カードローンご利用の注意点

December 04 [Tue], 2012, 17:49
旧ソ連のチュルノブイリ原発四号機の原子力事故から
当時十年ほどたっていたのだが、そこで働く人々は、
当然のように日本の何十倍もの放射能を浴び続けているが、大丈夫と言われる。
そんなことを言う学者でさえも、森のリンゴや魚を食うことなかれと警告しているのだが、
農民は当然のように食しているのである。

そして、世界各地を旅した筆者は最後にこうまとめている。
「飽食の時代が「、あたかもそのつけが回ってくるように、
空腹の時代に転じるのは、そう果てしなく遠い先の事でもないのではないか。」
と長い旅の末に筆者の胃袋は感じていたという。

【キャッシング比較】では様々な項目によって
自分に合った消費者金融を容易に探す事が出来るようです。

短期間のみ利用したいという人に
人気の無利息【キャッシング比較】は、
一定期間内の全額返済で
金利がゼロになるという仕組みと聞きます。

もの食う人々は、普段から本を読まない私に、食を通して世界情勢を教えてくれた、
逸脱しているジャンルの本であった。
人間の三大欲求の一つに当てはまる食欲は、人間の感情を引出し、
変化させ、国、世界をも動かす重要なものである。
この本を読んで、日本等の先進国以外が
このような窮地に立たされていることを思い知らされた。
人間は、もともと自分だけの利益を考えて行動していく生物である。
だが、大地が人間に与えたものは、
他の生物とは違って「考える力」なのである。
人間はこれから社会全体の利益を考えて行動していくべきなのだと考えた。

いつか飢渇の日が訪れるのかもしれないのだが、
今も過酷な食の現実に立っている人々を救い出し、新たな再生な道を生み出すのも
また人間である。だから、私たちはより進化していかなければならないのだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ysaglbi6
読者になる
2012年12月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ysaglbi6/index1_0.rdf