天然ものにも負けない味!極上アオテうなぎ

June 20 [Mon], 2016, 23:46
“天然のうなぎを食べたい…”

舌の肥えた人にとってはうなぎは天然ものを好むでしょう。
確かに、天然ものの中でもよいものは美味しいでしょう。
ですが実際のところ、
天然であるからサイズや身の具合などには、ばらつきがあることが多いようです。


ただ言葉だけの“天然”にこだわるよりも、
最高の環境で育てられた養殖のうなぎも美味しいものがあります。

三河一色産のうなぎは養殖うなぎのこだわりのブランドです。




★美味しい養殖うなぎのポイント

うなぎを育てるには水が必要です。
三河一色では、うなぎを限りなく天然に近い、ストレスがなく伸び伸びと育てます。

それによって、皮が柔らかく、身に脂がのって天然ものにも引けを取らないほどの
良質なうなぎになります。


★伝統が作り上げる養殖技術

三河一色産では明治時代からうなぎの養殖が始められています。
水温や飼料成分など、
そこには100年の伝統で築き上げられたノウハウが凝縮されています。


★職人が選別したアオテうなぎ

養殖したからといって全て同じうなぎに育つとは限りません。
本当に求められるものは20匹に1匹と言われ、
背中が青く、おなかが白い、柔らかな感触のアオテうなぎを
職人が選別しています。


★美食市のおすすめポイント

・極上うなぎ“アオテ”のみを選別

・三河一色産の国産うなぎ

・じっくり時間をかけて調理


養殖ものであったとしても、天然ものに負けずとも劣らない美味しいうなぎが食べたい…

そう思うのなら、以下をチェックしてみてください。
  ↓↓↓