たいぴー(太P)で飯田

January 06 [Fri], 2017, 10:01
転職活動を始める時にまず記入する履歴書では、職歴を読み手に伝わりやすいように記入しましょう。



今までご自身がされてきたお仕事の内容を伝えられれば、実際に職場でどんなふうに成果をあげられるのか、書類選考の際に、人事がより的確に判断できます。もうひとつ気をつけていただきたいのが顔写真で、大げさに感じられるかもしれませんが、写真館などで、撮影してもらったほうが、良いものになります。誤字や脱字など、書き間違えてしまった時は、新しい履歴書を用意して、書き直しましょう。


転職を考え中の方は、目指している転職先で持っていた方が良い資格はどんな資格かを考え、少し時間をかけて資格を取得してアピールするのもいいかもしれません。
面接時、他の人に差をつけることが出来るということもありますし、資格手当をつけている企業では資格が大切な証拠なので、取得してない人は進んで取得した方がいいですね。


就職活動で面接をする際に気を付けるべき点は、まず、第一印象を良くすることで、マニュアル的ではない自分の言葉で、面接官と気持ちを共有しようと心がける姿勢が大事です。面接官に同調してもらうためには、分かってもらいやすいように話さなければなりません。
下準備として、会社に関連する情報の把握などもする方がいいです。普通、転職者に求められるのはすぐに戦力になることなので、違う業種で働く場合は年齢や経験ではない、何らかの別な長所がないと採用してもらえないでしょう。
すぐに仕事ができるような人材を求めているので、経験がなくても採用するところはそれほどありません。希少な資格を取るとか、業界の常識を勉強しておくといった努力が求められます。他の業種に転職するのは厳しいイメージが強いですが、現実はどうなのでしょうか?結論としていえるのは異なる業種への転職は大変です。
経験者と未経験者の2人のうちどちらかを選ぶ場合、採用担当者は経験者を採用する可能性が高いです。ただ、どう考えても無理だというわけではないので、尽力によっては転職が決まることもあるでしょう。ボーナスを貰って会社を辞めて、やりくりをしながら、新しい職を探せばよいと気軽に考えている人は、就職難に陥りやすいので心に留めておいてください。



どれほどボーナスを受け取って会社を退職したとしても、その後の仕事先が見つからないと、本末転倒です。転職時には計画性が重要ですから、入念に検討をしましょう。労働の時間が長いということで辞めたのなら「生産性を重視する仕事をしたい」、仕事にやりがいがなくて辞めた場合は「新たな環境でいっそう成長したい」と言葉を変えたら印象が違います。
ネガティブな転職の理由も言い方次第でポジティブなものです。


履歴書に書き入れる場合は、150文字から200文字くらいがよいかと思われます。転職理由は書類選考や面接の場合に非常に大事です。相手が承知する理由でないと低い評価となってしまいます。しかし、転職した事情を聞かれても上手く答えることができない人も多いと考えられます。多くの人が履歴書を書く時や面接の時にこの転職した理由で苦労します。転職の時、どういうことを心に留めたら給料アップにつながるのでしょうか。今までの仕事内容や得意とすること、今後のスキルアップについての展望などを具体化して就職先の企業にPRできるようにすることです。企業側を納得させることができるだけのPRができるようなら、給料も上がることでしょう。アルバイトをした経験が就職活動において有利である事は多いと思われます。私自身が人事部に在籍していた頃、面接で思ったことは、バイト経験を持つ人の方が受け答えもきっちりして、印象がとてもよかったということです。社会経験をしたことがあるかないかはこういう時にも出てしまうんだなと痛感しました。

P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:美織
読者になる
2017年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる