秋色、ふわふわツーリング♪

October 17 [Sun], 2010, 22:19
今日は丸1日のお休みで。
マイミクのアツカさんとツーリングへ行ってきました
行き先は春のツーリングのときから秋になったら行きたいねって言ってた曽爾高原。
奈良県なんだけど三重との県境にあって、ススキが有名なのです。
わたしは何度か行ったことがあるんだけど、3年前に行って以来久しぶりで。
それにアツカさんがオススメの滝とラーメン屋さんを加えて、素敵なツーリングコースの出来上がり
高速を使わずにのんびりと秋を感じたツーリングのスタートです☆

待ち合わせは道の駅かなんで。
2人とも約束の9時半前に到着…優秀です
最初に向かった滝は、アツカさんが行ったことがあるので前を走ってもらって…後ろって楽だなぁ〜(*´∀`*)
国道309→国道169とスイスイ走り抜け。
蜻蛉(せいれい)の滝に到着〜

「わたし、ここから見るのが好きなんですよ〜



…というアツカさんオススメの場所から。
そしてこの下はどうなってるかというと…

 

ダイナミックに水しぶきをあげております。
天気がよければ滝に虹がかかるらしいんだけど、この時点での天気は残念ながら曇りでした
存分に滝を楽しんだ後は、お昼ごはん
開店が11時半だということをあらかじめ調べてたので、ちょうどいい時間かなぁと思って行ったら、もう営業してた!
テーブルは3つしかない小さなお店なので外でしゃべりながら少し待って。
わたしもアツカさんも丼も食べたかったので、ラーメンは小さいサイズで。

「お待たせしました〜



先に丼がやってきました
わたしが注文したトリ丼と、アツカさんが注文したマグロ丼。
トリ丼、めっちゃ美味しいんですけど〜



ラーメンは優しい味の塩ラーメン。
なんだろうな〜、バランスがとってもいいの。
お店のおじちゃんとおばちゃんも優しくてマイペースで、また行きたいな〜。
これは連れてきてもらわないと、場所がわかりにくすぎる

http://r.tabelog.com/nara/A2905/A290501/29003821/

よくこんな場所にあるなぁ…というところにあるお店。
気になる方はどうぞ〜
ただし、12時過ぎたら待ってるお客さんがいっぱいいたよ
そして、待ってるお客さんの中からバイクで走りだすわたしとアツカさん…ものすっごく視線を感じました…
ここからはわたしが前を走って、国道370→国道166→県道218→国道369→県道81で曽爾高原に到着



ススキ



ススキ〜
焼き餅を片手に、テンションが上がるわたしたち(笑)



ふっかふか〜

 

風に揺れてるところも素敵。
やっと見えた青空をバックに。
山に登ってる人もいたけれど、わたしたちにそんな気はサラサラなく
存分に秋の光景を楽しんだのでした

そして曽爾高原ファームガーデンに立ち寄って。
恒例のアレを食べました



これ、何ソフトでしょう?
答えは「ヤーコンソフト」
ヤーコンって…何?(・△・)?
見た目は、サツマイモとサトイモの間くらい←実物を見た

>塊根は貯蔵栄養素としてデンプンではなくフラクトオリゴ糖を大量に蓄積しており、生で食べるとかすかにポリフェノールに起因する渋みを感じるものの、甘くしゃきしゃきした、ナシの果実に近い食感を持つ。そのため生食もされるが、炒める、煮るなどの加熱調理もされる。(Wikipediaより)

爽やかな甘さのソフトで、美味しかったです

…さて、帰るか
西に向かって帰るので夕日が眩しかったけど。
吉野川にかかる橋にちょうど電車が差しかかり、逆光でそのシルエットが浮かび上がって。
それが本当に本当に素敵で…
シャッターチャンスだったけど、残念ながら交通量の多い国道を運転中

「さっきの、すっごくいい感じでしたよね〜」「ね〜

信号待ちで、わたしが思ってたことを話しかけてきてくれたアツカさん。
こうやって素敵な景色、美味しい食べ物、走ってるときのワクワク感、バイクとの距離感…同じ感覚で共有できる人とのツーリングは本当に楽しいと思う。
誰かと走るということをあまり求めないわたしだけど、楽しいなって心から思える。

帰りも順調にスイスイと進み、再び道の駅かなんに帰ってきて解散式←アツカさん風(笑)
まぁ、今回もとても楽しかったということで(*・∀・*)エヘッ
また暖かくなったら(すなわち来年だ)、ツーリングしましょう
寒い間は、ドライブということで…運転は任せた!

さぁて、来週の日曜日は和歌山でのレミオロメンのライブ。
そしてこのわたしが、和歌山まで行ってライブだけで終わるわけがありません(笑)
さぁて、どこを走ろうかなぁ〜
ライブまで全力で楽しみたいので、晴れますように

ではでは、今日はこのへんで

明日はツーリング。

October 16 [Sat], 2010, 17:02
今日はバイトだったんだけど、とても暇で。

「よっしぃー、もうあがる?」

…と店長に言われ、サッサと帰ってきました
天気もいいし、これからどこかへ走りに行こうかなぁとも思ったんだけど、明日はツーリングだしね。
久しぶりにおやつを食べる時間に家にいられるので、帰りにミスドを買って帰って。
お昼ごはんを食べてから、i Podで音楽を聴きながらバイクを洗う。
明日が楽しみだな〜



この写真も夏に長野へ行った時のもの。
正確には、山梨県と長野県の県境付近で、山梨県の野辺山駅付近。
長野が恋しいなぁ…
まだ冬の足音は聞こえてこないので、今のうちにたくさん出かけなきゃね

久しぶりに。

October 14 [Thu], 2010, 2:19
本当に久しぶりに更新。
mixiではちゃんと書いてるんだけどなぁ。
たぶん、ここは写真を乗せるのが面倒だからだ
たまにはこっちも更新するようにしよう。



夏に長野へツーリングへ行ったときの写真。
やっぱり長野は大好き。
きっと来年も行くだろうな。
さて、次の日曜日はツーリング。
秋を感じてこようと思います

街はキラキラ、冬仕様。

December 13 [Sun], 2009, 13:32
8日の火曜日の夜はルミナリエへ行ってきました…バイクで
寒かった〜
厚着してたけど、高速はやっぱ寒い

神戸に着いたのは19時頃かなぁ?
夜ご飯を食べて、のんびりと会場へ。
今まで何度も来てるので、点灯の瞬間とかはもういいや(笑)
とりあえず、素敵な光景を見られたらいいなってわけで。



到着
すっごくキレイだぁ
…で、一緒に行ったまきんこちゃんとルミナリエ宝くじに挑戦。
2人で1000円分買ってみたものの、当たったのは200円
何年か前、1000円分で3200円当たったんだけど、そんな簡単には当たらないものだ
今年も100円募金させてもらいました。
来年もこの素敵な光景が見られますようにという気持ちをこめて。



この光のアーチの下をくぐるのに、ものすごい行列ができてるんだけど…それもいいや



少し離れたところから、もう1枚。

…ルミナリエって阪神淡路大震災があった年からなんだよね。
そんなことが、ふと頭をよぎる。
大阪で体験したわたし。
初めて地震を怖いと感じた瞬間。
忘れられない、忘れちゃいけない瞬間。

…とまぁ、堅苦しいことはこのへんにしておいて。
とにかくとてもキレイでした
来年もまた行きたいな〜
来年は彼氏とですか…まきんこちゃん?(笑)

ルミナリエをさっくり楽しんだ後は、わたしがどうしても行ってみたかった場所へ。
神戸へ来る機会があったら、行きたいと思ってた場所。
ここまで来たんだから、行っちゃいましょう
大雑把な場所は頭に入れてきたので、その記憶と直感を頼りにバイクを走らせる。
そして…



夜景がとってもキレイな「ポーアイしおさい公園」
雑誌でチラッと見て、やっと来たぞ



思わずもう1枚。
ケータイくらいだとわからないかもしれないけど、どうしても少しブレてしまうのが残念
かなりの枚数を撮ったんだけど、寒くなってきたので適当なところで終了。
いい場所見つけちゃったなぁ

ではではっ

秋を探しに、出かけよう。

October 14 [Wed], 2009, 23:21
さて、この前のツーリングの話。

October 11th(Sun.)
朝からガッツリ遠出をするつもりが、朝ごはんを食べて睡魔に襲われる(笑)
飲み会、ライブ、その他もろもろ…睡眠不足が続いてたので、この状態の運転は危険と判断して、寝る(笑)
で、13時過ぎに出発。
目的地は和歌山、本当はあらぎ島という棚田へ行きたかったんだけど、たぶん稲刈りは終わってる。
なので、生石高原のみを高速を使って目指す、ゆるーいツーリング…のはずだった。



実はバイクでは初めての阪和道。
…というのも、車の免許を取るときに、高速教習では走ったことがあるのです…何年前だ
最初に立ち寄った岸和田SAで、なんとWが止まってて、わたしもちゃかり隣に止めてみた
手前がわたしのバイク。
どんな人が乗ってるのかなぁ?って興味があったんだけど(おじさん率高し!)わたしが休憩してる間にはわからなくて。
出発しようと思って跨ったら、持ち主らしきおじさんが。
もう少し早かったら、おしゃべりできたのになぁ〜と思いつつ(わたし、メットも被ってたから)出発。
途中でわたしはそのWに抜かれたんだけど、追い抜きざまに手を挙げてくれたよ

そして、紀ノ川SAにもせっかくなので立ち寄ってみる。




さすが和歌山、みかんソフト。
ソフトクリームというより、シャーベットに少し近いかな?
おいしいんだけど、何回巻いてあるんだよっていうくらい大きいので、食べるのに苦労した



秋晴れの下で食べると美味しさアップ
海南東で高速を下りて、国道370号線、県道180号線と進んでいくんだけど…
まず、最初の国道が狭い。
不安になる上、さらにわたしの進行方向には「高野龍神スカイライン→」と看板が…いやいや、今日はそんな気分じゃないですからっ
さらに県道180号線、侮ってました。

こんなの、畦道だろーっ

…と叫びたくなるような細い道、これは本当に県道か?
でも、まっすぐしか来てないしなぁ
…ちゃんと道は合ってました。



道端のコスモスに癒されたのも束の間…



わたし、これからあの道を走るんだよね( ̄ロ ̄lll)
走ってるとき、すっごく不安だった〜
だいたいさ、そんな心構えで今日は来てないんだよ〜
なんだか薄暗いしさ、細いしさ、ずっと登ってるしさ、左側は崖だしさ、ポールとポールの間は思いのほか広いしさ
もっと頑丈なガードレールをつけてくれよ

「新しく安全な道を作っております」

途中の工事箇所の看板に書かれてあったけど、早く作ってほしい
これで道、違ってたらどうしよう…とか、絶景じゃなかったら苦労が報われないなぁとか、帰りは違う道を通ろうとか(笑)いろいろ考えながら走って。
184号線に入り、少し走って無事に到着



ススキだぁ〜(≧∇≦)
わぁぁぁぁいヾ(*´∀`*)ノ
すっかりはしゃいでます
行きの苦労は、もう忘れた(笑)





なんだかフカフカしてて、かわいらしい。
しかし、さすが高原、けっこう寒い。
ひとたび風が吹くと…



おもいっきりざわめいてます
でも、それもキレイなんだけどね。
さぁて、遅くなったら嫌だし帰ろう…と思ったら。



わおΣ(゚△゚ノ)ノ
崖の上に人がいた…しかも、なまらいいポーズじゃんよ(笑)
わたしも登ってみたかったなぁ…でも、帰る(-∀-)
来た道と違う道を通ってやるぞって決めてたのに、ツーリングマップルで調べたら、「狭路多し!」「道幅狭く急斜面」とかばっかり…
素直に来た道を引き返すことに。
ただ、目の前に車がいて、しかもわたしと同じ和泉ナンバー、よしよし運命共同体(σ・∀・)σ
帰りはとっても早くて楽チンでした
…にしても、けっこう寒い。
楽しくツーリングできる時期も、あと少しなのかもしれないな。
今回は往復170km足らずだけど、気分的に疲れました(笑)

さぁて、来週はドコ行こう?
ではではっ

チキンタツタ!

October 06 [Tue], 2009, 21:49
やっと食べました
やっぱ美味しいね〜
グラコロとか月見バーガーみたいに、1年のうちこの時期だけ、って限定でもいいから復活して欲しい。
確か15日までだったかな?
もう1回くらい食べちゃいそうだ(笑)

・・・にしてもマクドナルドを「マクド」というのは関西圏だけなんだろうか?

あー…雨が続いてる。
そういえば、日曜日の夜は友達を後ろに乗せてフラリとバイクで走ってきた。



天保山の観覧車。
遠くからも1枚。



21時前頃から少しの時間だけ、いろんな色のライトが点灯したので、ほんのり青みがかってます。
また行こーっと

さてと。

October 03 [Sat], 2009, 16:04
すっかり滞ってたブログの更新。
mixiもやってるからなぁ、あと旅行専用ブログもあるし

えっと、去年の秋の宮崎&熊本以降、いろんなとこへ行った。

城崎温泉、函館、札幌&小樽、知床、白川郷&飛騨高山、島根、蒜山高原、長野…

泊りがけでこれだけ、日帰りを含めたら、香川や岡山、京都、奈良、神戸。
そりゃ書くのは追いつかないや。
そしてご当地キティも追いつかなーい(*´д`*)

日々のつぶやきブログに変更しよっかなぁ…
ブログになる前のフォトダイアリーがブログに仕様変更したものなので、自分のなかで明確な位置づけができてないんだよな
まぁ、のんびりやっていこ

宮崎&熊本の旅、最終夜。

October 03 [Sat], 2009, 15:52
あー・・・すっかり放ったらかしにしてました(;´Д`)
仕上げちゃいます、旅日記。

10月27日(月)
朝起きると、体がだるかった。
ベッドの上でゴロゴロと転がるわたし。
朝食は・・・朝早くから行動したかったから、1番早い7時半にしてたんだった

「よっしぃー、大丈夫?
朝食の時間、遅くしてもらおっか?」

Miちゃんが言ってくれたんだけど、なんとかその時間に食堂へ。
おなかはすいてるんだよねー・・・ただ、また吐いちゃうんじゃないかと、食べることが少し怖くもあった。
ペンションでの朝食は簡単なものです、って予約のときにあらかじめ書かれてあったんだけど、この日が前日の民宿での朝食だったら、絶対に食べ切ることはできなかっただろうなぁ
トーストと、スープと、バニラアイス・・・「パンに乗せてどうぞ」だって
飲み物はコーヒーで。
だってさ、自家焙煎ってあったからさ、楽しみにしてたんだもん。
わたしの体に、コーヒーの香りが染み渡っていく。
うん、なんだか元気が出てきた(精神的に)
わたしの体がちゃんと食べ物を吸収してくれますように・・・なーんてことを祈りつつ、ゆっくり食べた、全部食べた
「これ、サービス」
と言ってオーナーさんが出してくれた、フルーツにヨーグルトがかかったもの。
優しい甘さが、じんわりと体に広がったのでした。

ところが、部屋に戻ったらまた気が抜けたかのようにベッドに倒れこむ。

「Miちゃん、わたし今、重力に負けてる・・・。」
「なんかわかる、その気持ち(笑)」

とりあえず、出発を遅らせて、わたしの体力の回復を待つ。
だるささえ除けば至って元気なので、Miちゃんとしゃべってたんだけど、気がつけば少し寝てたみたい。
少し体が軽くなったかな?
いつまでもこうしてるわけにはいかないし、動きだすことにした。
たくさんお礼を言って、わたしたちはペンションを出発。
本当にこのオーナーさんのおかげで、今回の旅がとても素敵なものになったから。
そしてまず向かったのが、絶景でも、美味しい食べ物屋さんでもありません、ドラッグストア(笑)
わたしは体のだるさはマシになったものの、ほんのりと頭痛の危険な香りが漂ってきたので頭痛薬を、Miちゃんはこの日の夜に乗る飛行機に備えて酔い止めを購入。
薬のおかげか、すっかりわたしは回復(まさしく病は気からってわたしのためにある言葉な気がする)
そして、改めて出発・・・向かった先は「白川水源」
毎分60トンの湧水量を誇る日本名水百選なのです。



もちろん、こうやって飲めるわけ。
うん、とってもまろやか・・・な気がする。
美味しいことに間違いはなし
持ち帰り用のペットボトルが売られてたけど、水は重いので断念。

そして、この日のメインはドライブなんですよ
阿蘇の絶景を存分に楽しみながら車を走らせます、もちろんMiちゃんが。
・・・のはずだったんだけどなぁ

天気は前日よりはましな、曇りたまに晴れ。
オーナーさんオススメのお店でプリンを買って、阿蘇パノラマラインに突入o(*>▽<)ノ
ちなみにこの頃になると、わたしもすっかり元気。
グングン車は坂を上がっていきます。
なんでもペンションですでに標高500mくらいのところにあるらしく、これから向かう先は1000mの山々。

途中で、中岳火口の案内の看板が現れる。
本当は行くつもりはなかったの、火口へ行くぐらいなら他のところへ行こうと思ってたの。
ただ、看板を見て、わたしたちの心が揺らいだ。

「どうする?ちょっとくらい見に行ってみる?」
「今回行っとかないと、後悔しそうやしなぁ。
1回行けば、それで気が済みそうじゃない?」

ってことで、わたしたちは案内に従って右折した。
阿蘇山公園道路という有料道路を通るときに、料金所で言われた。

「喘息の人、いないですよね?」
「大丈夫です」

わたしはそんな心配一切ないし、もちろんMiちゃんも・・・

「めっちゃ小さい頃に言われたけど、今は大丈夫♪」

それなら安心だね。
そして、車を駐車場に停め、外に出ると・・・寒いっ
どうやら気温は8℃らしいです
徒歩でモクモクと煙が上がっているほうへ近付いていく。
すると、向こうからはハンカチなどで口を押さえた人が足早にやってくる。
おいおい・・・と思ってたら、突如わたしたちにも危険な臭いが襲い掛かってきた
これはですね、硫化水素です・・・。
いわゆる「卵の腐ったような臭い」と呼ばれてる、あの気体。
長居したら危険だぞ〜って思って、とりあえず写真を。



そそくさと離れるわたし&Miちゃん。
滞在時間、わずか1、2分(笑)
車に戻って、次の目的地の美術館へ向かう。

・・・気のせいじゃないよなぁ。
胸の辺りがなんだかモヤモヤする。
気分が悪いとまではいかないけど、なんだか少しだけ気分が優れない。
考えられる原因は1つだけ、火口から噴出してた有毒ガスだ
ちなみにここでもらったパンフレットには、こんなふうに書かれてあった。

>卵の腐ったような臭いはH2S(硫化水素)で、初期の段階での自覚症状があまりなく、突然中毒にかかるおそれがあるので注意してください。

でもね、わたしは気にしなければ気にならない程度。

「よっしぃー、わたしヤバイかも」

隣で運転してるMiちゃんが言った。

「え?」
「なんか気分悪い。」

えぇーっ


とりあえず美術館には無事に着いたものの、Miちゃんはかなり辛そう。

「美術館、よっしぃー一人で見てきてくれてもいいよ。ホントにゴメン」

恐るべし、火口・・・。
残された時間も限られてるし、どうしよう?
それだったら1番行きたかった大観峰を目指す?
わたしは覚悟を決めて、決断を下す。

「大観峰行こうか、わたし運転するし。」

心の準備は全くしてなかったけど。
わたしの運転は初日の宮崎での真っ直ぐの国道だけだと思ってたけど。
今のMiちゃんに運転はさせられない、でも大観峰は行かなきゃ後悔する。
そんなわけで、恐る恐るスタートですよ。
ナビで検索して、少し緩やかそうなルートを選ぶ。
そしたらね、本当にのどかな道・・・途中は田んぼの中にある道だったもん

・・・が、しかし。
最後、大観峰に向けて一気に上がっていく道は、グネグネの山道なんだよなぁ
ナビに表示された連続カーブを見た瞬間、笑うしかなかったもん(笑)
こんな道、バイクでしか走ったことないよ
ただ、幸いにもわたしの前を走っていたのはトラックで、本当に制限速度の40kmで走ってくれていたおかげで、わたしもゆっくり走ることができたよ。
途中で道を譲られたらどうしようとヒヤヒヤしてた
「頂上まで、あなたに憑いて・・・いや付いて行きます」って思いながら運転してたよ。

そんなわけで、なんとか無事に到着。
ただ、Miちゃんは火口のガスで気分が悪い+車酔いで、すごく辛そうだった
だいぶ時間に余裕ができたので、少しのんびりすることに。
わたしが車にいたら気を遣うだろうなぁって思って、ブラブラと歩いてみる。

うわぁ・・・

ただただ、そのスケールの大きさに圧倒される。

Miちゃんもだいぶ元気になったので、一緒に歩いてみる。



うーん・・・写真でどこまで伝えることができるんだろう?
すごい、すごい、すごい・・・。
ただただ、立ち尽くす。

しんどそうなMiちゃんを無理して連れてきちゃったかなぁって、頭を一瞬よぎった考え。

「来てよかったぁ。」

Miちゃんの言葉で帳消しになりました。

そして、そこから下りもわたしの運転。
Miちゃんが「運転するよ。」って言ってくれたんだけど、「やっぱ危ないかなぁ・・・。」ってことで、わたしの運転に。
帰りは「ミルクロード」と呼ばれる、往路よりは緩やかな道。
空港へ行くのなら、この道なんだよね。
そっかぁ・・・、もう空港へ向かって車を走らせてるんだ、わたし。
そんなことを思うと、少ししんみりしちゃうよ。

帰りの飛行機ではわたしたちはすっかり寝ちゃってました

「よっしぃー、見て見て

ツンツンとMiちゃんに突かれ目を覚まし、窓のほうに目をやると・・・
広がっているのはキレイな夜景
もう空港はすぐなんだね。

この旅で見てきた絶景は、自然が作り出したもので。
この瞬間に見ている夜景は、人間が作り出したもので。
でも、どちらもすごいと思う気持ちに偽りなんてなくて。
なんだかいろんなことを考えたくなるんだけど・・・今は素直に自分の感情に従っていればいい。
感動を味わっていればいいんだよね。
今回も楽しかったなといえる時間を過ごすことができて、本当によかったな

宮崎&熊本の旅、第二夜。

May 01 [Fri], 2009, 16:28
旅行記仕上げなきゃ何も書けないじゃんってことで。
今さらながら続き。

10月26日(日)
朝、5時半起床・・・にはちゃんとした理由があった。
実はこの民宿からほど近い国見ヶ丘というところから、「雲海」が見られるかもしれなかったから。
晴れてる寒い朝に見えるんだけど・・・朝起きて眠い目をこすり確認した天気は・・・どうやら小雨。
Miちゃんと話し合った結果、二度寝決定。
雲海っていうのはね、すごくすごく幻想的な景色が広がってるんですよ、写真で見ると。
見たかったなぁ〜

前日の夜ご飯同様、食べごたえのある朝食を食べ、さっそく移動。
向かった先は高千穂峡。
実はわたしのこの旅最大の楽しみでありました。


この美しい場所はどこだろう?・・・高千穂峡・・・どこにある?
電車で見たポスターの風景に、わたしは心を奪われた。
今でもその瞬間のことは思い出せるくらいに。
ずっとずっと行きたかったあの場所を、わたしはとうとう訪れる。


高千穂峡の見所は、日本の滝百選にも選ばれた「真名井の滝」
しかも手漕ぎボートに乗って、間近で滝を見ることができるのです。



かなり近付いたので、水しぶきまで写っちゃった
Miちゃん、漕いでくれてありがとう。
それにしても転覆してる人がいてて、ちょっと焦りました
とにかくね、ここの滝は美しい。
今まで見てきた滝の中で、1番美しいと思う。
そして、とても神秘的。



これがよくポスターやガイドブックで見る角度。
ただただ美しいと思う。
わたしが一目惚れした景色・・・1つ夢が叶いました

高千穂を存分に満喫したわたしたちは、再びレンタカーで移動開始。
次に向かうはお隣の熊本県・阿蘇。
実は高千穂から1時間もあれば移動できちゃうんですよ。
だから、Miちゃんの運転で、あっという間に熊本県へ突入。
お昼ごはんの前に立ち寄ったのが、この日の宿泊先のペンション。
いろいろ情報をもらおうかなぁって。
着いて、わたしとMiちゃんは胸キュン



ペンション、かわいい〜
お昼頃に突然訪れてしまったけど、オーナーさんは親切にいろんな場所やお店を教えてくれたんだ。
そして、早速お昼ごはん。






わたしたちが食べたもの&デザート。
すっごく美味しい
天気がよければ景色を眺めながらの食事だったんだけど、あいにくこの日は曇り時折小雨

おなかもいっぱいになったところで向かったのは「白糸の滝」
阿蘇のドライブは今日の天気じゃもったいないだろうということで、予定変更で次の日にしたんだ。
少し離れたところにあるせいか、観光客がほとんどいなくて景色を二人占め



すごい迫力だよ〜!
高千穂で見た滝とはまた違う雰囲気で。
ザァザァという音が辺り一面に響き渡ってたのが印象的。

滝を見た後に向かったのは、すぐ近くにある「阿蘇ミルク牧場」
営業は17時までなんだけど、わたしたちが着いたのは16時。
無料で入場できました
なぜ牧場に来たのか?
答えは、これ。



牧場のソフトクリーム、300円なり
ペンションのオーナーさんオススメでございます。
しっかり牛乳の味がして、とっても美味しかった

ここからは、ペンションがあるほうへ向かいます。
途中、またまたオーナーさんのオススメの道を通る。
県道28号線、しかもカーブが連続する旧道のほう。
なぜこの道がオススメかというと。



風車が間近で見られるわけです。
・・・それにしても、天気悪いなぁ。

夜ご飯はわたしたちが泊まるペンションがある南阿蘇村の隣の高森町で。
田楽料理ですよ。
囲炉裏で焼いて食べるのです・・・これもオーナーさんのオススメ。
店内が暗かったので、写真写りがよくなくて
写真はないんだけど、本当に美味しかった。
雰囲気がとてもよかった。
わたしはここで地鶏をたらふく食べましたよ
ちょっと硬いんだけど、噛むたびに味が口いっぱいに広がるの。
食べることを楽しんだなぁ、ここでは。

ペンションに戻って、オーナーさんから部屋の説明。
なんと部屋でDVDを見ることができるらしく・・・
わたし、実は持ってきちゃったんです、DVD。
Miちゃんに貸すためにこの旅に持ってきた「水曜どうでしょう」(笑)
片付けや荷物整理で落ち着いてから見ちゃったね。
でもね、その頃からわたしはすごく体調が悪かった。
おなかが痛い・・・チクチクする
で、食堂で自由にコーヒーや紅茶が飲めるので、Miちゃんと飲みに行ったとき、突然やってきた・・・吐き気。

「ごめん、気分悪い。」

Miちゃんにわたしはそう言って・・・トイレで吐いちゃった・・・。
でね、普段なら1回吐くと、わたしはすごく楽になれちゃう人なのになぁ・・・。
次々と吐き気が襲ってきて、わたしはグッタリ。
ある程度落ち着いたところで、この日は早めに寝ることに。
まぁ寝たら元気になるでしょう、いつものわたしなら

わたしは真夜中、目を覚ます。
・・・深夜3時過ぎ。

ひどい吐き気が襲ってきて、わたしは手探りでドアを開け、トイレに直行し、吐いた。
体力をさらに奪われ、気付いたらわたしは涙目。
ヨロヨロと部屋に戻り、横になる。
おいおい、明日のわたし、大丈夫?
不安でいっぱいだったけど、わたしは再び眠りに落ちたのでした。


こんな状態で、日記も次に続きます…。

宮崎&熊本の旅、第一夜。

November 04 [Tue], 2008, 18:33
・・・さて。
やっと、旅行記を書きますよ。
さっそくスタート(mixiの日記のコピペ)
ちなみに長くなりそうなので、1日ごとに書いていくことにしまーす


10月25日(土)
実はこの日は飛行機をうんと早い便にしたため、5時起き・・・睡眠3時間
でも、元気なわたし
さっそく飛行機に乗り込む。
友達のMiちゃんとガイドブックを見ながら話してたんだけど、Miちゃんが黙り込んだので眠いのかなぁと思ってたら。

「気分、悪い・・・。」

うそぉΣ(゚△゚ノ)ノ …ダイジョウブ?
宮崎空港に着いてもソファでグッタリしてて、見てるわたしも辛い。
ここからはレンタカーで移動なんだけど・・・
結局、日本航空の控え室で1時間半くらい休憩させてもらい(わたしも少し寝た)、Miちゃん、だいぶ回復
空港を出ると、この青空。



レンタカーでまずは宮崎県庁へ。
この方がお出迎え。



せっかく宮崎だもんなぁ・・・やっぱりここは抑えておくべきでしょう
そして、お昼ご飯。



チキン南蛮
お弁当屋さんのチキン南蛮弁当も大好きなわたしですが、やっぱ違うね。
衣がフッカフカで、タルタルソースがさっぱりしてて美味しかった
コンビニに寄った後、とうとうこの時がやってきました。
・・・ペーパードライバーのこのわたしが、ハンドルを握ります
まぁ真っ直ぐの道だし、交通量もほどほどだろうし、せっかくここまで来たんだし・・・ということで。
今回わたしに課せられた任務は、60kmぐらい先にある「道の駅・日向」まで無事に運転すること。
ちなみに道のりは、国道10号線をひたすら走るのみ(笑)
いやぁ・・・久しぶりの一般道の運転でした

「アクセルがこれで、ブレーキがこれで・・・。」

とわたしがブツブツと確認してるのを隣で聞いてたMiちゃん、さぞかし怖かっただろうなぁ(笑)
でも、走り出したら順調でした
道の駅の駐車場で頭から突っ込んで駐車したのに・・・なんでこんなに片寄ってるんだ
運転を交代して、そこから向かったのは日向岬。
その手前で寄ったのが、「願いが叶うクルスの海」



展望所から見た景色。
「巨大な岩礁がクルス(十字)のようになった海」←ガイドブックより
そして、日向岬へ。



断崖絶壁なわけ・・・すごい迫力だよ。
そして先端に向かって歩きます。



そして、右を向くと・・・



さっきの岩が違う角度から見えた
美しさと荒々しさにすっかり魅了されたわたしたちなのでした。
そしてわたしたちは、この日に泊まる高千穂へ。
少しずつ日が傾いていき・・・18時頃に民宿に到着。
まず、部屋に案内される。
わたしたちが取ったのは6畳の和室なのね。
そしたら、この日は別の部屋が空いてるとのこと。
隣に声が聞こえるのが嫌なら、こっちの部屋でもいいよと通された部屋が・・・めっちゃ広い
何人この部屋で泊まれるんだっていうくらいに(笑)
ちなみに今調べたら14畳のお部屋でした(笑)
あまりの大きさに、やたらとテンションアップ
実際わたしたちは、部屋の半分しか使わなかったんだけどね(笑)

そして、夜ご飯。
実はこの日はたいしておやつとか食べなかったので、すっごくおなかがすいてたの。
いやぁ・・・食べなくて正解だった。
すごいボリュームなんです
焼き魚、煮物、天ぷら、うどん、お刺身、刺身こんにゃく・・・そして、固形燃料が燃え尽きたので蓋を開けると・・・高千穂牛の陶器焼き
すごーい
魚って、こんなに美味しかったんだ、お肉、めっちゃ柔らかい
そして、一緒にこのときごはんを食べてたご夫婦と話をしてたんだけど。

「どこから来たの?」

わたし&Miちゃん「大阪です。」

「へぇ〜。大阪のどこ?」

Miちゃん「大阪市内です。」
わたし「松原ってわかります・・・?」

「知ってるよ、うちの娘が松原に嫁いで住んでるもの。」

・・・すばらしき偶然(笑)
そんな話も交えつつ、民宿のおじちゃんとおばちゃんも一緒に和やかなムードで食事が進む。
こういうアットホームな雰囲気、大好きだ
でね、実はわたし、ピーマンが苦手なんですよ。
みじん切りなら平気なんだけど、陶器焼きに入ってたピーマンはかなり大ぶりなもの。
残そうかと思ってたんだけど、わたしは会話の途中で聞いてしまった。
・・・料理に使われてる野菜、どうやらここで作られてるらしい。
残せない( ̄ロ ̄lll)

「Miちゃん、ピーマンって平気?」
「うん、でもこのピーマン、全然苦くないよ。絶対食べられるって!」

それを聞いて、恐る恐る食べてみる。

・・・あれ?苦くない。
あと普段は苦手なお刺身も、旅に出ると最近は食べられるんだよな〜。
絶対に北海道へ行ったら、海鮮丼にチャレンジしてやる

夜ご飯も食べ終わり、わたしたちはこの日最後のイベント「観光夜神楽」へ。
民宿のおばちゃんが送ってくれるというので、言葉に甘えて乗せてもらった。

「座布団、持ってったほうがいいよ。」

と言われ、座布団を抱えるわたしたち。
20時からだったんだけど、着いたのは19時半。
ほんの5分10分で、たくさん人が来るんよ、せっかくなら少しでも前でみたほうがいいでしょっておばちゃんが言ってたんだけど、本当にその通り。
わたしたちは前から3列目を確保できたんだけど、あっという間に人が集まってきたもん。
そして、夜神楽がスタート。

>そもそも神楽とは、五穀豊穣や豊猟(豊漁)を感謝し、1年の生活の安定を祈る集落の祭。

本当は11月末〜2月にかけて33番の夜神楽を実施するんだけど、観光夜神楽は気軽に鑑賞してもらうために毎晩1時間ほど公開されてるんだって。



とにかく動きがあるので、写真がブレてしまった
多くは語りませんが、なかなか貴重な体験。
そして、こうやって伝わってきてることにわたしは感動した。
同じ日本なのに・・・とても不思議。
伝統って、文化って、守っていかなきゃ。

民宿に戻り、次の日の予定を広すぎる部屋で話し合い、寝ることに。
天気は曇り・・・雨が降りそう。

ではでは、ここでいったん更新です
2010年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yosshi_0717
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1981年7月17日
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 現住所:大阪府
  • アイコン画像 職業:大学生・大学院生
  • アイコン画像 趣味:
    ・旅行-北海道と石垣島が特に心に強く残っている1人旅。長野や熊本(特に阿蘇)も大好き。
    ・バイク-愛車のW650とは3年半のお付き合い。相変わらずラブラブです(*/∇\*)
    ・音楽-ポルノグラフィティ・レミオロメン・UVERworld・Perfume・ミスチル・flumpool・T.M.Rなどなど♪
読者になる
とにかく旅行が大好き!
飛行機、電車、バイク・・・どれでもOK
1人旅でも友達とでも、いろんな景色、食べ物、人、感情に出会いたい
愛車のW650とももう3年半。
あちこち出かけるぞ〜!
最近ハマってるのは、小出恵介くん そして、水曜どうでしょうに始まって、大泉洋ちゃんおよびTEAM NACS。
カッコイイんだな
その影響で、お芝居やミュージカルにも興味が沸いてきたり。
世界がますます広がるね〜
最新コメント
アイコン画像あいあい
» 名古屋へ行きました! (2006年04月19日)
アイコン画像htanaka
» 実は初ブログ! (2006年01月07日)
アイコン画像よっしぃー☆管理人
» 溶けます! (2006年01月06日)
アイコン画像maco
» 溶けます! (2006年01月06日)