くりくり眼

November 27 [Sun], 2016, 20:30

まあるい まあるい まあるい

おひげ仕上げてできあがり。

今ご注文いただいている
ねるねこ作品。

今年いっぱいには
お届けできるように
つくってます。

紙刺繍で気付いたことがありました。

この紙。

ペーパードリップの
ペーパーフィルターの質感!(紙質)

無意識にネルにつづき、
ペーパーも珈琲まわりのものを選んでいました。
少しの凹凸が毛並みのようになるのです。

どうりで馴染みのある紙です。
毎日触っていた紙質。

なんとなく次の展示へのテーマ、
キーワードに近付いてきているのかな。

珈琲と猫。糸と猫。こねるいと。

粘土オブジェは、
去年製作した「おせち」のサンプルを
お手頃価格にして納品の予定です。

とても自分でもお気に入りの箱オブジェです。

福島の猫の譲渡会 顔見世

November 21 [Mon], 2016, 16:30

福島の猫の力に
僅かでもなりたくて
探してる
できること。

応援!!

23日は浅草に
本当の家族と出逢うために
福島から猫たちが
「会いにきてにゃー」
です!



珈琲もおいしいですよー。


22ねるねこ

November 11 [Fri], 2016, 15:15


ちいさなスペースでの展覧会後も
少うしずつ「オーダーねるねこ」の
ご注文いただいております。

今ご注文をいただいているねるねこは
12月中旬までに完成を予定しております。

ねるねこInstagram
こちらも更新してます。
どうぞ ご覧くださいね。
instagram nerunoneko
http://instagram.com/nerunoneko

※なぜだろう?blogへ画像が載せられなくなっております
別ルートから画像をアップできました。ほ。

「ツリーハウスのねるねこ」あと2日と30分

October 29 [Sat], 2016, 19:30

このちっちゃいちっちゃい展覧会の1ヶ月の間に

紙刺繍はこんなに表情豊かに
つくれるようになりました。

これっくらいだった初日のねるねこは


このようにあふれんばかりとなりました。

不思議なことに飾り付けや
オーダーをいただき完成したものを納品しにいくと
たまたまいらした作家さんやお客様に
ねこすきですか?との問いに
うちにいますよー、とか、保護猫を迎えました、
って毎回ねこ話する時間を過ごすことができました。

そして、うれしいことにその逆もありました。
「こういうお店へ来るのはじめてなんです」
って。
猫と暮らす方が、
ねるねこをご注文してくださった方が、
お店へ訪れてくださったこと。

そして手芸を刺繍をずっと本格的に製作されている
作家さんにもお話し聞いていただけました。

ねこのこと、ほごねこのこと、ししゅうのこと、

きちんと聞いてくださったのがうれしくて。
話をする場になったこと。

やってみなければ、わからなかった。
そんなことばかり。

泣き言からはじまった展示は、
規模はちいさくても、
どんな展示より愛情たっぷりにするんだ!と
一日一日を過ごしました。

延期があるかもとお知らせしましたが、
11/1には次の作家さんへ
バトンタッチすることになりました。

10/31 20時で「ツリーハウスのねるねこ」展
終わります。
ずっとお世話になっている96番の箱へ
これから製作するこたちの豆パネルや
"うちのこオーダー承ります"はつづきます。

自分だけのかたちで、
それぞれが世界一かわいくなるように。
粘土オブジェとの共演もやっととりかかれるかな。

あと2日と30分になりました。
何卒よろしくお願いいたします。

粘土オブジェ/猫刺繍 作家
ヨスガラユウギ ポヲでした。

ねるねこオーダー はじまり

October 04 [Tue], 2016, 14:22

西荻窪ニヒル牛のお店へ入ってすぐの
真っ正面にあるツリーハウス
その月変わりのちいさいスペース。

ねるにねこを描いた猫刺繍ねるねこ。
並びました。

飾りました。
モデルになってくださった、
オーダーのご注文してくださったねこたち。
あちこちであそんでます。

全てオーダーでつくらせていただいたものなので
現在お買い物していただける作品が
納品できておりません。
来週には追加できたらと思ってます。

1日中ねこやどうぶつの話をできた日でした。
愛猫との思い出や今暮らしている猫のこと。
話したり聞いたり、けらけらと笑ったり
真面目にお話ししたりできました。

間違えてしまうことがないように、
値札を仮でつけてありますが、
ぴらぴらしてます。
撮影向きではないので、
こちらも次回直します。

場所と作家名とオリジナル作品の展示であることを
きちんと明記してくだされば、
撮影もOKですが、他のお客様へのご配慮をおねがいいたします。

そして、あらたなオーダーのご注文もお待ちしてますので
お気軽にメール、メッセージ、instagram DMにて
ご連絡ご相談くださいね。

画像を送っていただき、プロフィールやアピール
うちのこエピソードうちのこ愛など。

instagramページでもギャラリーとして、
ご紹介をさせていただきます。
掲載されるのははずかしいから、いやですと
いうかたへは、載せずに、
ギャラリーへ納品して、お買い上げいただくという形でも大丈夫です。

刺繍が完成しましたら、画像をお送りしてご確認いただきます。
ほんの少しだけ、でしたら色の追加や修正もかの時点で
一度だけお受けいたします。

そして綿をつめてぷっくりした
ちいさな豆どら焼きのように仕立てます。
選んでいただいた、ブローチ、ハトメ、お好みの金具で仕立てます。

そして、撮影してinstagramギャラリーへ掲載させていただきます。
スライドショーにしていろんな表情を。

そしてニヒル牛さんへ
ツリーハウスのバードハウス箱へ納品。
となります。

遠方の方は郵送でのお渡しもお受けいたします。

またこのままつぎの ねるねこ のことを
考えながら、
次に並んでくださってる猫を名前を呼びながら
ネルに糸でどうぶつへのいきものへの気持ち伝わせて。

箱はこれからどんどん変化します。

猫作品をつくるときに聴いている音楽や
教科書にしている大寺な本も紹介したいです。
そのコーナーも普段お世話になっている箱へ
つくれたらいいなと。

あとは、それから、とまだまだつきません。

かくかくしかじか〜
それでもって、それでもって〜

とまらないので、

10月いっぱい、どうぞよろしくお願いいたします。

2016年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヨスガラユウギ ポヲ
読者になる
 春の日うまれ/魚座/B型

 西荻「ニヒル牛」箱No.92
でのみ作品を取扱っていただいています。

2000.12〜
  粘土制作開始

2004.11
猫の額で猫作品の個展

2005.10/1〜31
猫の額の「黒猫展」に参加

2005.12.16〜21
西荻ニヒル牛2でカフェ個展

2006.4〜10月
西荻ニヒル牛2ギャラリー
での企画展にいろいろ参加

2006.6/16〜6/30
西荻ギャラリーMADOの
「ポケットアート展」参加

2006.10
西荻ムーランギャラリーで3人展
mahao+++powo+++jelly fish breed.

2007.7/6〜7/18
ニヒル牛2ギャラリーで個展
「夜すがら遊戯園」

2007.10/28〜11/4
茶房高円寺書林で個展
「ネンドノホンダナ」

2008.5/23〜6/4
ニヒル牛2ギャラリーで個展
「お砂糖と卵白と銀のトレイ」

2009.4/27〜5/10
銀座の月光荘画材店
入り口の月光荘小画箱
のショウケース展示
ねんどのぶんぼうぐ「ネンドウグ」

2009.12/25〜2010.1/13
ニヒル牛2ギャラリーで個展
「粘土仕掛けの押し入れの城」
 ネンドジカケノオシイレノシロ

2010.8/1〜8/8
茶房高円寺書林の企画展の
「わたしのちいさいおうち展」参加

2011.12/22〜12/23
nagaya shop mitta
(mini mini mitta)
合同展示会「思案の森」

↑以上 終了いたしました。

書籍にまつわる粘土制作

『ティム・バートンの不思議な世界』(洋泉社)
『図説 密室ミステリの迷宮』(洋泉社)
表紙の人形などを制作、
あちこちに掲載していただきました。

2014  発売中 
『完全版 密室ミステリの迷宮』(洋泉社)

2010年の増補改訂版となります。
名作推理小説のあの風景を新たに制作しました。
表紙や裏表紙などに掲載していただいてます。

初めて挑戦した粘土のジオラマ!
ぜひ見ていただきたいです。
http://yaplog.jp/yosugarayuugi/index1_0.rdf
P R
月別アーカイブ