尖閣諸島の歴史

September 12 [Wed], 2012, 13:17
石鰍フ中山市長は東京都の購入には強力するとコメント。
この尖閣列島戦時遭難者遺族会会長の慶田城用武さん、どうなのかな産業廃棄物収集運搬業者八重山港運株式会社建設廃材、金属くず、廃プラスチック類、ガラスくず及び陶磁器くず特別管理産業廃棄物を除く代表取締役社長韓国大好きの産経ニュースにロングインタビュー受けているこの記者、出だしから、笹川親孝行物語みたいな嘘っぽさがプンプンの文章。
聖教新聞的でもあるかしらでも、今回の事で、調べて、米国と中国と日本政府とマスコミの酷さを益々知りました。
尖閣列島戦時遭難者遺族の悲劇はもっと広めたいです。
ワシントン支局長佐々木類尖閣守る国家意思示せ20124290311産経ニュース悲しい歴史不思議な体験だった。
日本固有の領土、東シナ海の尖閣諸島への上陸取材から帰京した平成9年4月29日のことだ。
原稿を出し終わり帰宅途中の午前2時半ごろ、高速道路でタクシー同士の物損事故に遭った。
幸いけが人はなかったが、出口を間違え無理な車線変更をした相手の車は大破した。
記念に拾った尖閣諸島最大の魚釣島の小石が守ってくれたと思った。
だが、島には悲しい歴史がある。
持ってきてはいけなかったと直感し、翌朝、尖閣諸島に同行した川満安次船長に聞いてみた。
島の小石持ってきちゃだめサー。
いっぱい亡くなっとるからサその足で、近所の社務所に相談に行った。
私の両手の小石をみた錘蛯ェみるみる顔をひきつらせ、その石、早く参道MYコミュ 田中みなみにまきなさいと言った。
言われた通り丁重にまくと、何かがスッーと身体から抜けてゆくような気がした。
魚釣島に眠る多くの御霊みたまに申し訳ないことをしてしまったと反省した。
島には約70人が眠る。
尖閣諸島疎開船遭難事件だ。
昭和20年7月3日、沖縄県石鞄ct婦女子や傷病兵など約180人を乗せた2隻の疎開船が台湾へ向かう途中、米軍機の攻撃で1隻が沈没、残る1隻は魚釣島にたどり着いたが、飢えと病で多くが絶命した。
島は固い岩盤に覆われ、遺体は埋葬できずに小石を積んで弔った。
壊された慰霊碑先日、石且s在住の尖閣列島戦時遭難者遺族会会長、慶田城用武けだしろようたけさん69に電話で話を聞いた。
慶田城さんは2歳の時に悲劇にあった。
姉当時5は銃撃で死亡した。
母親同32と妹同10カ月と45日間、魚釣島で救助を待った。
慶田城さんが中学生のころ、母親が重い口を開いて教えてくれたという。
クバビロウの木の芯を食べて飢えをしのぎ、救援を呼ぶ8人の決死隊が小舟をつくり、石鞄bスどりついた。
私が上陸したのは、尖閣諸島を行政視察した石且s議会の仲間均議員当時48の調査を取材するためだった。
ヤギの群れがこちらを凝視し、カエルの甲高い鳴き声が潮風に乗って島を渡る。
慰霊碑に手を合わせた。
風化が激しく補修が必要だと思った。
しかし、事件は平成16年3月24日に起きた。
中国人活動家7人が魚釣島に上陸。
10時間後に出入国管理法違反で沖縄県警に逮捕された。
仲間氏が後に再上陸したところ、慰霊碑やカツオブシ工場跡地の一部が破壊されていた。
昨年8月、中国黒竜江省の旧満蒙開拓団の慰霊碑が同国の反日活動家に破壊された。
一般人の墓を壊して英雄視する彼らと、たとえ政敵でも故人は篤あつく弔う日本人の精錐造の違いを再確認しつつ、島と慰霊碑を守らねばと思った。
魚釣島で慰霊祭を執拗しつようだった。
私に対する日本政府の恫喝どうかつである。
石且s内では県警と公安調査庁に尾行された。
海上保安庁は、上陸したら逮捕すると警告し、尖閣諸島に向かう洋上では事情聴取を受けた。
名を名乗り、上陸目的を告げたが、朝日新聞は平成9年4月28日付朝刊社会面で2人は氏名は名乗ったが、目的は答えなかったというと報じた。
中国には配慮するが、自国民には居丈高だった日本政府。
旧知の古川貞二郎官房副長官当時は遺憾の意を表明し、それを中国外務省が評価した。
この延長線上にあるのが、中国国内で人質を取られ、腰砕けとなった一昨年秋の中国漁船衝突事件だ。
漁民を装った民兵や海洋調査船を使って、日本に揺さぶりをかけてくるのは一貫して中国だ。
軍事大国化した一党独裁国家が、島を本気で奪いに来ているのである。
日本政府の不作為は粗暴な大国仏紙ルモンドの冒険心をくすぐるだけだ。
米国は尖閣諸島に日米安保条約を適用するといっている。
だが、島を奪った中国が施政権を宣言した場合、それが東京都の所有であれ、政府所有であれ、もたつく日本政府の態度を見たら、米国世ヘ米軍の若い兵士が血を流すことを許すまい。
自衛隊の常駐や日米合同軍事演習など、領土を守る国家意思を日ごろから態度で示し、国際世日鮪x持に醸成していく外交努力こそ、日米同盟を機能させ、将来の不測の事態を未然に防ぐ効果的な手立てなのである。
それができないのなら、せめて魚釣島での慰霊祭を認めたらどうか。
石且sの中山義隆市長は昨年6月、上陸許可を申請したが黙殺された。
慰霊祭にまで難癖をつければ、彼らが一番恐れる国際世フ批判にさらされ、動きを封じられるのもまた、確かである。
ささきるい慰霊祭利用された遺族会、署名を拒否尖閣上陸2012年8月21日石梶z尖閣列島戦時遭難者遺族会の慶田城用武会長69は20日、琉球新報の取材に応じ日本の領土を守るため行動する議員連盟の山谷えり子会長自民党参院議員から洋上慰霊祭を目的とした上陸許可申請に署名を求められ、拒否したことを明かした。
慶田城会長は遺族会の気持ちを踏みにじり、慰霊祭を利用して上陸したとしか思えないと話し、議連の洋上慰霊祭や地方議員らの魚釣島上陸を厳しく批判した。
慶田城会長によると、約10日前に領土議連の山谷会長から電話があり、政府に提出する上陸許可申請への署名を求められた。
慶田城会長は領土を守るという議連の考えと、み霊を慰めるとの遺族会の考えに違いがあると、依頼を断った。
領土議連は尖閣諸島へ出港する前の18日、石鞄bる尖閣列島戦時遭難死没者慰霊之碑前で慰霊祭を開催したが、遺族会に案内はなく、参加した遺族は1人だけだった。
洋上慰霊祭への参加依頼もなかった。
尖閣列島遭難事件は沖縄戦で日本軍の組織的な戦闘が終了した後の1945年7月、石鞄cDら台湾に向かった2隻の疎開船が米軍の攻撃を受け、1隻が沈没、もう1隻が尖閣諸島の魚釣島に漂着し、米軍の攻撃や漂着後の餓死などで多くの犠牲者が出た事件。
慰霊碑は魚釣島と石鞄ct両方にある。
事件で兄を亡くした慶田城会長は私たちは毎年、尖閣が平和であることを願って慰霊祭を開催し、二度と戦争を起こしてはならないと誓っている。
慰霊祭を利用して戦争につながる行動を起こすことに対し、無念のうちに死亡したみ霊は二度目の無念を感じていると思うと強調した。
領土議連や上陸した地方議員の行動に上陸合戦で問題は解決しない。
日中の緊張を高める意味で、尖閣に上陸した香港の活動家と同じように映ると指摘。
日中ともに上陸した後の目的がなくエスカレートするばかりだと危惧した。
また上陸に異を唱える発言をすると非国民と批判が出る空気がある。
私もよく中国寄りと批判を受けるが、愛国心の出方が違うだけだ。
戦争に向かうような行動はしてほしくないと話した。
稲福政俊写真2慰霊祭を利用して上陸したとしか思えないと語る慶田城用武尖閣列島戦時遭難者遺族会会長20日、石且s内の自宅日本の領土、当然の行動上陸の地方議員ら読売新聞08月20日0745mediaid20香港の活動家らによる不法上陸事件で緊張が高まっている沖縄県石且sの尖閣諸島。
魚釣島沖で19日行われた太平洋戦争末期の疎開船遭難事件の犠牲者を弔う洋上慰霊祭で、今度は東京、兵庫などの地方議員らが無許可で上陸した。
政府は同諸島の全域を立ち入り禁止にしているが、議員らは日本の領土と主張するためで、当然の行動と語った。
慰霊祭の参加者によると、19日に魚釣島に上陸したのは、慰霊祭の主催者メンバーら5人のほか、東京都議、兵庫県議、東京都杉並、荒川の両区議、茨城県取手市議ら5人。
海上保安庁では、慰霊祭参加者に対し、同島に上陸しないよう事前に口頭で注意していたという。
しかし、慰霊祭の終了直後にメンバーが泳いで同島に向かうのを見て、地方議員らも次々と海に飛び込んだ。
地方議員らは19日夜、石鞄v゚り、記者会見に応じた。
上陸は事前に計画したものではなく、とっさの行動だったと主張。
日本の領土である尖閣諸島を守りたかった行動を起こさなければならないと思ったなどと語った。
政府はこれまで、尖閣諸島への上陸を制限し、許可なく立ち入った場合は軽犯罪法に抵触するとしてきた。
しかし、これまでも地元の石且s議や政治団体メンバーらが相次いで上陸。
今年1月と7月にも同市議らが上陸しているが、同法違反で立件されたケースはない。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yqimai763l
読者になる
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yqimai763l/index1_0.rdf