ラスクかんたんレシピ 

August 11 [Wed], 2010, 11:21
ある日の休日。

なんだかすごくサクサクのラスクが食べたい!

「ちょっと買いに行ってくる!」と言ったら残り物のフランスパンを渡されました。

「簡単だから作ってみたら?買いに行くより安上がりよ」

確かに外で買うと意外に高いよね・・・じゃあ作るか。ということでやってみました。


できたのはシュガーバター・チョコレート・ホワイトチョコレートのラスク

レシピはこちら↓
材料(15〜20枚分)
フランスパン1/2本 バター50グラム 砂糖適宜 チョコレート2枚 ホワイトチョコ2枚

【作り方】
まずフランスパンを7ミリほどにスライスしてお皿に乗せ、ラップをせずに冷蔵庫に20〜30分入れて乾燥させます。

このときに完全にカラカラにしておくとうまくできますよ。

【シュガーバター】
取り出したパンにバターを塗ってから砂糖をお好みでふりかけ、180℃のオーブンで12〜15分焼きます。

こんがりきつね色になったころが目安。

【チョコレート、ホワイトチョコ】
1、
 方法1 砕いたチョコレート(またはホワイトチョコ)をパンの上に置いてオーブントースターで1〜2分焼きます。

      チョコが溶けたら取り出してナイフで薄くのばします。

 方法2 湯せんで溶かしたチョコレート(またはホワイトチョコ)にパンをくぐらせるやり方も。

2、冷蔵庫で冷やします。

これだけでできちゃうんですよ!

フランスパンが残ったら作ってみてください♪

詳しい作り方と応用はこちら↓
http://allabout.co.jp/gm/gc/44661/
http://allabout.co.jp/gm/gc/5608/
http://www.mbga.jp/.pc/_recipe_item?recipe_id=311318
http://www.mbga.jp/.pc/_recipe_item?recipe_id=24190&q=%83%89%83X%83N&o=&i=9
http://cookpad.com/recipe/933212


注目記事
カキ氷でもなくアイスでもなく。台湾スイーツ雪花氷
ハンバーガー?いやドーナツ。
8割引チボリーナ
抹茶アイスクリームの由来

ランキングに参加してます
人気ブログランキングへ

ザッハトルテの甘い戦争 

August 10 [Tue], 2010, 11:55
洋菓子チョコレートケーキの王様はザッハトルテ(Sacher Torte)。


オーストリアはウィーン発祥のケーキで、1832年に料理人フランツ・ザッハーが考案したものです。

作ってたちまちウィーンの評判になり、あまりのおいしさにレシピは門外不出になりました。


ちなみに「ザッハトルテ」はドイツでの発音。

オーストリアではSの発音が濁らないので「サッハートルテ」または「サハトルテ」と言います。


チョコレートを混ぜて焼いたスポンジをさらにチョコレートでコーティングした、贅沢なこってりケーキはたまにとっても食べたくなりませんか?

ザッハトルテは現在ウィーンの5つ星ホテル「ホテル・ザッハー」が元祖を名乗っていますが、そこに至るまでになんやかんやと回り道があったのです。


ホテル・ザッハーは1876年開業以来ザッハトルテを専売していましたが、1930年代に大不況で財政難におちいり、ウィーンの有名菓子店「デメル」の援助を受けました。

このときザッハーの息子とデメルの娘が結婚したためレシピが外に漏れたようです。


二人が他界した後、同じくオリジナルをうたってザッハトルテを販売していたデメルとザッハーの間でどちらが元祖かをめぐって裁判が起きたのです。

この裁判は7年におよび、「甘い7年戦争」「甘い7年伝説」などと呼ばれることに。

最終的に「元祖」はザッハー側が勝ち取ったのですが、デメルもザッハトルテの販売権を得ました。


現在、2店は人気を二分しているそうです。


デメルは日本にも店舗があるので、わざわざ飛行機に乗らなくても本物が食べられますよ!


注目記事
カキ氷でもなくアイスでもなく。台湾スイーツ雪花氷
ハンバーガー?いやドーナツ。
8割引チボリーナ
抹茶アイスクリームの由来


ランキングに参加してます
人気ブログランキングへ

台湾スイーツ続報 

August 10 [Tue], 2010, 1:15
以前「カキ氷でもなくアイスでもなく。台湾スイーツ雪花氷」で「秋葉原の『雪花の郷』はどうなったの?」と書きましたが。

しばらく前に閉店したそうです。

情報提供ありがとうございました。

残念。


参考記事:カキ氷でもなくアイスでもなく。台湾スイーツ雪花氷

注目記事
カキ氷でもなくアイスでもなく。台湾スイーツ雪花氷
ハンバーガー?いやドーナツ。
8割引チボリーナ
抹茶アイスクリームの由来

ランキングに参加してます
人気ブログランキングへ

誰でもできるリンゴ味スコーンの作り方 

August 09 [Mon], 2010, 11:35
イギリスの洋菓子で代表的なものの一つはスコーン

半分に割ってクロテッドクリーム(バターと生クリームの間の濃厚な味だ)やバター、ジャムを塗って食べるものだ。

スコーンそのものに使っているバターも多いからカロリーはとんでもないことになるけれど、それでもこのおいしさはやめられない。


発祥はイングランドではなくスコットランドで、語源もスコットランドにあった「スクーン城」からだとか、土着言語のゲール語で「ひと口」を意味する「sgonn」からと言われている(オランダ語起源説もあり)。


作り方も難しくないので、たまに家で作る方もいるだろう。

プレーンもおいしいけれど、紅茶味リンゴ味もなかなか素敵だ。

しかしリンゴの皮むきがめんどうだったり、お菓子作り初心者だったりでなるべく手間をかけずに作りたい方も一定数いそうだなと思うので、やる気を出してもらえるように“簡単すぎるリンゴ味スコーンの作り方”をこっそり書いておく。


「リンゴの代わりにリンゴジャムを入れる」


これだけでおいしいリンゴ味スコーンができちゃうのだ。

ほのかなリンゴ味がよければジャムを少なめに、甘いのが好きなら多めに、ボウルを分けていくつか作ってみるのもいいかもしれない。

手間いらずで英国風ティータイムを楽しみたい。



注目記事
カキ氷でもなくアイスでもなく。台湾スイーツ雪花氷
ハンバーガー?いやドーナツ。
8割引チボリーナ
抹茶アイスクリームの由来



ランキングに参加してます
人気ブログランキングへ

梅菓子処「紅梅苑」おすすめお菓子 

August 06 [Fri], 2010, 12:02
東京都青梅市にある梅菓子処「紅梅苑」は、観光客が必ず立ち寄ると言ってもいい人気店だ。

喫茶店も併設されており、春先の梅が満開の時期には外にまで人があふれるほど混雑し、席につくのもひと苦労するほど。


ここのお店は梅の和菓子を主に扱っており、一番人気は梅型に焼き上げた「紅梅饅頭」だ。

皮はカステラ、中はこしあんなのだが、この紫色のこしあんがとてもすばらしく、甘さひかえめで舌の上でさらっと溶ける上品な味。

店舗の横に工場があり、そこでこだわりにこだわった砂糖を使って焼いたお菓子なのだから、おいしくないはずはない。

購入するなら「柚篭」とセットになっているものを選ぶべし。

こちらは二番目に人気の商品で、丸いひと口サイズの柚味のお菓子。

刻み込まれた蜜づけ柚の甘さとほろ苦さがおいしい。


どちらも一度は食べてみたい味だ。


注目記事
カキ氷でもなくアイスでもなく。台湾スイーツ雪花氷
ハンバーガー?いやドーナツ。
8割引チボリーナ
抹茶アイスクリームの由来



ランキングに参加してます
人気ブログランキングへ

カキ氷でもなくアイスでもなく。台湾スイーツ雪花氷 

August 05 [Thu], 2010, 15:28
洋菓子でも和菓子でもない、台湾発・夏のスイーツ「雪花氷(しぇーほぁぴん)」を食べたことはありますか?

アイスクリームとカキ氷を足して2で割ったような不思議な食感なんですよ・・・・・・


思い出せば数年前、旅行先の飛騨高山でお店が出ていたのが食べたきっかけ。

以来見かけるとついつい買ってしまうお気に入りスイーツになりました。


専用の機械で氷を削るのですが、器に盛られた様子は綿そっくりのやわらかいアイスといったところです。

口に入れるとふんわりと溶けて、クリーミーなカキ氷というか、冷たい綿アメというか・・・・・・

今までにない舌ざわりで、実際に食べてみれば分かるふわふわ軽いお菓子です。


カキ氷と同じようにシロップがけ。

マンゴー味だとマンゴーの甘酸っぱさと氷のミルク味がぴったりなのでクセになります☆

関西には「雪花(しぇーほぁ)の郷」という雪花氷販売店がありますが、関東はどうなんでしょう?

秋葉原に2006年に開店したはず・・・・・・なのにホームページの店舗情報に載ってない!!

これは一度秋葉原で確認する必要がありそうです。

もしなかったら?今までどおり、お祭りの出店を待つしかないですね。

http://ascii.jp/elem/000/000/355/355383/

注目記事
ハンバーガー?いやドーナツ。
8割引チボリーナ
抹茶アイスクリームの由来


ランキングに参加してます
人気ブログランキングへ

ハンバーガー?いやドーナツ。 

August 04 [Wed], 2010, 11:40
ドーナツだけどハンバーガーってどういうこと??

ミスタードーナツとかドーナツ店は駅前を含めあちこちにあるから、、洋菓子の中でもドーナツって老いも若きも誰も彼もが「ちょっと行ってくる」ときわめてラフな感覚で食べられるお菓子だよね。

気楽さランキングではぶっちぎり1位というか、他の追随を許さないというか、「不動」という言葉こそ似つかわしいというか・・・・・・

そこに目をつけたらしく、西日本ハンバーガー協会(NHK)が、大阪のホテル「ラマダホテル大阪」と手を組んで新しいスイーツを開発したらしい。

協会名を見れば予想はつくけど、その名も「ドーナツバーガー」。

普通のバンズ(ハンバーガーに使ってるパンね)の代わりにドーナツを使って、板チョコ、ゼリー、フルーツで構成しているらしい。
本物のハンバーガーみたいなざっくり感もきっちり再現してあるそうです。

見た目に思ったほど違和感がないのはなんでだろうとしばらく考えていたけど、ああそうかベーグルサンドに似てるからだ。

ドーナツバーガーの味はイチゴ、マンゴー、抹茶、ベリーの計4種で1個300円。
購入するなら4個セットがよさそう。専用ケース(おそらく女の子が好きそうなデザインと思われる)がついてくるんだそうな。

発売期間は8月3日から9月2日までだから、興味を持ったら忘れないうちに買いましょう。

8月7日には「ラマダホテル大阪」の夏祭りイベントでもブースが登場するらしい。行ってみたいけど行けないよ・・・・・・

関東では売らないのかな。

http://news.walkerplus.com/2010/0803/22/


注目記事
カキ氷でもなくアイスでもなく。台湾スイーツ雪花氷
8割引チボリーナ
抹茶アイスクリームの由来
2010年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31