っていたのが、メインカメラのレンズ

March 06 [Fri], 2015, 17:18

グッチ iphone6ケース


グッチ iphone6ケース


グッチ iphone6ケース


おしゃれな高品質 新品グッチ iphone6ケース4.7 グッチiphone6plusケース5.5 通販 送料無料には、お使いの携帯を持ち運びや保管の際に傷や汚れから守ります。高級感とファッション性がある高品質 新品グッチ iphone6ケース4.7 グッチiphone6plusケース5.5 通販 送料無料は大人気です。当店ではあなたにピッタリあった、好みの専用ケースが必ず見つかるはずです。高品質 新品グッチ iphone6ケース4.7 グッチiphone6plusケース5.5 通販 送料無料が販売ランキングで上位を独占しています!話題になる高品質 新品グッチ iphone6ケース4.7 グッチiphone6plusケース5.5 通販 送料無料には、保護性が強いのはもちろん、特別なデザインやカラーは魅力です。内側は携帯の形に合わせて凹ませてあります。綺麗なアウトライン、こだわりの高品質 新品グッチ iphone6ケース4.7 グッチiphone6plusケース5.5 通販 送料無料やカバーを簡単に手に入れます。購入数量限定なし、お友だちと高品質 新品グッチ iphone6ケース4.7 グッチiphone6plusケース5.5 通販 送料無料のことを教えてください。爆発的な人気の高品質 新品グッチ iphone6ケース4.7 グッチiphone6plusケース5.5 通販 送料無料は激安!モデルなど最新情報が揃え。全国送料無料!生活を味わうのは細かいケースのことから始まりましょう。


iPhoneケースは、本体をキズや落下時の衝撃から保護する機能性アイテムであると同時に、個性を表現するファッションアイテムという側面もあります。でも、iPhoneのデザインを気に入って選んだ人にとっては、デザインと機能性/個性の両立は難しいもの。あちらを立てればこちらが立たず……? 今回はそのお悩みを解決するアイテムをご紹介します。
エルメス6Plusケース
【もっとほかの写真をみる】

○クリアよりもiPhoneに寄りそうデザイン『araree Pops Bar』

iPhoneのデザインが好きだからケースは可能な限りシンプルにしたいと、クリアなシェルタイプのケースをお使いの方も多いでしょう。しかし本当の意味でiPhoneのデザインを活かすケースは、ただ薄くて透明なら良いというものではないのかもしれません。そんなコンセプトを提示してくれるのが、arareeブランドから新しく発売されたiPhone 6/6 Plus用のシェルタイプケース『araree Pops Bar(アラリー ポップスバー)』です。

ケースの大部分はクリアなポリカーボネート製ですが、一部分だけがカラー塗装された別パーツになっています。部分的にポップカラーが組み合わせられることで、大部分はiPhoneそのままの姿を見せながら印象がガラリと変わります。
6Plusケースルイヴィトン
iPhone 6シリーズが発売された当時、デザインにうるさいアップルファンから不評を買っていたのが、背面の上下にある「Dライン」といわれる素材の切り替え部分。内蔵のアンテナに電波を届けるために必要な構造ではありますが、明らかな継ぎ合わせはアップルらしい洗練度に欠ける印象があります。
●「iPhone 6/6Plus」のカメラについて
スマートフォンのカメラ機能は年々すさまじい勢いで進化しています。iPhone 3Gにはオートフォーカスすらなかったのに、今ではデジカメ顔負けの機能を搭載するようになりました。では、今後スマホのカメラはどう進化していくのか。4つの機種から、その方向性を占っていきたいと思います。

○iPhone 6/6Plus
人気ブランド携帯カバー
かつてのような神通力はなくなりつつあるように感じますが、とはいえスマートフォンの方向性を決めるのにもっとも重要な役割を果たしているのは間違いなくiPhoneです。OSのシェアではAndroidに劣っていても、単一のモデルとしてここまで数が出るのはiPhone以外にありません。

優れたホワイトバランスと的確な露出、位相差AFを取り入れたことによるピント合わせの速度向上など、奇をてらうのではなく、非常に真っ当な進化を続けています。

iPhoneのユーザー数は他の機種と比べて圧倒的に多く、それゆえに特定のニーズを拾うことはできません。中には写真の撮り方に詳しいユーザーもいるでしょうが、シャッターボタンを押すだけのユーザーが大半を占めているでしょう。
6Plusケースルイヴィトン
そうなると、iPhoneに求められるのは、「カメラを起動してシャッターを押すだけで失敗なくきれいな写真が撮れる」こと。たとえば極端に大きなセンサーを積んで、被写界深度を浅くすると、プロっぽい背景のボケた写真が撮れるわけですが、それはつまり「何も考えずに撮るとピンボケを連発してしまう」ことにつながってしまうわけで、iPhoneの思想に反しています。

逆に考えれば、iPhoneが搭載した機能については、一般的に十分受け入れられたということ。カメラ機能の進化の方向性を見定めるのに、iPhoneは引き続きもっとも注目すべき機種と言えます。

●「LUMIX DMC-CM1」のカメラについて
○LUMIX DMC-CM1

一方で、スマホとしての形を保ちながらも、より純粋にカメラとしての性能をアップさせている機種も登場しています。中でも革新的な機種が、パナソニックが先日国内でも発表したCM1です。パナソニック自身はあくまで「カメラ」として定義していますが、SIMロックフリーのスマホでもあります。
新品グッチiphone6 ケース
CM1の特徴は、1型センサーを搭載していること。そこそこ薄型に収めたとはいえレンズも巨大で、センサーとレンズの組み合わせだけ見れば、十分に高級コンパクトカメラに張り合えるだけの性能を持っています。それまで不可能に近かった「画像処理ではない本物のボケ」を楽しめる機種が出てきたことで、スマホのカメラに新しい方向性が生まれました。

カメラの画質は、何らかのイノベーションが起きない限り、どう技術が進歩しても、センサーとレンズの大きさにある程度依存します。だからこそ、スマートフォンがデジカメに画質面で追いつくことはできないと考えられていたわけです。
最新シャネルiphone6 ケース
しかし、CM1のように正面からデジカメに挑む機種が出てきたことで、今後は「スマホがどこまで本格的なカメラに近づけるのか」を追求する動きが加速するのではないかと思います。

「スマホで撮影の楽しさに気づく」→「スマホでは物足りなくなり、デジカメへ」という流れが、デジカメ不振にあえぐカメラメーカーにとっての頼みの綱だったわけですが、CM1がユーザーに受け入れられるようだと、そのステップアップすらスマホ内で完結してしまうかもしれません。どれくらいのユーザーが、本格的なカメラを必要としているのかを推し量る試金石として注目が集まります。
araree Pops Barは、このDラインの形状をカラー素材とクリア素材の組み合わせに活かしたのです。短所と言われていた部分を逆手にとってチャームポイントにするとは、まさにコンセプトの勝利。ただ透明であることよりもiPhone本来のデザインを生した、デザインのコラボレーションになっていると言えます。

また、両サイドのボタン部分も技アリのポイント。ボタン部分はくり抜きや切り欠き加工が施されたケースがほとんどで、ケースの厚みが邪魔をしてボタンを押しこみにくい場合があります。araree Pops Barはケース自体にボタン構造があり、iPhoneに直接触れる時と同じような感覚でボタンを押すことができるのです。

クリアケース派ばかりでなく、とにかくシンプルで使いやすいケースをお探しの方にもおススメしたいアイテムです。

○個性豊かなカラーが楽しめる『araree Hue Bumper』

iPhoneのデザインを損なわずにキズや衝撃から守りたいと考えるなら、もう一つの答えはバンパー。落下時に最も破損しやすい側面をがっちりガードし、薄さや軽さを生かしながら、より安全に使うことができます。

『araree Hue Bumper(ヒューバンパー)』は、デザインと個性にコダワリたい人におススメのバンパーです。内側はTPU(Thermoplastic Polyurethane=熱可塑性ポリウレタン)でiPhoneをしっかりホールドし、外側は丈夫なポリカーボネートを組み合わせた二重構造のプロテクション。二つの素材をカラフルに組み合わせ、ポップやスポーティやラグジュアリーなど、いろいろな表情を演出してくれるのも特徴です。

iPhone 6シリーズは側面がラウンド形状になり、素材の切り替えもないため、iPhone 4や5シリーズに比べてグリップしにくいという問題は避けられません。araree Hue Bumperはポリカーボネート素材に艶消し塗装だから、ホールド感が良好。また、テーブルなどに置いた際にはTPU部分が接地するので、滑りにくいのも安心です。
超人気iphoneケース
さらに、araree Pops Barと同じくサイドのボタン部分が突起になっていることも大きなポイント。ボタン周辺がくり抜かれた構造のバンパーの場合、穴が狭いとボタンを押し込みにくく、かといって広くすると強度に問題が生じます。しかしararee Hue BumperはTPU素材のボタンがポリカーボネートの表面に顔を出す構造で、ムリなくボタンを押すことができるようになっています。

装着は工具不要で取り付けが簡単。価格もお手頃なので、カラーをいくつも用意して、目的やファッションに合わせて使い分けてもいいですね。前面?背面のカバー保護フィルムとの併用がおススメです。

○カメラのリングもスタイリッシュに! 『araree Metal Ring』

iPhone 6シリーズのデザインについて、Dラインと共に不満の声が上がっていたのが、メインカメラのレンズ部分の突起。これまでの機種ではフラットだったものが、薄型化されたために収納しきれなくなったようです。
iPhone6ケースグッチ
ケースに入れてしまえばほとんど見えなくなる部分ですが、バンパー派の方にはちょっと気になるかも。ならば、これもデザインとして扱ってしまえば良いのでは? レンズ用バンパー『araree Metal Ring(アラリー メタルリング)』を取り付ければ、レンズリングがデザインのワンポイントになります。

カラーは、iPhone 6/6Plus本体の色に合わせたゴールド/スペースグレー/シルバーに加えて、スタイリッシュなピンクの4色。1色入りのパッケージと2色入りのパッケージの2タイプを用意しています。2色入りのパッケージは、ゴールド&ピンク、スペースグレー&ピンクという2タイプのみなので、シルバーを購入希望の方は、1色入りのパッケージをお求めください。表面に施された極細ラインのレリーフがメタリックな質感を高め、シャープなルックに仕上げられています。装着は貼り付けるだけでとっても簡単。Phoneの一部であるかのように違和感なくディテールアップすること
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yrtyr
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yrtyr/index1_0.rdf