プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yrscmdolkksnab
読者になる
2010年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
【ブログ】米国の富裕層は普通の人々とデカップリング / 2010年08月05日(木)
 米経済は、昨年終わり頃に意外なデカップリング(分離)に見舞われた。

 株式市場は急騰し、富裕層が元気を取り戻した。メーンストリート(普通の人々)が高失業率や不動産価格の暴落で苦しんでいる一方、富裕層は所得が雇用情勢や住宅価格よりも資本市場の動向に連動しているため、立ち直り、再び高額商品を購入し始めた。

 これからのことは誰にも分からないが、確かなことが一つあるように思われる。それは、富裕層の運命は米国民の大層を占める人々のそれとはますます連動しなくなりそうだということだ。

 デカップリングはすでに大きく進んでいると論じる向きもある。有力シンクタンク「ニュー・アメリカン・ファンデーション」の経済成長政策担当のディレクター、マイケル・リンド氏は、米国の富裕層が残りの米国民をもはや必要としなくなっていると主張する。

 同氏によれば、富裕層は海外の労働者を雇用し、海外の消費者に製品を売り込み、さらに米国の残りの部分とはほとんど関係ない金融取引に従事することで、資産を増やすようになっている。「米国のエリートの多くは、中国に工場を置き、インドの消費者に製品を売ることでカネを稼ぎ、使用人はほとんどあるいはすべて移民だ」という。

 リンド氏は続けて、「米国の富裕層が資産の形成を米国の労働者や消費者に頼らず、身の安全を米国の兵士や警察官に頼らないようになれば、その多くが米国民の大多数のためのインフラや社会プログラムの支援のために納税するのを嫌がるようになったとしても驚くべきことではない。富裕層は他の米国民を必要としていないのだ」

 それは、あまりに大げさだという向きもある。米国は依然として世界最大の消費市場であり、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェット、ロイド・ブランクファインのような大富豪にとっても引き続き重要である。さらに米国の富裕層は、軍隊はもちろんのこと、米国の法制度や経済の透明性から多大な恩恵を受けているというのだ。

 とはいえ、グローバルなエリートは、単一の国や法制度とは関係なく、自分たちの文化を形成しつつあり、最良の扱いを受けるところならばどこにでも資金や資源を自由に移動するようになっているのは確かだ。

【8月4日14時57分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100804-00000011-wsj-bus_all
 
   
Posted at 05:14/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!