映画『グスコーブドリの伝記』の感想

July 25 [Wed], 2012, 19:28
映画『グスコーブドリの伝記』初日みてきました。

映画館の音と映像で、奥深さがすごかったです。

大好きな『銀河鉄道の夜』から30年あまり。
擦り切れるほど観た前作とは、まったく違う視点、作風に若干とまどいました。
ストーリーなど、知っていたとはいえ、なんとも納得のいかない展開と解釈、
音楽の違和感。

けれど、もうずっと涙が流れて大変でした。

てぐすのシーンで、蛾が舞い上がって光の柱となるところなどは、
「わかる」「わからない」「何」とか、そういう理解を超えて、
とろとろ頬を伝う涙で茫然としていました。

なんだかわからないけれど、
ぐわんぐわんしたので、次の日も見に行きました。

そして、映画の中のあちこちに隠されるように込められた思いや情報の量に気づいて、こんどはそれを受け取るのにいっぱいいっぱいになりました。
ので、映画終了後は、ものすごい疲労感に襲われました。
いままで見たことのないすごいすごい映画です。

半月たつ今も様々なシーンがゆらゆらと脳をゆれてはよぎります。

レビューでは酷評も多くて、さ来週あたりには終わってしまいそうですが、
可能ならば、終わるまでにもう一度、見に行きたいと思います。

衝撃!

December 26 [Mon], 2011, 20:57
今日、事故がありました。
吹雪いて来たので、広報用写真を撮ろうと、
事務所の窓から携帯を差し出して一枚とったあと、
手が窓枠に当たって、携帯が落下!

五階から一階へひらひらと落ちていく愛しの携帯・・・。

一階の金網のうえで、二つに分かれてとまりました。

あわてて、下りて取りに行ってみると・・・・。

カメラのふたが外れていました。
それをパコとはめ直し、開いてしまったSDのふたをしめ、
連結部分のカバーが割れていること、
ふたの一部に小さなヒビがはいったこと、
小さな留めのプラスティックがはがれたこと、
を確認。
恐る恐る液晶画面をみてみると・・・。

普通に動いてる?
写真を確認。
最後の写真はデータホルダに格納されている。
アドレスブック、
異常なし。
メールデータ、
異常なし。
カメラ、
正常に作動。

試しにメールを送ってみた。
受信した。

恐るべしCASIO。
問題なく動いている。

夜になって気付いたことを、バイブが一回しかならないこと。

それ以外は使用上問題ないようです。
携帯電話ってすごいな。

(無題)

December 12 [Mon], 2011, 21:01
急遽、親戚に不幸があり家族で高知にいくことになりました。

せっかくなので高知と、帰りにしまなみ街道で宿泊することにしました。

幸い平日なので、とてもお得な宿も取れて、両親との珍道中。

道に迷ったり、カーナビに騙されて窮地に陥ったりもしましたが、絵金蔵やかずら橋、大歩危小歩危、瀬戸内の島々、尾道を見学し、たのしい旅となりました。









将軍塚ライトアップ

November 27 [Sun], 2011, 22:52
例年恒例。
将軍塚ライトアップに行ってきました。
今年は遅いのかな?
まだ緑の葉も多く、多分見頃は来週あたりです。
相変わらず愉快な感じで、火事みたいでした。



聴竹居の紅葉を愛でる会

November 27 [Sun], 2011, 22:48
以前、知人に勧められて気になっていた聴竹居に行ってきました!
藤井厚二氏による実験住宅。
とてめ八十年前の建物とは思えない斬新さとモダンさ
素敵なお宅。
棲みたいと思いました。
お客様たくさんで、10時について、入場整理券は11時半。結局、11時に入れましたが、案外お昼くらいのほうが良かったかもです。
保存会の方々が明るく優しく対応してくださったのも印象的でした。







西本願寺 白書院と飛雲閣

November 15 [Tue], 2011, 8:46
日曜日、母の友人を案内して
西本願寺の白書院と飛雲閣に行ってきました。

親鸞上人の御忌関係で9月、10月、11月の8日から18日まで特別公開されていたそうです。
気づいて良かった!

白書院は数年来狙っていた場所でしたが、予想以上の豪華絢爛さ。
二条城が霞むほどです。
ワビサビを愛した時代と同時代だから面白い。
襖絵、欄間、天井、すべてが豪快にして繊細優美でした。
こんな部屋に通されたら魂抜けてしまいます。

同時公開の飛雲閣は、まるで舞台セットのように完成された美しさ。
左右非対称の美。
なんだか日本人の美意識を考えさせられる1日でした。

白書院がみられるのは多分17日まで。おすすめです!

宇治平等院鳳凰堂のライトアップ

October 10 [Mon], 2011, 16:14

三年ごしで、やっと行けました。
平等院鳳凰堂のライトアップ。
それはそれは見事です。
深く呼吸するように、光がかわります。まずは闇、次は阿弥陀さまのみに光があたり黄金に輝きます。そしてお堂全体のライトアップへ。
大層劇的で美しい。

浄土テーマパークを生かしきったライトアップでした。

平安のシンデレラ城です







新聞沙汰

October 08 [Sat], 2011, 23:58


人に化けて、夜の稲荷をさまよい歩いていたら、新聞沙汰になりました。
全国紙トップ記事とは…

伏見観光

October 08 [Sat], 2011, 23:51
お天気がよいので、Nさんと着物で伏見観光です。
今月の京都はお祭り月間。
まずは、御香宮のお祭りを見学。
沢山屋台がでててワクワクします。大きな獅子頭や金ピカの御神輿さん。テンションあがります。

その後、伏見はあまり来たことないとのNさんをご案内するため、酒蔵へ。
途中、鳥せいで夕食を予約し、大倉記念館をすぎたところで、十石舟観光の看板をみつけて乗船することに。
江戸時代の旅人気分です。
コースは宇治川の手前の水門までで長くはないですが、疎水や高瀬川が流れ込む所がみれて嬉しかったです。

夕食をたべて出てくると、商店街から祭の音が!文字通り駆けつました。丁度花笠行列の通過中。
派手に飾りつけた傘を激しくゆらす様子はとても勇ましい!
ザ祭!というかんじです。

祭の人混みをかき分け電車で、お稲荷さんへ。
今年は御鎮座1300年。修復していた本殿改築、鳥居のライトアップとチラシでみたのですが、イザ着いてみると人影はまばらです。
おわったのかとちと心配になりました。後で聞くとピークをすぎたとのことでした。
ライトアップされた伏見稲荷は大層美しかったです。
千本鳥居は両サイドに青い光の竹が並び、不思議な音楽がながれていました。
赤ちゃんと小学生低学年くらいの女の子をつれた親子とすれ違った時の彼らの会話。

女の子 もうかえろうよ
母 どこに?

怖いよ







ナラノタビ

September 23 [Fri], 2011, 9:28
問魚弐さんと、天竺展をみるため奈良駅セント君前集合。
問魚弐さんの指令はセント君前でセント君と同じポーズで待つようにとのこと。
これはかなわんと、すこしく遅れていくと、セント君前にセント君と同じポーズの女性が!
脱帽っす。

無事再会を祝して、近年メキメキ観光立国として台頭する奈良の新名物、プリンをいただきにあがりました。
オシャレなお店では、奇妙な作品展が開催されてました。

天竺展は、大層素晴らしいものでした。
室町日本人の画力、想像力に感嘆。軸の保存状態も見事でした。いやあ、お誘いいただいて本当に良かった。

その後、問魚弐さんの天敵鹿を避けながら、氷室神社で百円で雅楽を奉納し、葛ソウメンをいただいたり、奈良女を案内していただいたり、奈良フキンをお土産にかったり。奈良を満喫させていただきました。
奈良は京都と同じく、路地が面白い。
路地の向こうに、なにげに東大寺の大屋根や若草山の見える風景というのはなんともステキなもんでした。

ありがとうございました。







2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像Meemo
» あけましておめでとうございます (2011年01月07日)
アイコン画像久我
» 信貴山 (2010年05月28日)
アイコン画像問魚弐
» 信貴山 (2010年05月28日)
アイコン画像問魚弐
» 蛮幽鬼 (2009年11月30日)
アイコン画像Meemo
» ネパール! (2009年09月08日)
アイコン画像久我
» 荒れ狂う新撰組 (2009年08月30日)
アイコン画像問魚弐
» 荒れ狂う新撰組 (2009年08月29日)
アイコン画像久我
» 奈良 (2009年08月23日)
アイコン画像Meemo
» 奈良 (2009年08月21日)
アイコン画像久我
» 活字中毒 (2009年06月04日)