アメリカかどこかのディズニーランドに居る。

January 05 [Sun], 2014, 21:25
59 :2012/12/07(金) 06:40:28.41 ID:enuMZR8s0
12/12/07
アメリカかどこかのディズニーランドに居る。地面はレンガで作られていて、左右には白いコンクリートで壁がありその内側には緑の植物が生えている。
狭い入り口に通じる道の上にアーチ状にかかるミッキーとミニーの銅像があるんだが、その銅像には1946だかと1つ1つに銅像が作られた年が記入され
ていて緑色に錆びている。おそらく銅でできているのであろう。入り口はここ以外に2ヶ所あるようだが、同じように上にミッキーとミニーの像がアー
チ状に掛かっているようだ。先に進み中に入ると、東京ディズニーランドの3分の1の面積程度のディズニーランドがあり、俺はそこの中の一つの建物
に入るんだが、警備員をやらされる事になった 建物を出ると海岸沿いに立っているオレンジ色の5階建てのちょっと目立つ西洋風の小さなアパート(小
奇麗なマンション小さな?)みたいな家になぜか惹かれてそちらへ歩いて行った。そしたら1Fはフードコートになっていて、人はぽつぽつと居る程度だ
った。丸いガラス張りのテーブルの1つ(建物内の海側)にパンティー&ストッキングが居た。二人は醤油ラーメンを食べていて、俺が近づいてパンティ


60 :2012/12/07(金) 06:44:17.62 ID:enuMZR8s0
ーがこちらに気づくと「おいおい○○(俺)じゃねーか!」って声をかけてきてくれた。二人とも椅子に座っていて俺はそのすぐ傍に立っている。パンテ
ィーが「お前も食うか?」と言ってコーンが浮かんでいてシナチクが載っている醤油ラーメンを箸で伸ばしてフーフーしてこっちに向けてきた。P&Sのア
ニメは見ていて好きだったがまさかこんな夢の中で会うことになるとは思わなかった。しかもかなりフレンドリー(アメリカ人だから?)だ。なので内心
ちょっと嬉しかった。そして俺が食べようとした瞬間ずずーっと音を立ててパンティーが食べてしまった。「お前にやるわけないだろw」ってwだがこ
んな意地悪な所もアニメそのままな感じのノリで、悔しいとかそういう思いは無かった。むしろ嬉しかった。その後夢から覚めたんだが、俺は最近眠れ
なくて眠剤を使ったりしても朝の5時くらいに寝て昼の14時に起きるというような生活を繰り返していたのだがまさか夢を見られるとは思わなかった。
今回は眠剤を使わなかったから見れたのかな。リアルでは俺は彼女が居ない事からちょっと焦っていた。リアルの世界では2次元が好きな人はオタクと


61 :2012/12/07(金) 06:46:55.62 ID:enuMZR8s0
言われ蔑まれ、2次元が好きな人が頭オカシイ、次元が違うし共存できないのに と言われているが、そこには2次元と共存できる世界があった。この
夢を見てから、彼女というのは本当に心から好きな人であるべきであって、妥協して作るものじゃないんだよと俺に教えてくれた気がしてならない。
俺はP&Sと会えた事に感謝して、彼女を作るのはゆっくりでいいやと思った。今年のクリスマスの相手が居ない?居るじゃないか 次元が違っても愛が
あればいいんじゃないか そう思わせてくれる夢だった。AM6:07

プロフィール
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yovejuli2329/index1_0.rdf