靴下はもこもこのアルパカ。 

October 16 [Mon], 2017, 23:58

10/14の晩御飯。

鯛茶漬け。
さつまいものそぼろ煮。
ふわふわ卵スープ。
豚ニラ炒め。

メレンゲで作るスープは、
食感がふわふわで面白かった。

*******


今日の晩御飯。

鶏飯。
舞茸の天ぷら。
マグロと山芋オクラのねばねば和え。


鶏飯は簡単なのに美味しいから良い。
お出汁をあつあつにして、
体の芯から温めよう。


*******

在宅のお仕事も、新しいステップに。
さすがに初日は、いつも通りの仕事とはいかなくて
なかなか、難しいけれど
自分の仕事もしつつ、指導できるのが理想。

教えるのは苦手だから、
伝わらないことも多くて申し訳ないけど、
一緒に頑張っていけたらと思う。


(5件ほど作業をしたら、辞めてしまう人がほとんどだ。

そう言われたときに
"そっち側"には行かせはしないと思った。
私の思いなんて、正直どうだっていいんだけれど
この仕事を通じて技術をつけてほしいし、
自信もつけてほしい。

ちゃんと仕事をする楽しさも、やりがいも感じて欲しい。

そんなことも思ったりする。)


ホームページの方も進展あり。
40万近いお金が動く案件を決められたので
少し安心。少し不安。
勿論、私に入ってくる金額はもっと少ないけれど。

できることが少し増えたような、
自分のキャパを越えてしまっているような
怖さがずっとついてきてる。


ひとつひとつ、
丁寧に。

それをずっと忘れないように。

=遊兎=

もこもこのお揃いパジャマ 

October 15 [Sun], 2017, 23:44

今日の晩ごはん。

アスパラとマッシュルームのパスタ。


*******

昨夜から、悪寒を始めとする体調不良で
ぐずぐずしはじめた私。
久しぶりのお休みだから、一緒に出掛けたいと予定を立てていたけど
朝起きて、調子が戻らず断念。

代わりに徒歩で行ける範囲でお出かけ。

寒い日が続いているので、
二人とも、もこもこのパジャマを買いました。

彼は青、私はピンク。

かわいい色は得意じゃないけど、
彼が似合うと選んでくれたので、大人しく着てます。笑


明日からまた、一週間が始まる。
彼の忙しさのピークは過ぎたみたいだから、
ちょっとは落ち着くといいな。

=遊兎=

二人が主役の日。 

October 14 [Sat], 2017, 23:12


ようやく行けた式場見学。
都内の交通の便がよい静かな式場でした。

チャペルの雰囲気もよく、
懸念していた会食の部屋もとても良かった。

お食事もとても美味しく、
デザートのマカロンが絶品。

動線も良く、設備も充実してた。

サービスも必要なものが揃っていて
貸し切り感のある「大切な日」を演出する雰囲気がとても伝わってきた。


金額のこともシビアに話をして
納得できる範囲に収められるとこまで詰められた。


私も彼も迷わなかった。
いい式場だと思えた。

予定を確認して、すぐに式場を押さえた。


5月6日、ゴールデンウィークの最終日。
春の心地いい季節、大安の日。
最高の結婚シーズンを押さえられたのは
ある意味奇跡的だったと思う。


良かった、
二人が迷うことなく選択できた。

これから準備が始まる。
大変な日が続くだろうけれど、
二人の大切な日を迎える準備を
ゆっくり整えていこう。


=遊兎=

包まれていれば安心 

October 13 [Fri], 2017, 22:49

オフィスで毛布にくるまる私。

ふっかふかです。
夜空色です。
とてもとても安心。


今日はとても寒くて、
震えてしまうくらいだった。
小雨も降っていたから、オフィスはひんやりしていて
足元から冷気が上がってくる感じ。

ブランケットを持ち込んだので
これからは安心してお仕事できそう。

いつも不安で怯えていたけれど、
毛布がなかったからかも。
ライナスのように、私にも安心毛布がないとダメなの。

*******
出社したら、
デスクが見えなくなるくらいに
ファイルと書類が積み上がってた。

もう一人のデスクさんからの仕事依頼。
片っ端からお片付け。

書類整理は元々嫌いじゃないし
ざっと目を通しておけば、
ある程度どこに何をしまったか覚えられるから
自分にとってもメリットがある。

方向性の違う仕事をいくつかこなした。
朝、出社前に取締役からLINEがきてて
今日は終日外出しているから依頼する仕事もないし、デスクの仕事が終わったら帰っていいよと連絡が来てた。

おかげで15時半には退勤。
帰宅してのんびり在宅ワークしてました。

次の仕事の目処がようやく立ったようで
週末からまたスタート。
来週は、マニュアル作成も入ってくるからちょっとばたつくかな。

教えるのはあまり得意でないから、
とにかく読めばわかるマニュアルを早く作ってあげたい。
それができれば、互いの時間を合わせる必要もなくなるし、オフィスにいるときも仕事の手を止めなくて済む。


ホームページの方も今は確認待ちだから保留。

同時進行でいくつのことをやってるんだか。



明日は彼が久しぶりにお休み。
スケジュールがパンパンだったから、
本当は休ませてあげたいけれど、もう余裕がないので
式場見学の予約をとって明日は朝からお出掛けに。

いくつも回る訳ではなく決め打ちだから、
比較的早く済むだろうけれど、それでも負担は多いだろうな。

でも、式場を決めて日取りを決めてからは
私がほぼ主体で動かなきゃいけなくなるし
見学くらいはちゃんとしてもらわなきゃね。笑


明日も雨の様子。
式場を見に行くのに残念ではあるけれど、
最悪のロケーション状態を見ておけば
当日雨であっても対策が練れそうだし。


今日も彼は遅いけれど、
久しぶりに一緒にご飯を食べます。

=遊兎=

手のかからない良い子 

October 12 [Thu], 2017, 13:24

10/6の晩ごはん。

レンコンのはさみ揚げ。
エリンギの卵海苔巻き。
玉ねぎスープ。


ちょっと居酒屋風のご飯。
レンコンのサクサク感と、鶏挽き肉のもっちりした具が良い食感だった。

卵海苔巻きも、めっちゃ美味しくて
また作ろうと思う。

どっちも凄く美味しいって彼も絶賛してくれた。


******

一昨日の晩ごはん。

麻婆春雨。
塩豆腐のなんちゃってカプレーゼ。
グリルスタッフドマッシュルーム。


和なのか洋なのか中華なのか
よくわかんない献立だけど
おしゃれな感じに仕上がりました。

塩豆腐は、前日から仕込んだ甲斐もあり
さっぱりした風味で美味しくできた。
彼は生トマトがあんまり得意じゃないから
そんなに食べてくれなかったけれど。

グリルスタッフドマッシュルームは、
ガーリックたっぷりだったこともあり
食欲そそる香りで美味しかったなー。
小さくて食べやすいし、また作ろう。

麻婆春雨は、季節野菜を使おうと思い
たっぷり白菜で。
彼の好きなメニューなので、
こっちもまた、定番になりそう。


********

クライアントとのSkype打ち合わせも
無事に終了。

さきに30分ほどいつもの打ち合わせがあったけれど
私の今の状況を把握して
何かあればすぐに対応するといってもらえて安心。

他にこんなに仕事がスムーズに進む人がいないからと言ってもらえるのは
嬉しいようなくすぐったいような感じ。


「言い方は悪いけれど、
遊兎さんは本当に手のかからない方だから」と。

昔からよく言われたその言葉に
なんだか少しチクリと痛みがあったけれど
きっとそれは誉め言葉だった。


望まれているのはそこだ。
一定のクオリティで、
一定のスピードで、
分からないことは自分で調べて、
最低限の連絡だけで済む

手のかからなさ。

とりあえず、新しい仕事は
週末まで来ないようなので
すでに持ってる仕事をこなしていこう。

=遊兎=

熱が下がらない。 

October 11 [Wed], 2017, 22:43

出勤の予定だったけれど、
熱と頭痛、のどの痛み、全身の怠さと
風邪の症状オンパレードで
今日はお休み。

彼は1時間の睡眠で、撮影に向かい
きっと大変な一日を過ごしている。

幸い、今日やらなければいけない仕事は
特に依頼されていなかったから
そこだけは、心が重くならずに済んでる。


午前中は家でベッドに横になっていた。
熱で魘されるから、何度も目を覚ましては
ぐらつく視界で、時間を確認していた。

服薬してから、少し起きていられるようになったから
せめて少しは仕事をしなければと
在宅の仕事を進める。
クライアントも忙しそうで、なかなか次の仕事が来ない。

明日はクライアントとの打ち合わせ。
互いに忙しい時間を割いて作った2時間だから
さくさく進めなければと思う。


まだ熱は下がらない。

明日、彼は社長・部長と同席の
会食打ち合わせが入ってる。
ドレスコードのために、買ってきたワイシャツには
念入りにアイロンをかけた。

早く撮影が終わって帰ってくるといい。
今日くらい、ゆっくり眠ってほしい。


=遊兎=

もっとナチュラルに生きたい 

October 10 [Tue], 2017, 23:07

朝の私。

このあと、怒濤の忙しさになるのを知らず、
のんびり出社してました。

仕事自体はいつも通りって感じだったけど
彼の案件で私の服や持ち物をレンタルしたいと連絡があったり
12日に社長との会食が決まって、ドレスコードが必要になって
足りないものを買いに行かなければならなかったり
彼絡みでじゃんじゃん連絡があって。

なんとかなったけれどいやはや疲れた。


満員電車のあと、
何十分も彼の服や靴を探し回り、
へとへとになってしまった。

頭痛も再発。
気持ち悪さもあって困ってしまう。

でも明日は彼の案件の撮影だし
私が支える側なので頑張らねば。


=遊兎=

あまり遠くには行かないでね 

October 09 [Mon], 2017, 14:12
帰路。

今日は母と姉が見送りに来てくれました。
過保護な親だけれど、
離れて暮らす分、話す時間が足りないから
一緒にいられる時間を増やしてくれるのはありがたい。

何もかも一人で良いと思っていた頃から、
随分丸くなったものだ。


昨夜は、二宮敦人さんの『最後の医者は桜を見上げて君を想う』を読んでた。
医療物で、「死」に向き合う本。

「死」に直面した人たちの
最期の時を書いた物語は、
フィクションなのに痛々しくリアルだった。

死を受け入れることを諭す人、
死跳ね退け闘うことを絶対正義とする人、
どちらにも振りきれず、迷い苦悩する人。

全部全部本当にある姿だろう。


余命と可能性の生々しい数字に
怯え、恐怖し、疲れ、憤る気持ちに
自分がもし、その立場だったらと考える。

自分が、彼が、家族が、子どもが、友人が、
命の終わりを宣告されたら。


答えはでない。

きっと、本当にその瞬間になっても
悩み続けるだろう。

=遊兎=

笑顔にさせるのがお仕事 

October 08 [Sun], 2017, 23:37

従妹たちの成人式の前撮りに行って来ました。
データはまだ現像してないから載せられないけれど。


従妹たちは、二卵性の男女の双子。
生まれた頃からずーっと見てきた子たちで
なんだか感慨深かったなあ。

従妹は着付けと写真館での撮影があって
従弟は家で待機。

その後二人を連れて公園へ行き、
二人と叔母や祖父母との写真を撮った。

シャイな双子だから
とにかく笑わせるので大変。
あれこれ持たせたり、声をたくさん掛けて褒めて
一緒に笑って。


周りも褒めたりポジション決めや小物の準備も手伝ってくれて
なんとかいい感じに写真が撮れた。


従妹たちの写真を撮ったのはいつぶりだろう。

誰も覚えていないだろうけれど、
祖母に買ってもらったトイカメラで
生まれたばかりの従妹の写真をたくさん撮ったのを
今でもはっきりと覚えている。

小さい頃からカメラが好きだったんだ。
たくさん撮った写真は、フィルムを現像して
小さなアルバムに残してある。

彼女たちの節目を残すことができたのは
従姉として嬉しい。

従妹たちもきっと疲れただろう、
私も1日よく頑張ったと思う。笑


ああ、心地よい疲れだ。

=遊兎=

君を置いていくのは心苦しい 

October 07 [Sat], 2017, 21:59

2ヶ月ぶりに実家に帰省しております。

昨日は明け方まで、彼の仕事に付き合っていたけれど
さすがに遅刻できないから朝の5時には眠ったはず。

三連休、彼は仕事で
しかもかなりハードな状況。

そんな状態なのにひとり、
実家に戻るのは心苦しい。


元々決まっていた予定で
従姉妹たちの写真撮影だから
延期することもできなくて。

本当にごめんね。


三連休、少しの休みもないくらいに
予定が詰まっているけれど
早く戻って彼のサポートをしてあげたい。

誰もいない部屋に帰ってくるのは、
きっと淋しいだろう。


=遊兎=
ProfilE
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:遊兎(you)
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1990年6月30日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・恋愛-帰る場所を見つけました。
    ・写真-撮られる方も、撮る方も。
    ・ファッション-ロリータ・ゴシック・ガーリー・和装。
読者になる
きっと君の求めるものなんて
此処にはないよ。

いつまでも駆ける
アリスとあの娘の為に
総てをあげるだけ。

この命が尽きる時
私は一冊の物語になる。


この世は総て
愛すべき暴君に捧ぐ。
EacH MooN