アビーだけどギルバード

September 06 [Wed], 2017, 12:16
葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、モロヘイヤ・小松菜・菜の花といった青菜系の葉菜が多いようです。妊娠が発覚してから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、胎児の先天異常を発症させにくくすると知られています。十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。そんな時には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを推奨します。ホルモンバランスの調整は、妊活の中でも大変重要なものです。ホルモンバランスを整えるには、ストレスを解消したり規則正しい生活を送ったり、軽い運動を行うなど様々な方法があります。その中でもヨガは、お勧めしたい運動の一つです。ヨガによって血行が良くなると、自律神経を正常に働かせる作用があるので、ホルモンバランスの改善につながるという訳ですね。パソコンやスマートフォンでも動画が見れますから、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、適度に体を動かすことは、凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。体と心のバランスを整え、健康に繋がるので、簡単に実践できる妊活のひとつだと言えます。流産を経験しています。ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、やっぱり子供が欲しいと思い、妊活を始めました。身体の調子を整え、妊娠しやすい体になろうと考え、冷え性を改善するために運動で体の調子を整えることにしました。大変な時もありましたが、新陳代謝が上がったために、基礎体温があがって、困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が推奨されています。ところで、この期間を過ぎた妊婦に葉酸が不必要なのか?という疑問も抱きます。しかし、そうではないのです。赤ちゃんの先天性異常の発症リスクを抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、先に述べた妊娠初期という摂取時期が大切な期間という訳です。なのでこの期間での摂取を、特に心掛ける必要があるという訳です。熱によって失われやすい葉酸は、調理法にポイントがあります。葉酸を出来るだけ失わないよう、加熱しない調理方法が一番おススメなのですが、加熱が必要な食材やメニューの場合、出来るだけ早く加熱を終わらせられるように、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。いくつかのポイントを紹介しましたが、このような調理が手間で負担になる場合には、葉酸サプリで摂取するのが手間がかからず良いと思います。一般的に、「冷え」は不妊症の一因と考えられています。体が冷えて血のめぐりが悪化すると、代謝が落ちて、排卵障害が起きたり、子宮機能が落ちるといった報告があります。冷えと冷えからくる症状の緩和にはお灸が有効です。血液の循環を良くして自律神経の働きを促し、体全体をリラックスさせる効果があります。冷えた体は芯から温めてバランスを整えることが必要なのです。妊婦にとって葉酸の摂取は、胎児の健康的な発育を助けるものとして欠かせないものです。とはいえ、食事で摂れる葉酸の量は限られていますし、加熱調理によって葉酸が失われることもありますから、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取がお勧めです。せっかく補給した葉酸に効率よく働いてもらうためには、ごはんを食べてから30分以内に、サプリを飲むようにしてください。普段の食事から摂れる栄養素の働きによって、葉酸も効率よく働けるという訳です。逆に、胃に何も入っていない状態で摂取すると、葉酸が効率的に働かないだけでなく、胃が荒れてしまい、食欲不振や吐き気といった症状があらわれることもありますから、避けた方が無難です。「葉酸」はビタミンの一種ですから、ビタミンを多く含んだ食べ物には「葉酸」も多く含まれています。フルーツで言うと、イチゴ、ライチに多いことが紹介されています。または、柿やアセロラ、キウイフルーツも該当しますし、葉酸はビタミンの一種ですから、オレンジやレモンにも豊富に含まれています。十分な葉酸を簡単に摂取するためには、ジュースになったオレンジを飲むなどして葉酸を補っても良いと思います。葉酸は胎児の成長に寄与する重要な栄養素の一つで、普段の食事から摂取する以外にもサプリによって補給するのが、一番手軽で安心です。実際に葉酸サプリを飲むにあたって、いつからいつまで飲むのが良いのでしょうか。正解は「妊娠前から授乳期の完了」までの期間だと言われています。妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、母体の健康を維持するためにもとても大事な栄養成分ですから、妊活中の段階で、葉酸サプリを積極的に摂取し、授乳を完了するまでサプリを継続的に飲むというのが、一番理想的な葉酸摂取の方法だと言えるでしょう。妊婦にとって重要な栄養素である葉酸、卵巣に影響を与える鉄分は、一般的に不足しがちなものだと言われています。普段の食生活では摂取量が足りていないという方が殆どですから、食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも販売されています。このようなサプリを飲めば適切な摂取が、お手軽に出来ますのでお勧めです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Wakana
読者になる
2017年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる