音のお話。 

2007年06月16日(土) 0時00分
気付けば今年も折り返して6月半ば。
時間というのは非常なモノで、楽しい時は一瞬で、苦しい時は1秒1秒をご丁寧にゆっくりと刻んでくれる。チックタックチックタックチックタック・・・・。

最近ですね・・・
遂に、i-podに手を出した。お金ないくせに、こんな高額なモノを買ってしまうから、勿論の事、給料日前にスッカラカン。そんな悪循環を半年前と変わらず続ける毎日。

それに加えて
チョット良いヘッドフォンもゲット。カナル型って言うんですか??何となくちょっとエロチックな名前のヘッドフォン。これね、さすがに高いだけあって、周囲の音は何も聞こえません。そしてアーティストが耳元30pで歌ってくれるかのような音響効果。素晴らしい。
でも、周囲の音が全く聞こえないというのは、かなりのリスクが生じるということを忘れてはいけないのだ。自転車に乗ってたら、車の音は聞こえないし、電車の中で、ボソっと言った独り言が、実は意外に大きかったり、隠れて出す屁の音も細心の注意を払わなくてはいけない。御尻の調節。

車に轢かれそうになったり、すれ違う人々に軽くひかれたり。何かと危ない代物。
良いモノには、それなりの代償がある。値段とは別にね。

春を待つ。 

2007年01月23日(火) 0時00分
今年の冬は暖かいって言われても、寒いものは寒い

バーゲンという貧乏人の欲求をここぞとばかりに刺激する商法に、まんまと引っかかり
僕の懐も寒い

一度も違反することなく、免許書の1回目の更新を迎え、この2時間の講習はパーペードライバーの僕には必要なものなのかと真剣に思い、渡された免許証の自分は昔より、白く貧弱に写っていた
きっとその日が寒かったからに違いない

寒い、寒いと愚痴を言っていても何も解決されること無く
一刻と、そして淡々と迫りくる運命の日に焦りを感じ、とりあえずは毎日早く起きる努力をはじめた


とはいえ、別にマイナス思考に押しつぶされることなく、毎日をしっかり楽しくやっています
視点さえ変えれば結構うまいこといくもんだと、24歳になってようやく理解した

さて明日も張り切って行くかな

それにしても・・・
僕の部屋に貼ってあるカレンダーはとっても見にくい
しかし、視点を変えるとこれほどまでに暖かいカレンダーは無い

かじかむ心。 

2006年12月05日(火) 0時00分
訳もなくギターを思いっ切り掻き鳴らしたい今日この頃。
しかし、僕はギターを弾ける訳もない。例え持っていたとしても、きっと弾かないような気がする。

そう、僕は極度の飽き性なのだ。
そんな僕がキャンプの後半を書く訳もない。


『ブルーな帽子』

出会ってしまった。素敵なDVD。
見ると凄く興奮して眠れなくなる代物。
そうは言っても、ピンク色の濃いアッチ方面のではないです。シャッチョサン、スケベェ。
タワーレコードをフラフラを徘徊している時に、何やら映像が流れている。なになにっと、ジックリ凝視してみると、ビビビッっと、僕の左脳を刺激するではありませんか!!

おっと、ご無沙汰ですね、この感覚。お久しぶりです!
勿論の事、レジへダッシュ。レジ前にあった、ガチ○ピンのストラップもいつの間にか、黄色の袋の中に。

家に帰って、早速鑑賞。うむ、間違いない。至福の90分。名作の誕生。

興奮を同時に、こんなん演奏したいなぁって思ってしまう、この衝動。でも、もう僕にはそんな事が出来る環境はない。演奏したいなって思ったら、何となくでも実現してしまう、去年までの3年間は、もう過去の話。そう思うと、なんて素敵な大学生活だったんだろうって、しみじみ感じてしまう。

そんなちょっと寂しいことを思ってしまう、この冬空。去年よりクリスマスのネオンが眩しく見えるのは、きっと繁華街で働くようになったって事だけじゃないだろう。寒さが人を感傷的にする。

理由無きドライバー。 

2006年11月20日(月) 3時32分
区別したってどうでも良いことって沢山あるよね。
どっちがマナでどっちがカナが見分けれたって僕の日常は何も変わることはない。
そんな事をついつい考えてしまう、冬の1日。


ペーパードライバー
家に車がないし、無くたって生活に支障が出ることは殆ど無い。
だから、僕が運転する機会は数ヶ月に1回有るか無いか。
そんな僕に恐ろしい提案があった。

「奈良キャンプの時に運転してくれません?」
何故僕なのか?って考えてみると答えは単純明快。
参加メンバーで運転できる人(正確には免許を持っている人)は2人。
僕ともう1人。
そしてもう1人は、免許とりたての若葉マーク。
つまりは、僕は立派な第一運転者なのだ。

色々、僕が運転しなくて良い方法を錯誤してみたが、無理な話ようで。
仕方なく、地元の友達に連絡をとって事前に運転練習を1回。
その友達は別れ際に
「頑張れよ!!」と
笑いながら送り出してくれた。
しかしながら一言も
「大丈夫やん」的なコメントが無かったのが気になったが・・・。

そしてもう1つの重要項目。
「明らかなる視力の低下」
これをクリアするために
それにプラス(結構コッチ重視)
イメージチェンジのために必要なもの。
「おしゃれ眼鏡」
これを買った。
ただ、買ったお店の視力検査をしてくれるオジサンが「真っ黒な被り物」をしていたのが気になって・・・。
良く見えるようになったら、さらに気になって・・・。
チラチラ見すぎたかなぁ?見てること気付かれたかなぁ?

まっ、そんなアクシデント?も乗り越えて
準備は完璧!!後は当日に備えるだけ!!

さぁ、果たして僕達5人は無事に吉野に行けたのか?

(後半に続く)
2007年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像行員
» 音のお話。 (2007年06月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yota1
読者になる
Yapme!一覧
読者になる