとんどは看護師によって行われます。
お年寄り社会が進み、福祉の現場での看護師の重要性は増加する一方です。ましてや大きな企業になると医務室には看護師がいて、個人の健康やストレスについてのサポートをしているそうです。これらのことは、その会社の社員になるということもあるかもしれないでしょう。
平均年齢の高まりに従い、養護施設でも看護師の需要は増加してきているのです。それに、大企業になると医務室などにも看護師が待機していて、健康面における診断や相談、心の面でのケアをしています。こういった場合、その会社に所属することも選択肢として浮かびます。
ツアー旅行や修学旅行等に同行し、病院の手配や怪我病気の応急処置を行う看護師もいます。子供がいる結婚している人は週末に休日があったり、夜勤なしという勤め口を希望しているものです。病院以外のところで勤務するには、そのケースに応じた専門知識を習得している認定看護師や専門看護師の資格があることにより、雇用がされやすくなります。
修学旅行やツアーなどをコンダクトし、怪我や病気の応急対応をしたり、病院を探す看護師もいます。家庭をもって子供のいる人は週末は休暇を取ることができたり、夜の勤務が免除される職場を最終的なゴールにしているものです。病院以外で看護師として働くには、臨機応変に対応できる専門知識を習得し、認定を受けた看護師や専門看護師の資格を所持していると、雇用されやすくなります。
日本の看護師の給料は平均すると437万円ほどです。ですが、国立、市立、県立などの公立病院で働く看護師は、公務員として仕事をしているため、年収の平均は593万円ほどです。公務員看護師は給料の上がる割合も民間病院よりも高く、福利厚生も充実したものです。準看護師となると、看護師と比較して平均年収が70万円ぐらい低いです。
看護師が転職で結果を出すためには、この先のことを考えて早くから準備しておくことが重要です。さらに、何が重要かを考えておいた方がいいでしょう。将来どんな風になりたいのかを明らかにして、その将来設計に合った転職先の情報を少しでもかき集めておいてください。年収、職場環境、勤務形態など、自分には絶対必要な条件も念頭に置いておきましょう。
看護士の求人は多数ありますが、自分の希望に合った求人があるとは限りません。看護師の資格取得者で働く事ができれば良いという方は珍しいでしょう。なるべく給料も高く人間関係も良く、勤務は日中だけという仕事場で働きたいと考える人が多数いるのです。理想通りの職場に転職するためには、情報を集めることが大切です。
日本国内の看護師の年収は平均すると437万円あたりです。しかし、国立、私立、県立などの公立病院に従事する看護師は、公務員として勤務しているため、年収はおおよそ593万円になります。公務員看護師は賃金の上がる率も民間病院と比べて高く、福利厚生もきちんとしています。準看護師の場合をみてみると、看護師と比べて平均年収が70万円くらい低いです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ミオ
読者になる
2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ysillytfauuere/index1_0.rdf