とんど焼き初体験

January 11 [Tue], 2011, 20:48
雪が積もってるかと思って起きたら、屋根がうっすら白いくらい。でも朝はすごく寒くて、物干しざおに小っちゃいツララがこんなのでも、うちでは珍しい小雪がちらちら舞っていたが、天気は良いので予定通りとんど焼きの会場へ。わが家のしめ飾りを持ち、歩くの嫌いな主人も無理やり連れ出して、ワンコ担当になってもらった。町内会や子ども会の人たちが、時から焼き牡蠣、焼き鳥、焼き芋、ぜんざいなど振る舞っていたぜんざい以外は有料立派なとんどが組み立てられており、書初め作品や、しめ飾りがずらっと並べられていた。時に点火。分もしないうちに上部は燃え尽きた。煤が舞い上がり、竹の爆ぜる音が鉄砲のように響き渡り、炎は、月並みだが龍が天に昇るごとくだった。うちのワンコはビビッて公園内に入らず、どこかのミニチュアダックスはキャンキャン鳴き続けていた。とんどが下火になったら、自分らで持ち寄ったお餅やサツマイモを火にくべて焼く。通常は竹の先を割ってお餅を挟むのだが、中には便利グッズを作っている人もいた思ってた以上に迫力があって、いいもの見せてもらったと満足して帰宅。帰って上着を見ると、煤が直撃したらしくちょっと焦げていた
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yqcvd5rdyn
読者になる
2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yqcvd5rdyn/index1_0.rdf