息子の宿題

July 16 [Mon], 2012, 19:25
子供の教育は家庭によって様々。
そういえば宿題やりなさいって言われた経験、私にはありません。
しょっちゅうサボって、先生に怒られたり、放課後にやらされたものですが。
支援学級に通う息子。
担任の先生の意思はあくまでも無理をさせないことやる気が無ければやらなくてもいい。
普通学級では、こんなこと言わないでしょうし、今の担任の先生が特別なのかもしれません。
でも、家庭でも同じ思いがあり、無理しなくていいよ今日はどこまでできそうなんて言いながら、本人のやる気を優先しています。
不思議なもので、息子は毎日宿題をやっていきます。
国語のプリントは、ひらがなの練習をやっています。
お手本無しだとCG エロ画像まだ難しいらしいです。
絵を見て、文字を書くと鏡文字になったり、どう書くなんて悩むことも。
そこで、絵がなんなのかを聞いて、解答欄の横にお手本の文字を書いてあげることにしました。
ちなみに知的学級の子の中には、解答欄に書いてなぞらせる子もいるそうです。
以前、問題が漢字交じりで読めないプリントがあって、読んであげようかといったらへそ曲げたことがありました。
今回も書いてあげるよと言うと、本人のプライドを傷つけそうだったのでパパも一緒にやっていいと言うことにしました。
共同戦線という名目にしたら、すんなり受け入れてくれました。
他の子はもっとできるかもしれないし、優しくするだけではそのうちだれてしまうかもしれません。
でも、本人のペースで少しずつ覚えていることは実感しているので、あせらなくてもいいと思っています。
一方で、怒鳴りつけながら宿題をやらせる家庭もあるようです。
それが息子さんに合うやり方であればいいのですが。
本来は親が子供に合わせるべきものが、いつの間にか子供が親に合わせてるなんてことになってはいないでしょうか親が子供の幸せを願う気持ちは皆同じだと思います。
でも、親がどう望んでも、子供が幸せになる方法は子ども自身が学ぶもので、幸せは子供自信が掴み取るものだと思います。
だから、何をするにもまずは息子が何を望むのか、どうしたいのかを聞くこと。
それをいつも私の子育ての根底に置いておきたいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yri55u1kil
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yri55u1kil/index1_0.rdf