約13日ぶり。 

2006年11月13日(月) 21時17分
久しぶりになるのう。太公望だ。こんなに間が空いてしまって申し訳ない。[本当すみません…]怒るなら茨杏を怒れ。[…はい]殴るなら茨杏を殴れ。[はい………えっ…あ、はい。]でも儂は優しいからの。代表して(謝るだけなら)謝ろう。[あじがじょうごじゃいま゛ずっ(ありがとうございます)(爆泣)]


それにしても楊ゼンがキモイ。そこはかとなくキモイ。と言うかキモイ。とにかく気持ち悪い。[わぁい!スースかぁっこい〜い!!(´Д`〃)しかも気持ち悪いってキモイよりキツイな。]
切り落としたのは…まぁアレだ。ページめくるだびに目に入るのが嫌だったから。[上手い言葉が見つからなかったから本当の事言ったよ…]

あともぅ儂は楊ゼンの日記に対していちいち書くのが面倒臭いから儂は儂でちゃんと日記を書こうと思う。 ぁ、もちろんきちんとした質問が書かれておったら応えるぞ!


管理人が旅に出ている間[そぅ言われるとなんかカッコイイな…]儂もどのようにな所に行くのか気になって――定期的に人間界は見に行っておるのだが――見に行ってみた。[マジで!?]
なかなか楽しい世界になっておった。400年や700年ほど昔の建物がまだ建っていて少し懐かしく思ったし[…さすが。]あの街並みは中々かっこよくて儂は気に入った。
茨杏も中々良い所を選ぶではないか♪[私が選んだわけじゃないんですけどね!!役得ww!!]

!! 

2006年10月31日(火) 18時49分
師叔、昨日はお疲れ様でした。災難でしたね。僕もせっかく一昨日に仕事をしていたから早く終わって師叔にご馳走を作ろうとおもっていましたのに…武王め… ボソリ

あ!昨日僕師叔にコレ交換するとき僕の日記をよんでも良いと言ったから師叔読んでくれたかな
もしかして昨日の師叔の日記に何か書いてくれているやも!?

[楊ゼン読破]

師叔…あんまりじゃないですか…?
昨日は本当に忙しかったんで日記に文句なんてもちろんつけませんけど、なんで僕の師叔への愛の手記を切るんですか…?[(楊ゼンの初日の日記の約2,000字(ノートにして4ページ分)の部分)]
しかも机の横のゴミ箱にぐしゃぐしゃになった紙の塊はこの部分ですか…?
[楊太は同じ部屋ですとも。 妄想!妄想!(〃゜◇゜〃)(うるさ) と言うか楊ゼンが太公望の部屋に乱入してるんです。楊ゼンの部屋もちゃんとあるんですけどネ☆アハ★ ちなみに太公望はもう諦めてます

………わかりましたよ…僕だって怒りましたよ[(半べそ)]
こうなったら毎回恋文書いてやりますよー!!!![てめー!?勝手に動きすぎだー!!Σ(°□°)]

[誰かこの青虫(楊ゼン)をとめてください…。私に毎回恋文書くなんて大業出来るはずがない……はずがないので“こひぶみさん”から借りたいと思います。(涙)
なので同じような文のときもあるかと思いますがお気にせずにv]

愛しの師叔へ。

突然ですが告白します。

流した涙の分だけ強くなれる・・・アイ・アム・ストロング!わはわは!
この蒼い宇宙(そら)の下であなたと出会うために、アイ・アム・ボーン。
それは恋のパッション。
ダンサブルなナンバーで激しく踊り倒したい。

それでは失礼します。

楊ゼンより。

[恋文ですから。あくまでも。]

むり。 

2006年10月30日(月) 3時43分
今日は姫発が素晴しいミスをしでかしてくれたお陰で皆で必死に頑張った。ギリギリでなんとかなったからとかったものの。

だぁー眠い!!もう寝るぞ!儂は!!
次回だ次回!!ちゃんと書くのでな!今日は許せ!儂とて限界だ!

楊:師叔…(泣) 

2006年10月29日(日) 17時56分
師叔がなんにも返事をかいてくれない…[ちなみに茨杏の声は彼らには見えて(読めて)ません故♪]
なんで?なんで!?、放置プレイですか!?いつもの![←!?]
ひどい…師叔………すきです…師叔…[この人マジできもい。]


[マジ泣き 少々おまちください。]



蝉玉め…師叔に余計な知恵吹き込んだな…(メラリ[泣きながらいろいろ考えてたんですね]
でも師叔が僕とのデートの事書いてたのは嬉しかったですねエヘ
ちなみに昨日師叔に貰ったプレゼントは毎日着けますvvさすが師叔ですよ。僕に凄く似合ってるんですvvそれに師叔の愛も含んでいるからそれこそピッタリです
それに昨日は沢山買い物をしたからか師叔も気分が良かったでしょうね、愛のある夜を過ごさせ[(自主規制)]
それはもぅ可愛らしかったですよクスリ

今日は師叔が起きられなかった[ヤりすぎだ……!!]ので僕1人でどっか行っても面白くないので明日の仕事の分を少し片付けました。これで明日は早く帰れますvv

さー、明日師叔にノート交換するとき僕の日記も見て良いって言わなきゃですねっ。
僕の師叔の愛に包まれたこの日記をみたら師叔もきっと惚れ直してくれるはずですねっ(〃`▽´〃 )
きっと明日も夜は激[(自主規制)]はずですね

太:買い物に行った 

2006年10月28日(土) 15時19分
前回日記に食事を書いたのだが、蝉玉に聞いたところ何やらそんなのはだいえったー[訳:ダイエッター]のすることだったらしいのう。日記とは色々と奥が深いのだな。
そして日記とはその日に起こった出来事を書いてゆけばよいということもわかった。蝉玉もそうだが、おなごというのは色々なことを知っておるのう。

ということで儂はだいえったーではないので普通に書いてゆくぞ。[オー!!
今日は休日だったので[太公望はいつだって休日な気がする…]楊ゼンが出掛けたいと駄々をこねたのでしかたなく街へくりだした。儂は1日家でゴロゴロしていようと思っておったのに…。[毎日してるぢゃん!?]

でも街というのはいつ行ってもおもしろいものだ。まあ、あの人の多さは何とかならぬものなのかとも思うのだが。
もうそろそろ冬になりそうなので服屋に行って冬ものを買いに入った。楊ゼンがアレも似合う、コレも似合うと言って、儂には選びきれなかったので全部買った。[楊ゼンが(払って)]楊ゼンも色々買ったいた。[もちろん楊ゼン自腹]
その後すれ違った若い男が付けておった“さんぐらす”とやらがあまりにもかっこよく似合ってので儂も欲しくなって楊ゼンに言うとさんぐらすを売っておる所に連れて行ってもらった。
あまりにも沢山あったから驚いたが儂に超[使ってみたかったらしい]合ったのがあったのでそれを買った。なにやら楊ゼンがあわてて他にもコレが似合うとかアレなんかどうかと色々出してきたが儂には儂が見つけたやつが1番似合うと思ったのでやっぱりそれを買った。[楊ゼンが(¥58,000)]なんでか楊ゼンはほんのり泣いておったけど多分儂が楊ゼンよりかっこよくなったからくやしくなったのであろう。[哀れ楊ゼン…]
後はお昼を食べてうろうろ色々な店を見て回って夕方頃に帰った。
帰り道に実は儂がこっそり楊ゼンに買っておった楊ゼンに似合いそうなサングラスをあげると[(¥3,000)(太公望にしては出した方)]楊ゼンはものすごく喜んでおった。儂は紳士のようだった。[結局自分。]
夜は鍋だった。暖まって美味かった。


追記:[太公望は楊ゼンの日記を読まなかった様子です。
     太公望曰く
     『日記と言うのは人の心なのだから人の日記を読むのはまなー(※マナー)違
     反だとかなんとか蝉玉が言っておったから、いくら交代でやっておるとは言って
     も見てはならぬと思ったのだよ。』
     らしいです。
     哀れ楊ゼン…(笑)]

楊:始め 

2006年10月27日(金) 20時03分
ブログを御覧の皆さん、始めまして。今日は師叔に続いて僕、楊ゼンです。[ブログとか言うな!あくまでも日記だ日記!!]

全く更新しない、というかする気がないように見受けられるRELIANSEの管理人の茨杏さんから[本当に太公望以外には容赦ねぇ…(マジヘコミ)]師叔と1日置きに日記を書いてくれと請われまして[!!?(そこまでしてない!)]今日から筆をしたためていきたいと思います。
僕はさっそく昨日の師叔の日記を読んだんですけど、それにしても師叔は何しても可愛らしいですね皆さんは師叔の字が見えないのは可哀想ですね。師叔はもちろん字も可愛いんですよ日記に1日の食事を書くなんて実はあの料理は全部僕が作った物なんですよ。それを書いてくれるなんて師叔の僕へのを感じました[や。全然そんな気しませんでしたけどね]

でもなんで“日記”なのに2人でやらなければいけないんでしょうか。[その方が面白いから(そして書きやすいから)]まぁ相手が師叔ですから全然良いですけど
でもこれじゃぁまるで交換日記(相手のことも想いながら−相手に伝えていくこともある−交換していく日記)の様じゃ……はっ!!そうか!茨杏さんは僕達に交換日記をさせるためにコレを始めたんですね[え?違…]すばらしいことですね!!
なんだかすみませんさっきは酷いことを言って![えっと、いや、普通に日記をかいてくれるだけで良――]よーし!!わかりました!![ぇえー!?]実はヤル気なかったんですけど[(!!)]
そーいう事なら話は別ですよ!![急に目の色が輝き出した…]

師叔へ [うわぁ…もぅ交換日記ですらないよ。ただの手紙だよ]
前略師叔。1番始めの日記に僕の手料理を書いてくれるなんてそんなに率直に愛を伝えてもらえて僕はとっても嬉しいです。
なので今日は僕も貴方への愛をしたためます。[わぁ…]
今日は起きてすぐ[8時]にだったからか寝ながら朝食をたべていましたね。昨夜は6時には気付いたらねていたけれど。けれどとっても可愛らしかったです。
そんな師叔を僕はいつまでも愛していますよ。 [略(約2000字)]
それでは今日も師叔のことを何よりも愛しています。
                                           貴方の 楊ゼン

太:はじまり 

2006年10月26日(木) 22時05分
茨杏に言われて楊ゼンと1日おきに日記を書いていくことになったので本日から日記を書いていくことになった。
それにしても面倒くさいのう。だいだいなぜ儂にたのむのか。[楊太サイトだから。([ ]:以後、茨杏から影の声)]
そもそも面倒くさがりの儂に勤まるかのう
というか茨杏は忘れずに続けられるのか。[ギクッ]
何やら『ケータイからでも送れるからきっと大丈…夫……だと思…う』などと不安気なコトも言っておったが。
まあよい、頼まれたからには仕方がないのう。“儂は”頑張ってみるとするかの[うう゛。すごい言われ様]…と言っても日記など書いたこともないから一体何を書けばよいのやらわからぬ…
ん〜、今日の食事でも書いておくとするか

朝−米・梅干・麻婆豆腐(肉ナシ甘口)(楊ゼン作)・デザートにアケビ
昼−フォー
夕−仙桃酒(とっくりで)20本・ひややっこ・青椒肉絲(チンジャオロースー)(肉ナシ)・とかいろいろ[←うろ覚え]
間食−桃3つ・仙桃2つ
P R
2006年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:youtai
読者になる
Yapme!一覧
読者になる