好きな女性を手に入れる方法 口コミ 効果 内容 方法 ブログ   

July 29 [Tue], 2008, 10:24
詳細はこちら

私を変えた一人の女性・・




今でこそ、私は女性について解らないと思うことはなくなりました。

今、何を考えていてどうして欲しいのか。好きなことは何で、嫌いなことは何なのか。何に悩んでいて、どんな風になりたいと思っているのか。どこを褒めれば喜ぶのか。どんなことに触れたら怒るのか。そして、どうすれば私へ好意を示すようになるのか・・
詳細はこちら
会って数分でこれらのこと、いえ、ここに挙げることの出来ないほど数え切れない多くのことを感じ取り、それらを頭の中で一瞬で整理することで相手の女性の全体像を理解することが出来るようになりました。

なので、どんな女性であろうと自分の思った方向へ誘導することが出来るようになりました。

"しようと思ったことがしようと思った通りにできる" そう確信を持って言うことが出来るようになりました。

でも、私も何もせずにこうなったのでは決してないのです。

こうなるまでの間には避けては通ることのできなかった険しい道のりがあり、その道のりを通り抜けてきたからこそ、こうなることができたという真実をここではお伝えしなくてはいけません・・・
詳細はこちら
女性に関する悩みや迷いや不安、絶望感や焦燥感や嫉妬、その他諸々のマイナスの感情が私の心から全て消えてなくなったのは本当に最近のことです。
詳細はこちら
こんな私でも過去の女性に関する記憶は本当に惨憺たるものだったのです。

何よりもまず先にお伝えしておかなければいけない悲惨な事実は、私は男子高出身だということです。

そして初めて女性と付き合ったのは18歳の時でした。

それまでは彼女はおろか女性という女性との接点はほぼ皆無で、見渡す限り
"男一色" の生活を静かに送ってきました。

地方の男子高校で本当に男だけの生活を三年間も送ったのです。

高校生というのは最も異性に興味が湧く時期ですが、その大事な青春を私は男という同性とともに過ごしたのです・・・

しかし、それだけなら良かったのです。

そんな男だけの底知れぬ退屈な3年間を過ごし晴れて私は現役で大学に入学することが出来ました。

そこには高校の校舎にはどこにもいなかった "女の子" が至るところにいました。

そんな光景を見て彼女を作りたいと思わない男子校出身者はいません。

私も本能に任せて高校生活三年間で燻っていたものを全て発散させるかのごとく彼女を作ろう必死になりました。

そして、間もなく好きな女性ができました。

でも、そこからが大変でした。

その好きな女性と付き合うためには大きな壁を乗り越えなくてはいけなかったのです。

しかもその壁は一枚だけではありませんでした。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yrgdij
読者になる
2008年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる