中川式腰痛治療法で人生が変わる!と作業用・リラックス用BGM]悩み疲れたその時に、あなたのささえとなるように

January 23 [Thu], 2014, 16:09
こんにちは^^


今日も中川式腰痛治療法レビュー特集中です(^^)
↓↓

優良教材中川式腰痛治療法レビューはこちら


中川式腰痛治療法は、実は全く効果が無い?
そんな評判も聞きましたが、実際には凄い効果です!


中川卓爾さんが自信を持って世に送った情報教材中川式腰痛治療法を
超お得な特典付きでお届けしています。



購入前はまだ不透明ですけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクから、本サイトへ飛びご確認下さい。
↓↓

優良教材中川式腰痛治療法レビューはこちら


て事で、あとはぐうたら日記です。
読み飛ばして下さい^^;


今朝の朝飯は新米を炊いたご飯と、焼き鮭とキャベツのお味噌汁

最高ですよ、やっぱり。



ゆっくり15分掛けて食べて、9時13分に我がやを目を擦りながら出発です^^;



自宅そばのデイリーストアに買い物をと思って、ペプシコーラをポイントでゲット(^^ゞ



朝はこれが欠かせません。。



お店に着いたら、毎日の日課のnewsを確認すると

恐らくこれ、TVでもやる?

↓↓

 新ポスティングシステムで大リーグ移籍を目指していた楽天のエース・田中将大投手が、ヤンキースと7年契約を結んだ。メジャー挑戦の希望を報道陣へ打ち明けたのが2012年の12月。楽天にとどまらない、もはや日本を代表する投手が、夢をかなえるときがやってきた。

 広島・前田、巨人・坂本、そして甲子園でも投げ合った日本ハム・斎藤。この年は大豊作といっていい年代だ。その中でも、田中の残した実績は、他選手を大きく引き離す。

 メジャー挑戦を初めて打ち明けた会見では、他競技を意識する発言が印象的だった。「サッカーとかでも、海外にどんどん行っている」。マンチェスター・ユナイテッドの香川真司もまた、田中と同年代だ。

 田中将大という人間への、マスコミやファンが作り上げるプレッシャーはそれまでも、相当なものだった。佑ちゃんマー君と騒がれ、ドラフト1位で新人王。北京五輪、WBCにも出場し、2011年には沢村賞。羅列するだけでもその実績のすごさがわかる。

 だがその挑戦を表明した翌シーズン、彼はさらに、自らプレッシャーをかけた。2013年の春季キャンプ、久米島の浜辺で毎朝行われていた早朝の声出しで「今年の野球界の主役は、俺たち楽天だ!」と絶叫したのだ。開幕前の評論家たちの予想も軒並みBクラス。厳しい戦いを誰もが予想した中で、エースとして、チームを奮い立たせた。

 結果はほとんどの方もおわかりだろうが、球団創設後初めてのリーグ優勝、そして日本一。その中で田中は開幕から無敗の24勝1セーブ。いくつ塗り替えたかわからないくらい、プロ野球の歴史を変えた。

 優勝の興奮や騒がしさもおさまり、先日、改めて日本シリーズの映像を見返してみた。昨年、初めての敗戦投手となった第6戦。負けはしたが、一人で投げ抜いた160球。160球目の映像が焼き付く。「腕を振り抜く」という表現を超越したような、全身全霊で投じた一球だった。

 この球団を、そして田中を取材して4年たった。「マー君は一球一球常に本気で投げるから、ケガにつながることも多い」。担当してしばらく、こういう話も聞いた。

 だが、そういう雑音を結果で黙らせた。ピンチでギアを入れ替えると、必ずと言っていいほど失点せずに切り抜ける。野球の面白さを、何度も見せてくれた。160球を投げた翌日、胴上げ投手として再び登板。誰もが驚いた。1回を無失点。両手を高々と挙げ「どうだ!」とばかりに誇らしげな表情を浮かべた。

 性格は人見知り。報道陣への口数は少ない。でも、聞いた質問はしっかりと自分の中で整理して、確実にコメントする。「頭のいい選手だな」と常々思う。記者の書く原稿も、新聞やネットでチェックしているのだろう。自分も何度か原稿で指摘され、自分のミスだと思えば頭を下げた。

 高校時代から、常に注目の的。自分が話さなくても、周囲から漏れる話は山ほどあった。自分のことは多くを語らない田中。それでも毎日のネタは何かしら作っていかないといけないから、同僚や、関係者、田中を取り巻く環境を取材し、記事にする。

 2年前、当時ルーキーで7勝を挙げ、大活躍だった釜田が、オフに田中と自主トレするという話を聞いた。それを記事にする前日、本人に伝えると「事前に言っていただけて助かります。ありがとうございます」と、言われた。少し驚いた。予定や秘密を記事にされるのが嫌なのではなく、知らないところで記事になっていることが嫌なのだ。考えれば当然のことだが、その時はハッとさせられ、同時に「もっとしっかりと向き合おう」と思った。

 昨年末、メジャー挑戦が決まり、そこから海外メディアも含めてさまざまな情報が飛び交った。田中は今月、関東で報道陣シャットアウトで自主トレを行い、18日からコボスタ宮城で練習を行っている。練習中は同僚とリラックスした表情も見せるが、報道陣の前では「何も話せません」と、ほとんど無言で立ち去る。

 これまで、どんなに打たれて負けた試合でも足を止め、しっかりと取材に応じていた右腕にしては珍しい。交渉ごと故に、極秘情報を話せないのは当たり前だが、たぶん、うそがつけないからだと思う。ドキッとする質問をされたときに、どう対応していいか。全て考えれば「何も話せません」という答えが、最大限のコメントになってしまうのだろう。

 いよいよ、夢の挑戦。マー君としては、メジャーで結果を残すための、スタートラインに立ったに過ぎないのかもしれないが、野球ファンの期待は計り知れない。残り少ない取材期間に少しさみしさを感じつつ、楽天担当として、最後のコミュニケーションを楽しみたいと思う。

(デイリースポーツ・橋本雄一)
(この記事はデイリースポーツから引用させて頂きました)



やっぱりなあ

無駄ムダ(笑)



ではでは。きょう、やるべき事と言えば

段取り的にはメルマガに16時間と、セミナー受講に4時間。



慣れているので簡単に終わるでしょう。



バリバリ稼ぐぜ^^



稼ぐのであれば、これかも

↓↓





・・・失礼ぜんぜん関係無い?

ま、いっか(笑)



さてさて晩メシは何しよ?

からあげかフカヒレスープが久しぶりに食べたいなあ。



これも良いか?

↓↓





きっと次の更新はこの後数時間後になると思います。

カミングsoon!
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/youtuunaoru97/index1_0.rdf