ルル永遠に

November 22 [Thu], 2012, 6:01
今朝4時11分、ルルが永眠しました。
あまりにも突然で頭の中が整理出来ていませんが
これまでの経緯を。

先週の日曜日は珍しく20時過ぎに自分から
カゴに入りましたのでそのままおやすみしました。
翌日朝、顔の羽が無い部分に一ミリほど
切り傷を見つけましたが、新しいカゴの
仕上げが悪いのかと思いチェック&修正。
その傷のせいか食欲が落ちている。
糞も心なしか水分が多い感じ。

仕事から戻りルルの大好きなバナナとリンゴを
あげてもほとんど口にせず。
何が原因か考えても思い浮かぶ事がないので
鳥かごが小さい事を気にしてるといけないと思い
同じシリーズの大き目のカゴを発注。

翌日朝はカゴから出て来る仕草も見せず
動作が緩慢な印象を受けるも、そのまま出社。
夜家に帰ると、まだ何も食べていない様子。
ひとまず体重を図ると417gと少し痩せたものの
何も食べていない事は無いと判断。
但し、糞の状態は更に水分が増した感じ。

そして水曜日の朝、また何をやっても食べないので
久しぶりにヒマワリの種を見せると
のそのそカゴの中から顔だけ出して咥えるも
殻を割るのに一苦労のようす。
この時点で病気と判断しましたが
ヒマワリの種を数個食べ出したので出社。

多少症状が緩和されている事を期待しましたが
仕事を終えて帰宅してみると、ルルがカゴの底で
うずくまっています。

すぐカゴから出して床に下ろしてあげましたが左脚が
麻痺していて全く動かせません。
右脚と翼と嘴で辛うじて移動します。

これはマズイと判断し、電気毛布を最大温度設定し
ルルを座らせ、挿餌で使用していた餌と電解質の
飲み水を与えましたが、大半戻します。

夜中も寝ずに看病を続けましたが症状は悪化の一方。
夜中の1時過ぎには右脚まで麻痺してしまい
翼と嘴で移動しようとしますが、殆ど無理な状態。

そんな状況でもルルはおじさんXを遊んで
くれているのか、手の指を甘噛みしたり
嘴でつついたりして、頭を突き出しますので
カキカキを続けていましたが、4時11分突然全身を
痙攣させ、天国へと旅立ちました。

何が原因か本当にわかりません。
獣医さんが居れば観て貰う事も可能だったと思います。
やはりペットを飼うには厳しい環境でした。
勿論、ルルの死を他責にするつもりは有りません。

全ては自分の我儘と思いやりのなさ、そして知識不足が
ルルの僅か数ヶ月の命を奪ってしまいました。
もっともっと長生きしたかった事でしょう。
色々な人に出会い可愛がられたかったでしょう。
ルル、本当にごめんなさい。


ルルが他界して1時間半が経過しました。
いつもだったら、あと10分ほどで「ルルお早う」と
声を掛けると、ルルが「キャン」と応える時間です。
もうあの声が聞けないと思うと寂しく苦しい思いがしますが
今日は会社を休み蘇州の大きな湖の湖畔に弔ってあげます。

ルルが天国ヘ旅立ちましたので、本ブログも
今日で更新を終了します。
ルルと過ごした僅かな時間でしたが思い出を
ブログとして残す事が出来た事を嬉しく思います。

そして、この蘇州の地でルルと暮らした事をいつまでも
良い思い出としておじさんXの胸に刻みたいと思います。


皆さん 有難う! ルル 有難う! そして、さようなら!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:おじさんX
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/youmu/index1_0.rdf