英語が必要な仕事

March 18 [Tue], 2014, 12:27
英語が好きで学んでいる人の中には、将来は英語を使う仕事をしたいという人も多くいます。
英語を使う仕事、あるいは仕事で英語を使う機会は、意外に多くあるものです。

英語を使う仕事と聞いて、まず思い浮かぶのが通訳でしょう。
外国人のスポーツ選手や映画スターなどの隣で通訳する姿をテレビで見ることも多く、多くの人のあこがれの職業でもあります。
同時通訳者は国際会議などの場でも活躍します。

日本を訪れた外国人観光客に付き添ってガイドをする、通訳ガイドという仕事もあります。

学校の英語教師も英語を使う仕事です。

旅客機に搭乗するキャビンアテンダントやパイロットも、英語ができることが必須条件です。

ディズニーリゾートやユニバーサルスタジオジャパンのスタッフ、さらにはホテルの従業員、免税店の店員など、外国人観光客と接する機会が多い仕事は、英語ができると有利でしょう。

貿易関係の会社や商社の社員、最近増えてきている外資系の会社の社員も、英語が必須になります。

他にも翻訳者や外交官などがあるでしょうか。

このように英語が必須の仕事だけでもかなりありますが、直接には英語能力を求められない仕事でも、英語が必要になる状況があります。
例えば、仕事の関係で外国人と接して英語を話さなければならないなどです。
さらに国際化が進めば、どの分野の仕事をしていても、ある程度英語を使うような世の中になるのではないでしょうか。

児童からの英会話

March 18 [Tue], 2014, 11:57
英語研究の専門家によれば、こどもが若いときよりも、日本語能力がちょっと固まった後の方が、文法や聞き取りは前進しやすいのだそうです。
何といっても親が率先して英語の楽しさを時には見せることもずい分児童にとってはモチベーションが出るものです。

児童は英会話を記憶するというより、英会話を身体で感じるということを尊重するようにしてください。

想定外にわりと知られていないことですが、母語の言語能力が高い子供は、第二外国語も早めに習得するものです。
高学年くらいになると読解もそこそこできるようになりますので、少しずつでも読む英語も混ぜた授業が理想です。

また、internetの口コミなども、学習商品や英会話スクールで得られる効き目を予期するのにはよいはずです。
子どもの英会話スクールの場合は、送り迎えの利便性も選定の要因となりますね。

さまざまな英語のパターンを種々の様子に応じて使用できる基準の表現力を付けさせてあげたいですね。
でも、まずは母国語である日本語の語彙と聞き取りと読解を絶対視しておくのも基本でしょうね。

英語スクールといっても、学習指導計画や講師との相性にもさまざまな問題もあるものですけどね。

英会話のニュース放送を聞こう

March 18 [Tue], 2014, 11:42
英語というものを知るには、最初にあるのが「英文を解釈できるための文法」(試験用の文法問題を解くための暗記学習と識別してます。)と「最低限のボキャブラリー」を我が物とするだけの実習が第一条件です。

日常的な暗誦によって英語という言葉が記憶の中に溜まっていくので、非常な早口の英語会話というものに適合していくには、ある程度の回数繰り返していけば、できるものなのです。

とある英会話教室は「シンプルな会話なら操れるけれど、本当に伝えたいことは的確に表せない」といった中・上級段階で多い英会話における悩みを解明できる英会話クラスを用意しています。

レッスンの注意点を明快にした実践型レッスンをすることで、異なる文化の慣行や礼法も合わせて同時に学習することができて、相互伝達の能力をも身につけることができます。

YouTubeなどの動画には教育の趣旨で英会話教室の講師や少人数のグループ、英語を話す一般の人たちが、英語を学ぶ人のための英語の授業的な役立つ映像をたくさん掲載しています。

初心者向け英語放送のVOAの英会話のニュース放送は、TOEICに毎回出題される政治や経済に関するニュースや、文化、科学関連の言葉がたくさん使われるので、TOEICの単語記憶の妙手として有効です。

シャワーのように英語を浴び続ける際には、着実にひたむきに聴き、聞き取りにくかった言葉を繰り返し音読して、この次からは認識できるようにすることが目標です。

バーチャル英会話教室とは

March 18 [Tue], 2014, 11:32
評判のスピードラーニングは、入っている言い方自体が機能的で、生まれつき英語を話している人が実際の生活の中で用いるような言葉づかいが大部分に置かれているのです。

最近人気のあるロゼッタストーンは、日本語という母国語を用いることなく、覚えたい外国語だけの状態でその国の言葉を獲得するダイナミック・イマージョンという有益な学び方を使っています。

評判のピンズラー英会話とはポール・ピンズラー博士が作った学習方式であり、子供の時に言語を記憶するやり方を使った耳と口だけを使って英語を学ぶという全く新しいレッスンといえます。

某英会話学校では2才から学習できる子供に適した教室があり、年齢と学習程度によった教室に分けて教育の援助を行っており、英語を知らない者が初めて英会話を勉強する際にも緊張しないで学習することが可能です。

スカイプによる英会話学習は通信にかかる費用が無用なので大層経済的にも嬉しい学習方式なのです。
往復時間もかからないし、好きな時にどこでも学習することが可能なのです。

最近人気のあるスミス英会話と称している英会話学校は、国内にチェーン展開中の教室でとても人気の高い英会話の為の教室です。

ヒアリングマラソンというのは、リスニング能力だけでなくシャドウイングメソッド、聞いた文章をそのまま書き写すディクテーション等の勉強の際にも活用可能なので、数多く混ぜ合わせての学習メソッドを推薦します。

話題となっているバーチャル英会話教室はアバターを使用するので、どんな格好をしているかや身なりをきちんとしているのかを頓着することも要らず、WEBならではの身軽さで受講できるので英会話をすることのみに注意を集中することができます。

高校・大学生は姉妹校に交換留学するという方法も

March 18 [Tue], 2014, 11:25
日本の学校と海外の学校が姉妹校提携などを結んでいる場合、交換留学の制度を設けている場合がよくありますよね。
交換留学制度を利用して短期留学をする高校生も案外たくさんいるようです。
もちろん大学生で交換留学制度を利用している人もいます。
たいていの大学では交換留学制度を持っていると言っていいでしょう。

私自身も高校生の時に交換留学制度を利用して1か月間、アメリカに留学しました。
その時は姉妹校に通っている生徒の中からホストファミリーが選ばれ、そこにお世話になりました。
その後、今度はアメリカの学校の生徒が日本の学校に来て、日本でホームステイをするのです。

交換留学制度では希望者は誰でも留学できるという場合もありますし、留学する生徒の選抜のために面接などが行われる場合もあります。
また留学に必要な費用を高校や大学が奨学金という形で貸与、支給する場合もあります。

高校の交換留学は語学を学ぶための留学が多いですが、大学の場合は専門的な科目を勉強するために留学する場合もあります。
そのためには海外の大学で学べるだけの語学力が必要になるので、事前にテストや面接などが行われます。

交換留学の場合、通っている学校が全面的にサポートしてくれることが多いのですが、やはり主体的な情報収集もしておきたいものです。
留学予定先の国がらや日常生活についてはインターネットなどを活用して細かい情報を集めておくとよいでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yreaity0
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
最新トラックバック
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yreaity0/index1_0.rdf