ヨシガモで葵

January 23 [Sat], 2016, 22:03
総じて看護師として働くことは大変ハードだと認識され、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。例として、二交代制の病院勤務のケースだと、合間で休憩はあるのですが、合計勤務時間が16時間になることも。労働時間が長いということも看護師として勤務することが大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。ハードながらもしっかり稼げるお仕事、看護師を目指したいのであれば、看護学校などの養成期間で、それぞれ決められた年数勉強をしてから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ふつうに授業を受けていたなら、そう難度の高いものではないということです。さて、看護師を養成するための機関といいますと看護学校であったり、短大、大学など種類いくつかあるものの、近頃の傾向として、そういった養成機関より高度で、もっと様々なことを身につけることができる4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。免許が必要な専門職である看護師は、需要が高く、求人が途切れることは殆どありませんし、転職も容易です。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといったその人の都合で職場を変えることもありますが、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。こういった動機で転職しようとする際は、明確な志望動機が必要で、そうでないと職場を変えるのは難しくなるでしょう。今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、大病院で最先端の治療に接したい、というように看護師としてグレードアップを目指したい気持ちを前面に出した志望動機が望ましいです。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで大変な仕事を抱える看護師ですが、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、しっかりと交代する看護師に伝え、スムーズに看護業務を行えるようにしなくてはなりません。伝言程度で終わるケースも少なくないですが、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは安易な気持ちで申し送りできないものです。看護師がかぶっている、いわゆるナースキャップ。あれは看護師になる前に、責任の重さを自覚するための儀式でかぶるという重要な意味を持つものです。よく料理人が帽子を被っていますが、それ以上に意味を持つものといえるかもしれません。そうはいっても、昨今では、看護師のユニフォームも変わりつつあり、近い将来、帽子の意味も忘れ去られてしまう時が来るのかもしれません。髪の毛が落ちないようにするためのものという、これまでのような深い意味を持った存在ではなくなってしまうのは悲しい気もしますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。仕事場が医療現場であるだけに、看護師の責任は重く常に神経を使うことになりますし、そうしたことにより多くの看護師はストレスに悩まされます。なので、あまり体にやさしくない仕事なのは当然として、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を探し出せるかどうかというのは、この先も長く続けたい場合は重要なキーポイントになり得ます。看護師は収入の面で恵まれている印象を受けます。場合によっては人の一生を左右する責任の重い仕事ですし、夜勤等、辛いことも多いですが、給料で見れば安定して高給だということが見て取れます。また、景気に大きな影響を受けないことも看護師の特徴です。高給が約束された安定した業種としては看護師はメリットの多い職業だと言えます。少子化や高齢化のために、医療の仕事を行う人々というのはまだまだ足りなくなる可能性は十分にあります。なので、現時点で看護師不足の状態なのですが、今後しばらくはその状態だろうと思われます。年々多くの看護師が輩出されているのに、なぜ看護師がそんなに足りていないのでしょう。それには職場の環境や待遇の悪さによっておこる退職も原因として挙げられます。学校は看護学校を卒業しました。そして病院勤めが始まったのですが、いろいろとあって辞めることになりました。辞める時には、看護師は向いていないのではないか、辞めた方がいいのかも、とぐずぐず悩んでしまいました。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、転職することを決めたのでした。決意をしたものの、履歴書をどう書いたらいいのか、よくわからなくて参りました。そういうサイトを見たり、本を探したりしながら四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだと当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。初めて看護師の就職先を探してみても見つからず、上手くいかない場合は、年齢が壁になっているかもしれません。求人サイトなどには表面上年齢について書いていない場合も、実際には病院側が何歳以下だけを採用すると決められていることも、珍しくないのです。特に未経験で30歳以上の方が条件の良い働き口を見付けるには、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって心身に悪影響が及ぶような場合、日勤のみの職場に転職するのも良いでしょう。注意しておかなくてはならない点として、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して結果的に給料が減ることがあります。将来や体調を踏まえ、収入を下げてでも転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。看護士と看護師、発音は当然同じですが、この二つを漢字で書き表すとどちらかで書き表されます。少し前までだと、男性のことを表すのは看護士、看護婦は女性と明確に分けられていました。法の改正があった2001年をきっかけとして、男女分け隔てなく使用できる「看護師」を使うことでまとめられることになったわけです。看護師として働いて、もう数年になります。それで、ちょっと気になることがあって、看護師というのは喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。さすがに禁煙、分煙のお店も増えてくるなど、世間的にはタバコのイメージが悪くなっていることもあり、看護師としても喫煙を嫌う傾向が見え、吸う人は減りつつあります。しかし、他業種と比べれば、まだかなり喫煙率は高いようです。また、お酒の席での看護師たちの酔いっぷりといったら堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。それもこれも、常日頃からストレスを溜めこみながら働いているからでしょうし、なるべく発散できるといいな、と思いはするのですが、身体にはくれぐれも気をつけてほしいところです。今、私は病院事務の仕事をしています。通常、看護師さんと一緒に仕事をするということはないのですが、どの方もいつもせわしなく働かれています。特に家庭のある方は、夜勤もしながらの育児はハードだと思います。ですが、予想よりも上手いこと考えられているなと、忘年会の時に感心してしまったのですが、お子さん同伴での看護師さんの参加が少なくないんですよね。参加されていた先生方からも歓迎されていて和やかで楽しい会となりました。高給取りで知られる看護師ですが、その中にも、より稼ぎたいということで、Wワークを始める人も意外に多いです。Wワークに向いた仕事も様々で、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろとその日その時の単発ものから、短期の仕事も多くありますので、Wワークをしようと思えばできるのです。ですが、本業で勤めている病院で副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、そもそも看護師の仕事そのものがかなりきついものですから、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。看護師の仕事といっても、配属先の科によって、看護技術や処置の方法が変わってくるのです。それまでの配属部署以外の部署で研修するローテーション研修では、ひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、視野を広げて、さまざまな知識を身に付けることが出来ると思います。今後の進路を考える事もできますから、新人看護師の前向きな気持ちも湧きやすいようです。卒業後、看護師の受験資格を取得できる機関には看護学科を持つ大学と専門学校があり、それぞれ違った特色があります。それでは、大学はどんな特徴があるのでしょうか。その時点での最先端の医療を含め、高度な勉強が可能であるということと、専門的な内容のみならず、一般教養についても学べるということです。その一方で、専門学校の場合はどうでしょうか。専門学校では、大学よりも長く実習時間を設けてあるため、実践的な内容を深く学ぶことができ、実際働くことになった時、即戦力として力になれることが特色でしょう。加えて、学費の面についても大学と比べるとかなり安く、十分の一程度です。一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても町医者から総合病院まで、それぞれに違いがあります。病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。それぞれの会社で給料が変わるものですが、当然ながら、看護師の場合も同じでしょう。総合病院と町医者とでは収入に差が出てしまいます。これらの事を考慮すると、看護師として働く人の平均年収がこれだけの額になる、と明確に言えるものでは無いのです。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている看護師は多いですし、増えてもいます。その際ですが、出戻りがしやすいかどうかというのはどんな辞め方をしたかによって決まりそうです。多いのは、結婚して、いわゆる寿退社を果たしたり、遠くに引っ越したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。こうして、ライフステージの変化に伴って復職する人は割と多いのです。子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで出戻ってきて、働く人も増加中です。入院施設のある病院に勤める看護師は、夜勤を避けられない職業の一つです。具体的な時間帯ですが、その病院が2交代勤務なのか3交代勤務で働いているのかで全く違うのです。一般的に、2交代勤務だと夜勤が長時間になり、また、3交代勤務の場合、時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。求人に応募しようとする病院がどういった交代勤務を採用しているのか前もって知っておいた方が良いでしょう。不安や悩みを抱えている患者から見ると優しい言葉をかけてくれる看護師は、まさに「白衣の天使」のように見える事もあるでしょう。でも、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。覚えておかなければいけない仕事や確認作業を何度も繰り返さなくてはいけないため常に緊張を強いられる状態なのです。なので、結果的に心を病んでしまうような看護師も多いそうです。中でも、真面目で責任感が強い性格の方や、ストレス発散が上手くないという方は、自分の心が疲れていないか気を付けるようにしましょう。看護師の資格のある人は法律では、仕事内容として、医師の診療補助を行うと規定されているのです。医療行為を行うことは、原則として認められていませんが、医師の指導管理下だったら、処置可能なものもあるのです。とはいえ、突然、患者さんが危険な事態に陥ったり、一刻一秒を争うような事態になった時には、場数を踏んでいる看護師であれば、一部の医療行為を許可されてもいいのではないかと考えています。今日のところ、日本ではインドネシア、フィリピン、及びベトナムとの間で締結されたEPA(経済連携協定)に基づき、「外国人看護師候補生」というものの受け入れを推進しています。しかしながら、日本語で作製された看護師の国家試験を受験し、もしも、3年以内に看護師になれなければ自分の国に帰らなければなりません。就労中に日本語を学び、また、国家試験に受かるために勉強をしないといけませんから、大変シビアであるようです。病棟勤務に就いている看護師の勤務形態ですが、文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制により夜勤勤務に従事することになるはずです。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて職員が大きく減ってしまい、それなのに、夜半に患者さんから腹痛など、体調の悪さを告げられたりなど、決められた作業以外の急な対応が増える傾向があります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。病気の治療では患者との信頼関係が重要になります。患者に不信感を与えないためにも、病院に勤める看護師は見た目にも注意することが大切です。女性の看護師の場合、色味の強いアイシャドウや口紅は避けて、誰にでも好印象になるナチュラルメイクを施すのがおススメです。すっぴんとは異なり、周囲の人が感じる印象もガラッと変わると思います。一般的な認識では看護師は給料が安定している仕事だと位置づけられていますからローンの際も、どちらかと言うと審査にも通りやすいことが多いです。ただ、勤務形態が非常勤であるなどで安定していない看護師についてはそう簡単にはいかないかもしれません。簡単にローンを組めるのは正規職員として勤務している安定した勤務形態で働いている看護師について言えることなので、非常勤で働いている看護師に関しては、ローンの面では不利と言えるかもしれません。看護師としての働き方はいろいろあります。正社員で働くと月給制で給金が支払われますが、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。その時給ですが日勤業務のみのケースですが、下は1300円くらい、上は1800円くらいとなっていて、この辺が大体の相場らしいです。パートの仕事の割には高い時給だと一見思えるかもしれませんが、専門職である人命に関わる看護師であり、日々、厳しい環境に身を置いていることを考えると、どうしても安く感じてしまいます。昔から看護師さんになるのが夢でした。ですが、事情があって就職を選んで会社員としてしばらく働きました。ですが、やはり看護師になりたいという夢を諦められなかったです。転職して、無資格で医療関係の仕事に就くということも考えましたが、やはり看護師の資格が欲しいと悩んでいたところ、医療の現場で看護助手としての仕事をしながら資格も取れるそうなのです。夢だった看護師の道が開かれて、前向きな気持ちになれました。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、病院を訪ねる高齢者は増えて患者数の総数を押し上げており、看護師もますます忙しくなってきています。労働環境は、決して整っているとは言えず、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死に至った看護師もいました。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、多くは訪問介護の仕事があったりして、その訪問介護も高齢者があまりにも増えて現場は常に人手不足で、看護師の需要は高いままであり、看護師は気が休まる暇もなく、業務に追われ続けています。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、結構、融通の利く部分があります。勤務表、つまりシフト次第ではありますが、時間休というものを取ることが簡単にできる傾向がありますので、子育てと両立させながらそれを負担に思わず働ける、と考えている人は多いようです。小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、時間調整しやすい働き方による、というのが大きいようです。基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yuto
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yruhaolteetbyl/index1_0.rdf