イン・ザ・プール 奥田英朗

August 31 [Tue], 2004, 9:20
伊良部総合病院の精神科医・伊良部一郎。
医者とはおもえぬいい加減な診察法で、患者を治療していく。
太った風貌や、おかしな行動がリアルに目に浮かぶので何度も大笑いしてしまう。
「精神の病」という現代病を前にして、この飄々とした医者の間抜けさとの絡みがとても絶妙でうまい。
5つの読み切り短編だが、編を増すごとに伊良部の個性がよりリアルに形を成し余計に笑えた。
この本は「精神的な笑い」を私にくれた。
こういう癒され方もあるんだなぁと、つくづく感じた本だった。
(文芸春秋)★★★★☆                                 
  • URL:http://yaplog.jp/you_1102/archive/17
2004年08月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31