平賀だけど菜々子

May 02 [Mon], 2016, 21:34
ビタミンB群のひとつである葉酸は、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。それは十分な摂取が、胎児の先天異常のリスクを低減したり、あるいは流産の可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、受胎前から妊娠初期の方には一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。また、厚生労働省が推奨するように葉酸のサプリを利用するのが良い選択だと思います。
皆さんご存知のように、妊婦の体に必要不可欠といわれている葉酸、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。普段の食事で得られる量では摂取量が足りません。ですので食事で摂取することに固執せずに、サプリを活用するのがお手軽でお勧めですね。サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも販売されています。葉酸と鉄分が両方入ったサプリを選べば、負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。
葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、日本の行政機関である厚生労働省も適切な時期での十分な摂取を呼びかけています。それでは、摂れば摂るほど効果が高まるのでしょうか?葉酸は水溶性のため、余分な葉酸は汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。ですが、葉酸をたくさん摂ればいいのかと言うと決してそうではなく、過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、規定量を必ず確認しましょう。
妊娠を希望する方や計画している方が、特に、注意が必要なものと言えば、やはり普段の食生活だと思います。妊活をしている方ならば、大げさかもしれませんが、今日にでも妊娠の可能性があるという訳です。ですから、産婦人科や検査薬で妊娠が分かる以前から、十分な栄養を摂り、受胎後の赤ちゃんが元気に成長できるように備えておきましょう。妊娠初期には不足しがちな栄養素がいくつかありますが、なかでも葉酸はこの時期に必須となる栄養素です。当たり前の事ですが、妊娠検査薬が反応するよりも前からお腹の中の受精卵が成長をはじめています。出来るだけ早く十分な葉酸を摂取し、赤ちゃんを元気に育てられるように備えておきましょう。
お金のかかる不妊治療はゴールが見えず、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。自治体の助成金制度を利用しても、だいたい40歳以上になると給付回数が減らされる例が多いのが実情です。私は40歳以上の人こそ助成回数を増やしたほうが良いように思います。かくいう自分もアラフォーですし、見捨てられたような寂しい気持ちで、いっそう精神的に疲れてきました。
妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。副作用として体にあらわれる症状としては、不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。妊娠初期というのは体もデリケートになりますし、神経質になりがちです。そのため良かれと思って葉酸をたくさん摂りすぎてしまう傾向があるので、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。葉酸は、食事で摂ることが出来れば一番ですが、サプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのか誰でも管理できるので、推奨される摂取量をちゃんと摂りたい場合には葉酸サプリをおススメします。
みなさんはどのようにして葉酸を摂取していますか?いくつかの方法があると思いますが、一番良いのは食事で摂る事です。葉酸は様々な食材に含まれていますが、含有量の多いものといえば、モロヘイヤに含有量が多い事は有名ですし、菜の花や小松菜などにも多く含まれています。あるいは納豆や枝豆などの大豆製品、ホタテなどの貝類も該当します。ですが、こうした食材を毎日調理して食べるのが大変だという方は、無理をせずサプリ等、栄養補助食品を活用しましょう。サプリなんて、と感じる方も居るかもしれませんが、サプリでの摂取は厚生労働省も推奨している摂取法ですし、理想的な摂取量を簡単に済ますことが出来ます。
葉酸は、妊娠に最も重要な栄養素であることで有名です。しかし、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。ですから、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ミネラル、ビタミンなどの、葉酸の吸収を助ける栄養素が配合されているものを選ぶのが良いでしょう。目安としては、25種類ほどの栄養素を含有しているものを選べば不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。こうしたサプリは胎児の健やかな成長に働きかけるだけでなく、妊娠しやすい体を作る基本の栄養素でもありますから、妊娠を計画している女性は早めの摂取を心がけてください。
妊活とは、夫婦生活を含め、日常生活の中で妊娠しやすい体づくりを進めていく活動の事をいいます。この妊活は女性側が主体となって行うもののように感じますよね。でも男性側が実践できる妊活もあるのです。それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。不妊などの原因は女性の問題ばかりでなく、男性に原因がある事もあります。原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、男性も、葉酸の摂取という妊活を始めてみてください。
不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。生殖ホルモンの分泌を乱すストレスは、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。ときには友人や家族の励ましや、焦りといった感情が不妊治療に通ううちに重積してくるパターンもあって、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。自分を追い詰めずにおおらかにいくこと、それが大事かもしれません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:匠
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yptwh43naidwwo/index1_0.rdf