油は高カロリーだけど体を作るのに重要なものです 

January 13 [Thu], 2011, 1:03
油は高カロリーだけど体を作るのに重要なものです
油は高カロリーというお話をしました。
どの油も大匙1杯約100kcalです。
でも、油って完全に経つことはお勧めできません。
油って人間の体には欠かせないもので、炭水化物やたんぱく質についでなくてはならない栄養素です。
だいたい全体の摂取量の25パーセントは必要なんですよ。
だから、賢く摂取できるといいですよね。
油には植物性油と動物性油があります。
動物性油はお肉やお魚にある油です。
これはだいたいわかるでしょう?
脂身の多いお肉は油が多いし、焼いたときに油っぽいお魚も油が多いです。
お肉やお魚を食べるということは既に動物性油をとることになるので、それらを調理するときはなるべく植物性油をとらないようにしましょう。
テフロン加工のフライパンや魚焼き網を使うことでかなり無駄な油は減らせますよね。
もうひとつ重要なのはかくれ油というものです。
コンビニのご飯には冷たくなってもおいしいように油を混ぜています。
また、加工品も油が多いひとつです。
たとえばウインナーなんかにも油は多いですし、冷凍春巻きなんかも油は多いです。
食材がくっつかないように油をぬっていますし、加工している時点で一度油で揚げているものもあります。
知らず知らずではなく、ちゃんとわかって油をとることが大事ですよね。

お肉はミンチが一番脂がのっています 

January 13 [Thu], 2011, 1:34
お肉はミンチが一番脂がのっています
お肉は太るって思っている人もいると思いますが、栄養素的にはたんぱく質にあたり、人間の体を作るのに重要な役割を果たします。
その上、たんぱく質って脂肪燃焼の役割も果たすんですよ。
だから、人間が生きていくためにはお肉も大事です。
もちろん食べすぎはいけませんけどね。
よくいわれているのに、1日の食事の中でお肉もしくはお魚のたんぱく質の摂取量はだいたい手のひらいっぱいぐらいです。
つまり肉料理、魚料理って言われるもの1品ぐらいと思えばいいかと思います。
ところで、お肉なんですが、お肉がカロリーが高いっていう一番の理由は脂です。
動物性油ということです。
そして、この動物性油は、一番の高カロリーはミンチです。
ステーキとハンバーグだったら意外とハンバーグのほうが高カロリーです。
大きさにもよりますが。
ステーキというのはお肉そのままなので、脂肪っていえる部分は目で見える脂の部分そのものです。
だから、豚バラとか脂身の多いお肉はもちろん脂が多いのですが、ステーキ肉なんかはそれほどでもありません。
ミンチっていうのは本来はかたまり肉の残りのはぎれ肉をミンチにしているんですね。
だから、どうしてもいらない部位のお肉ということで脂がたくさんになります。
単純には白身が多かったら脂が多いということになります。
だから、ミンチで作るお料理、たとえば餃子とかハンバーグとか肉団子とかっていうのはカロリーが増えちゃうんですね。
それから、意外とミンチにも匹敵する高カロリーは鶏皮です。
鶏皮おいしいですけどねえ。
あれば脂のかたまりです。
切り取って調理しましょうという人も多いとは思いますが、私は鶏皮はおいしいと思うのでそれはもったいないと思っちゃいます。
おいしいうま味が出るのも鶏皮のおかげですしね。
なので、私は鶏皮は食べちゃいます。
その分、他のもので量を調節します。
油が高カロリーとはいえ、油も人間には重要なものなんですよ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yozuriha
読者になる

2011年01月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31