WJ47号 

October 18 [Mon], 2004, 20:45
ハンターな表紙の47号。
今号のチャンピオンはなんといってもパピヨン。
あなたしかいない。

>デスノ

少年マンガとしてはクオリティが高いしおもしろい。
でもいまいちのめり込んで見てないのは
明るさがないからかなぁ。
先に希望の光が見えてこないのだけど。
でもそう思い込んでるだけか。

Lは好き。

>ナルト

テマリが前までただの敵で印象はよくなかったけど
実は忍びとしては優れている人物でありました。
シカマルに慰めでもない的確な言葉をかけてやれるのは
テマリだからか。
シカマルとテマリの今後の関係が気になリます。

ネジもチョージも生きててよかった。
結果的に任務は失敗。
でもシカマル父の
「仲間のためにてめーが優秀になることを考えやがれ!」
には痺れました。
皆が生きている事は何よりだ。

>ボーボボ

君の瞳に乾杯。

ピザじゃなくてキザに笑い。

>テニス

とりあえず不二先輩がたくさん出てよかったです。
それぐらいかな、感想は。

>ハンター

絵が雑なのがほんとーに残念。
ゴンのあの表情は丁寧な絵で見たかった。
でもやはりハンターの主役はゴンなのだと感じた回。
それにうまく脇でキルアがなにげに際立ってるのが更によし。
いいコンビだ。

真っ黒グルグルな絵でもパームさんかなとわかるとこも
どうなんだろう?(笑)

>ディー・グレイマン

評判がどうかは知りませんが個人的には好き。
絵が結構好み。
話しもオン・オフが出来てておもしろいと思んだけど。

>銀魂

「つけるってどこに!?」

「お前の思い出に!」

あぁ最高。

DESTINY開始! 

October 16 [Sat], 2004, 23:38
DESTINY始まりました。
前回の大ファンだっただけに今回はどうなかぁと
割とゆるゆるな気持ちで見ましたが
いいんじゃないですか、とりあえず。
なんかおもしろくなりそうな感じです。

まだいまいち登場人物の顔を名前が一致せず。
でもその中ではステラは気になるかも。
行動がなんかおかしいから(え?)
ちょっと彼女はキーポイントになるのかなと勝手に予想。

でもやはり早くイザークが出てきて欲しい!
もうオープニングは繰り返してイザークの部分を見たよ。
出世してるようですが、やはり軍というものからは
離れてないのねぇ。
ディアッカは赤服ではなく一般兵の服?らしきもの着用。
どんなポジションにいるんでしょうか?
でも軍にいるということはミリィとはどうなったのか気になる!

シャアの声がいい感じです。
重みがある。
でも関(俊彦)さんの声もいい声なんだよねぇ。
出てこないのかな?

「争いがなくならぬから力が必要なのです。」

今回印象に残った言葉です。

WJ46号 

October 15 [Fri], 2004, 22:03
ニンテンドーDS応募しようかな。
ただでもらえるにこしたことはない。
ジャンプでは過去2度懸賞であったてるんで
チャレンジ!

>テニス

出場校は氷帝だと思ってました。
でも開催地は九州(というか宮崎)だと思ったんだけど。
手塚がいるからさー

っていうかアトベスポーツジム・・・
そして更にあの鷹or鷲柄の服・・・
ほんと底が知れん男だよ。

>H×H

載っていた!(泣
でもあの絵はなぁ・・・
うーん、載ってるだけありがたいか・・・

購入本 

October 14 [Thu], 2004, 23:55
○彼女が死んじゃった 1・2巻
○イエスタデイをうたって 3・4巻
○バラが咲いた
○水蜜桃の夜
○少年少女ロマンス

一気に7冊買い。

全部よかった。
買って正解。

しかし彼女が死んじゃったは3巻いつ出るんだろう??
先が読みたいのだけどなぁ。

ジョージ朝倉はいいなぁ、やっぱ。
特に中・高校生の話を書いたのが好き。
でもせつなさの悲恋も書かせたら最高にうまい。
いいです、大好き。

WJ45号 

October 05 [Tue], 2004, 21:02
ブリーチ一押し中の最近のWJ。
そういや今日だっけな、放送開始。
長期連載中のコミックは読んでない部類。
嫌いではないんだけど。

それよりもー
ハンターはー
今週も休みー  
はぁ・・・ _| ̄|○

出版社に負けず自分のスタイルを貫いているのは
好きな部分でもあるんですが
ハンター好きとしてはマンガを読めないのはつらい。
でも続いているだけ幸せかなとも思ったり。

来週は読めそうでな に よ り です。


テニスですが、桜乃は王子様のテニスをちゃんと見てるわけだ。
でフォームの違いに気付くのが朋ちゃんと違い。

朋ちゃんの中学生らしい何も考えずアタック!の
情熱さも嫌いではないけどね。

それにしても寿葉の髪型はおかしい。

桜乃の髪形もどうかと思うが。

なにカットっていうんだろう?

なんだって。 

October 03 [Sun], 2004, 23:16
「まわるメイドインワリオ」が出るだと!

どうしよう。

NINDENDO DSは買う。
でもカラフルな色が出るならそれまで待ち。

個人的に1番遊びやすく好きなゲーム機はSP。

やはりどこでも出来るのがいい。

そういやファイヤーレッド買ったままやってないや。

DS買うまでにやるかなー

そうなのか。 

October 02 [Sat], 2004, 23:41
確か峰倉かずやの対談が載ってると聞いたので
はじめて「ぱふ」を買ってみようと思い本屋へGO。

どんな本なのかはよく知らず。
よってどこに置いてあるかもわからず。

で、探したところなんかアニメコーナにおいてありました。

そこか。
そこなのか。

手に取り見てみるとどこにも目的の項目はなし。

あれ?

どうしようかと思ったが

LOVELESSのカラーがある。
ストプラ関係もある。

ということで購入です。

雑誌リストでゼロサムが少年・青年類に属すことを知る。

そうなのか。

どこに属すのだろかと前から疑問ではあったのだが。

それはそうと峰倉かずやの対談記事は
先月号だったらしい・・・・

バナナフィッシュ 

October 01 [Fri], 2004, 23:17
名作名作とずいぶん前から聞いているのに
未だに読んでいないバナナフィッシュ。
何度か読もうとはしましたけれど。

でも実は気になって19巻だけ読みました。


今思えばなんてことをしてしまったんでしょう。


でもどういった形でかは不明ですがなにやらバナナフィッシュの新刊が
今度出るらしいので買ってみようかなと。
さもなくば中古で購入ですかね。

とりあえず近々読むリストにピックアップです。

ゼ ロ サ ム 

September 30 [Thu], 2004, 23:07
ゼロサム11月号購入。

ゼロサムは最遊記R・LOVELESS・ストプラが主な目的。
ザロサムを初めて買ったときの理由は最遊記が載っていたのと
ストプラを元々知っていたし買ってみようかと。
LOVELESSはゼロサム読み始めてから好きになったマンガ。

最遊記はもちろんですが基本的に峰倉かずやという作者が好き。
もう私にとってはとろける絵と深い世界を描く人。

LOVELESSはあの世界観がすごく好き。
独特の世界だ。

そういやこの間LOVELESS3巻限定版があったので
思わず買ってしまった。
通常版は持ってるんだけどおまけが気になって。
いやでも買って正解でしたよ。
ポストカードも中身も大変好みで満足でした。
5巻が早く出て欲しいのですがまた一年後とかかしらねー?


しかしまさか自分がネコミミついたマンガを読むとは
思いもしませんでしたけども。



数年前までは堅気の人でしたからねぇ。
「萌えー」も「同人」も知らないお嬢さんでした。
まーあれだね、あの某テニス漫画を読んだばっかりに
あなたの知らない世界を知ることになったんですけど。
すべてはそこからはじまったのである。

でも個人的には好む好まないに関らず一般常識として
知っておいた方がいような気が。

なんか知らないでいるものつまらない感するのはわたくしだけ?

思考解放区 

September 29 [Wed], 2004, 23:28
ここはナギの思考解放区です。

知人の目に触れるところだと書く内容も制限したり
いろいろめんどくさいこともありますからね。

そういったところから逃れた場所がココです。
誰かに読んでもらう事を目的ではなく
ただ言いたい事をつらつらと書き綴る自分メモ的として誕生。

社会の基本を守りつつ自分の好きなことについて思考解放で
書けてゆけたらよいなと。
そうですねー、主にコミックに関したゆるいヲタクの戯言などなど。

好みとしてジャンプ全般、ホスト部・美女が野獣(LaLa)
のだめ・峰倉かずや、ジョージ朝倉等。
アニメは見ないほうですがガンダムSEEDだけは(異常に)好き。


しかーし。


Web上で発言してる限り完全に検索除けなどは出来ないので
もしココが見つかったのならこれにて終わりです、アデュー。

神様、どうか見つかりませんように。
■PROFILE■
■名前■結羽ナギ
■性格■おきらくごくらく
■読み物■ジャンプ・LaLa・ゼロサム等
2004年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:younagi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる