このブログを読むに当たって・・・(注意書き!!) 

January 01 [Thu], 2009, 0:00
みなさんはじめまして

私は女の子に生まれ、本当によかったなあと最近幸せに思っています。

それで、キレイになりたい!!と思い、独学で美容法などさまざまな勉強を日々しています。
で、その勉強し、実践したことなどもこのブログには載せていこうと思っています。

この記事を読み、みんなで一緒にきれいになっていきたい!と思っていますが、人はみな違います。体質、性質、さまざまな特長があります。

だから、もし、私の記事を読み、実践していこう!と思っている方はどうか、自己責任で行うようにしてください。私もなるべくアレルギーなどについても調べていくつもりですが、私自身、全くアレルギーを持っておらず、私はよかったが、みなさんではダメだったということもありえると思います。

また、何かご意見がございましたらお気軽にコメントなどして頂けるとありがたです。

それでは、お楽しみください。

オートミールクレンジング 

October 16 [Mon], 2006, 22:04
クレンジングというかパックです。

材料
・オートミール 大さじ 1
・ミルク    小さじ 1

作りかた
使用する直前に材料を混ぜ合わせる(すり鉢とかで)

これってたいてい風呂場で使うので、風呂に入る前に作って、体洗ったりして、よーし顔!!と思ったころにはオートミールが水分吸っちゃって堅くなっているので注意です

オートミールとは、えん麦という麦の一種??から作られていて、コーンフレークみたいにして食べるらしいです(食べたことないけど)

なので麦の香ばしい香りがとても気持ちよく、ミルクによってすべすべになるとてもおすすめなパックです

ミルクの量を調節して好みの柔らかさにすればよいです。

スクラブ作用もあり、毛穴の汚れも優しくおとしてくれます


カモミールローション 

October 16 [Mon], 2006, 21:47
緑茶化粧水を応用したものです。

材料
・ハーブティーのティーバッグ
・精製水 60ml
・グリセリン 1cc
・ゼラチン 0.5mg

作り方
ほとんど緑茶化粧水と変わりません。

最初に精製水を沸騰させ、5分ほどティーバッグを入れたまま煮て成分を抽出します
(ハーブティーの出来上がり〜
熱いうちにゼラチンを入れ、きれいに溶けるまで混ぜます。
冷めたらグリセリンを入れて出来上がり

この写真は約3分ほど煮たものですが、かなり濃いですね・・・

あと、かなり水が蒸発し、60mlだと半分の30mlくらいしか最終的な容量はありませんでした

ティーバッグも200ml用とかなので、100mlくらいの水でやってもいいかもしれないです。

今回使用したハーブティーのティーバッグはカモミールとペパーミントの混合されたもの(カモミール多め)で、付け心地としては結構さっぱりしていて、これからの季節には不向きかなあと思いました
グリセリンとゼラチンもこの分量では私は少ない感じでした

あと、重要なニオイですが、ハーブのいい香りだと思うのですが、私の鼻ではゾウキンのニオイに似ててあまり好きじゃなかったです

カモミールは美白にもいいらしいので、オイリーな肌の方で美白効果を求めている方にはよいかと思います

防腐剤を使わない化粧品の基礎 

October 15 [Sun], 2006, 1:12
このカテゴリでは手作りの化粧品を作るにあたって、注意やら基礎的なことについて話します

まず、私が一番気をつけていることはクサルということです

私は食べ物を使って化粧品をつくることもあります。例えば、お茶
お茶を自分の部屋にペットボトルとかの容器に入れたまま放置しておくとどうなりますか??
腐りますよね!!一週間もしたらきっとカビくらい生えているはずです。

つまり、手作りの化粧品は腐りやすいのです!

腐りやすいということは防腐剤などの肌にとって余計な薬が入ってないということなので、肌へのダメージも減らせるわけです。

でも・・・毎日毎日作ってなんていられないですよね??

そこで、いかに、肌へのダメージを減らし、長くもつ化粧品を作るかを紹介します

まず、化粧品などの触れる器具、容器などを消毒する
これは、作りたての状態でいかに菌を減らすかという作業になります。金属類であれば、沸煮消毒、プラスティックならエタノール消毒をしましょう

次に作った化粧品は冷蔵庫保管する
食べ物と同じ保存方法をすることにより、腐るのを遅らせます。

それでもだいたい1週間くらいしかもたないものもあります。

たくさん作ってしまって腐らせそう・・・と思ったら、小分けして冷凍保存し、使うときに自然解凍させるという方法もあります。

これまでは、防腐剤を全く使わない話

次回は自然の防腐剤を使う話をしたいと思います

ファンゴソープ 

October 15 [Sun], 2006, 0:27

マリーンファンゴクレイから作られた石鹸です

グリセリンソープにさまざまなクレイを混ぜることによりクレイソープができます。ShopへGO

今回作ったファンゴソープはシミなどに効くらしく、使い始めて2週間ほど経ちました。

ボディ用の石鹸として使っていますが、顔用にも使えるそうです。

見た目はあまりよくないですね・・・ においも結構きつくて最初はビビりましたが、慣れたらなんともないです。においが体に染み付くこともありません。

効果の方ですが、白くなっている感じはまだ見られないですが、すべすべにはなりました。あと、水はじきがめっちゃよくなった!!!

これは、今までの市販されているボディソープがいかに洗浄力が強く、肌を守るための皮脂や水分までも取り去ってしまっているかがよく分かるものになりました。

マジックソープ 

October 15 [Sun], 2006, 0:26

Dr.ブロナー社製のマジックソープとよばれているものです。たまたま近くの薬局がセールをしていて見つけてよさげだったので買いました。Shop

これ一本でクレンジング、洗顔、ボディソープ 全てOK だそうです。

私は今のところ、洗顔用に使っています。(クレンジングも込みかな?)

全成分を見たところ、全て植物性であり、安全度のかなり高いものだと思います。オイル中心につくられているので、こんなんで泡立つのか!?と疑問でしたが、かなり泡立ちもよかったです。(怪しいくらいに

使い心地はよいです。この写真のはベビーマイルドといって無香料のものですが、他にもエッセンシャルオイルが含まれているものもあります

効果というか、使ってみての感想は、次の日の肌の状態がかなりいいなと思いました。すべすべです

これに加えて、クレイパックをした日の次の日は何もつけず、過ごせるくらい調子がよいです

自分で作るのは面倒だし、怖いと言う方はこんな自然派ソープから始めてみたらどうでしょう??

ロゴナ ローズモイスチャー 

October 15 [Sun], 2006, 0:25

ロゴナというドイツの化粧品メーカーの製品です。ロゴナへGo!

まず、成分から
【配合成分】
水、カカオ脂、ステアリン酸グリセリル(SE)、アーモンド油、ホホバ種子油*、
ブドウ種子油、グリセリン、ミツロウ、ラノリン、ノバラ油*、香料(エッセンシャルオイル)、
バラエキス、トウキンセンカエキス*、オリーブ油*、トコフェロール、
キサンタンガム、クエン酸Na、クエン酸

ということで、ステアリン酸グリセリル(SE)という合成界面活性剤を使っているところが残念・・・と思いましたが、はっきりいって合成界面活性剤や合成ポリマーを使ってない乳液、クリームを探すのはかなり難しい!!
(合成界面活性剤や合成ポリマーについてはのちのち話します。)

簡単に言えば、合成界面活性剤は肌のバリアを壊し、合成ポリマーはその壊した肌にエセの水分を仕込む役割・・・って感じでしょうか。分かりにくくてすいません

で、使いごこちはローズの香りがいい!!!!
これは乾燥肌用なのでかなり保湿力が高く、Tゾーンに塗りすぎるとベットベトになります

毎日はつけていませんが、ちょっと今日は乾燥してるな・・・・と思ったときに付けています

使ってる化粧品は大丈夫!?? 

October 11 [Wed], 2006, 21:16
自分で調べて採点できる化粧品毒性判定事典

化粧品に含まれている成分の毒性を簡単にチェックできる優れた本です。

本当に辞書みたいで、どんな成分も載っている!!ところが驚きです。

チェックしてみると、意外にも『無添加』『オイルフリー』と謳っているメーカーでさえ、使用不可だったり!?

ちょっと高い本ですが、毒性が気になってる方はどうぞおためしください

肌が本当に必要としているものは何なのか、考えさせられます。

グリセリン 

October 11 [Wed], 2006, 21:00


グリセリン

手作り化粧水にはかかせない薬です。だいたい50mlで300円くらいでした。

もともとこれはあかぎれとかを治す薬だそうですが、保湿効果がとても高いので、化粧水に入れます。

ヤシ油とパーム油からできていて100%植物性なので安全性は高いと思います。
(100%植物性だからといって絶対安全!というのは間違いです!)

ただ、グリセリンは入れれば入れるほど保湿効果が高まるかと言うと、そうではないみたいです。
上限は全容量の10%以内ということで注意してください。それ以上入れると逆にグリセリンが肌から水分を奪ってしまうそうです

緑茶化粧水 

October 11 [Wed], 2006, 20:38

緑茶化粧水です

材料
・緑茶 30cc
・グリセリン 1.5cc
・ゼラチン 0.3g

作り方
1、緑茶10ccくらいとゼラチンを耐熱容器に入れ、電子レンジで10秒
2、ゼラチンがちゃんと溶けるように混ぜて、残りの緑茶を1に加える。
3、きれいに混ざったらグリセリンを加え、混ぜる

簡単でしょ!??

グリセリンについては詳しく記事を別で載せるのでそちらも合わせてみてねグリセリン

手作り化粧品のメリットとして自分の肌に合うものを作れるというところがあります

なのでこの分量で作ってみて、
もっとうるおいかほしいなら、グリセリンを増やしてみてください(ただし、全容量の10%以上入れるのは駄目です!!
また、ちょっ顔がとつっぱる感じがあれば、ゼラチンを減らしてみてください



最後に個人的な付け心地について・・・
・結構、茶くさい。(時間が経てば消えるが・・・)
・付けた瞬間はちょっと、つっぱるかな!?と感じても時間が経って顔に馴染むと結構しっとりします。