『ミタ』の松嶋にあやかりたい ヒアルロン酸注射 山口智子

June 07 [Thu], 2012, 17:37
いつ出てくるかといわれ続けた“大物”がやっと重い腰を上げた。90年代に“視聴率女王”の名をほしいままにした女優の山口智子(47)である。ヒアルロン酸注射「ロング・バケーション」(フジテレビ、96年)以来、16年ぶりに連ドラ復帰を果たす。出演するのは10月から始まるフジの連ドラ(タイトル未定)。山口は主演・阿部寛の妻役を演じる。

「95年に唐沢寿明と結婚後は“なるべく家にいて欲しい”というダンナの意向に沿って女優業を縮小しました。仕事はCM中心。2000年代に入ってからはドキュメンタリーや単発ドラマに出演したりしましたが、趣味優先で仕事を選んでいるという印象でした。夫妻には子供もいないし、ガムシャラに働く必要もなかった。でも、目黒で経営していた雑貨屋も昨春に閉店するなど、さすがに中ぶらりんで、本格的に女優復帰を決断するに至ったようです」(芸能ライター)

 ブランクを経てドラマ復帰した女優というと、2年ぶりの主演ドラマ「家政婦のミタ」が大当たりした松嶋菜々子(38)や、今春、10年ぶりとなる単発ドラマ「終着駅〜トワイライトエクスプレスの恋」に出演した中山美穂(42)がいる。山口が刺激を受けたのは松嶋だ。

「『ミタ』は最終回で40.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を叩き出し、松嶋は完全復活を印象付けました。以後、ドラマの出演オファーは引きもきらないほど。一方、対照的なのが中山で、ドラマは大宣伝にもかかわらず同時間帯ワーストの9.3%とコケてしまった。山口サイドとしては『ミタ』にあやかりたい心境でしょうが、04年放送の単発ドラマ『向田邦子の恋文』はお膳立てはバッチリだったのに15%にも届かなかった。不安でしょうね」(芸能リポーター)

 かつての“女王”も気がつけばアラフィフ。ちなみに、山口と同世代で安定した人気を保ち続けている小泉今日子(46)は1月クールのドラマで高い評価を得て健在ぶりをアピールしている。

 果たして“昔の名前”は通用するか。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆーみん
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる