幼稚園バッグをはじめとし、手提げバッグや上履き袋、体操着袋など、入園までに用意しておくものは沢山あります。 また、サイズが指定されている物もありますので、入園案内はしっかりと目を通してくださいね。 既製品を購入すれば済む物もありますが、幼稚園バッグは手作りの物を指定される場合も少なくないようです。 裁縫や手芸が得意なママなら、簡単にお手製バッグを作れますが、裁縫が苦手なママにとっては悩みのタネかもしれませんね。 当サイトでは、手作りの幼稚園バッグを入手する方法や、ちょっとしたアドバイスを紹介しています。

幼稚園バッグにひと工夫

幼稚園バッグを作るとき、最後の仕上げに目印を付けてあげるといいですよ。幼稚園バックには、お子さんが自分の物だとわかるように、ハッキリとわかりやすい目印を付けてあげましょうね。

お子さんが大好きなキャラクターのワッペンなどを付けてあげると、とっても喜んでくれますよ。そのワッペンが自分の持ち物の目印となるように、幼稚園バックだけでなく上履きやコップ入れ、体操服などにも付けてあげると、他のお友達のものと間違えることがないので、これは是非おススメですよ。

それと、幼稚園バックを作るときは、なるべく丈夫な生地を使って作ることが大切なポイントです。なぜなら、子供たちは幼稚園バックを案外乱暴に扱いますので、すぐに切れたり破れたりしてしまうのです。

厚手の生地で作れれば、丈夫で長持ちしていいのですが、あまり厚過ぎる生地だとミシンではなかなか縫いづらいものです。ですから、幼稚園バックに裏生地をつけたりして補強するのがいいと思います。

さらに、幼稚園バックの外側にはポケットをつけてあげるのもオススメです。幼稚園では、何かと細々とした荷物も多いので、ちょっとしたものを入れられるポケットが付いていると便利ですし、可愛いアクセントにもなりますよね。
 

手作り幼稚園バッグを手に入れる方法

幼稚園バックを「チャレンジしたけど、どうしても作れない・・・」、「作ってみたけど、上手くできなかった」、「ハンドメイドは、ちょっと苦手」というママさんもいるでしょう。そんなママのために、手作りの幼稚園バックを手に入れる方法をこっそり教えてあげましょう。

ひとつは、手作りのオーダーバッグ等を販売しているインターネット通販ショップを利用するという方法があります。こういったショップでは、サイズと生地を選べば幼稚園で指定されているとおりのバックを作ってもらえるのです。ショップによっては、刺繍を入れてもらえたりしますし、生地の種類も豊富なのでキャラクターものの生地などもたくさん揃っていますよ。幼稚園バックだけでなく、「上履き入れ」や「コップ入れ」なども同じ生地で注文することができるので、とっても便利です。

レッスンバッグ手づくりオーダー(コットンcafe サンカクヤ楽天市場店 )

もうひとつの方法は、家の近くにある手芸屋さんや、生地屋さんでオーダーメイドの幼稚園バックを頼む方法です。入園前のシーズンになると、お店によっては「幼稚園バック作ります!」などといったポスターを見かけることがあります。お店に行って、指定の大きさなどを伝えれば、材料費+制作費で幼稚園バックを作ってもらえますよ。これなら、お裁縫が苦手なママでも大丈夫ですね。

頑張ったけれど、どうしても上手く出来なかったという場合は、お子さんの気に入った柄の生地を一緒に選んで、素敵なデザインの幼稚園バックを作ってもらってくださいね。
 

幼稚園バッグは手作りで!

幼稚園バックは入園するときに必ず用意しなければならない物の一つですが、それぞれの幼稚園によってバックの大きさが決まっていたり、「幼稚園バックは手作りでお願いします」などといった指定があることも少なくないようです。お裁縫が得意なママであれば「幼稚園バックを作ることくらい簡単!」と思うかもしれませんが、一方お裁縫の苦手なママにとっては、かなり大問題ですよね。

また、バックだけでなく「上履き入れ」や「コップ入れ」、「ランチマット」までも、手作りの指定がある幼稚園もあると聞いています。ましてや、子供が2人も3人もいるママは、目が回りそうですよね。いずれにしても、手作りで用意しなければいけないということであれば、もう覚悟を決めるしかありませんね。ここはひとつ、可愛いお子さんのために心を込めてバッグを作ってみようじゃありませんか。

幼稚園バックの作り方であれば、裁縫の得意なママにアドバイスしてもらうという方法もありますが、本屋さんに行けばハンドメイド本はたくさん販売されています。裁縫初心者ママ向けから、上級者向けの裏生地が付いた幼稚園バックの作り方まで、色々な種類のバックが載っています。お裁縫が苦手なママでもミシンがあれば簡単に幼稚園バックを作ることができますし、ママの手作りなら、これから幼稚園に行くお子さんも喜んでくれるでしょうね。

例えシンプルなデザインの幼稚園バッグであってもいいのです。ママの愛情がたっぷり込められた、世界でたったひとつのオリジナルを作ってみませんか。