一般名処方でのジェネリック医薬品の選択

January 06 [Mon], 2014, 13:46
こんにちは、富山県の陽進堂がお届けするジェネリック医薬品情報ブログへようこそ。
医薬品には先発医薬品と、後発医薬品であるジェネリック医薬品が存在します。基本的な成分などはほぼ同じですが、別会社が製造していますので、副作用や効果などに差が出ることもあります。費用はジェネリックの方が安くなっています。通常、先発医薬品の処方箋が出て、ジェネリックに変更するかどうかを患者に確認するという流れですが、一般名処方で薬を処方された場合、薬局の裁量でジェネリック医薬品の方を出されることもあります。

新薬の特許切れの後に登場するジェネリック医薬品

December 24 [Tue], 2013, 13:07
株式会社陽進堂(本社:富山県富山市)のブログサイトへようこそ。
ジェネリック医薬品は後発医薬品とも呼ばれており、新薬の特許切れ以降に他の製薬会社によって製造される薬です。新薬と主成分は同様であるので同じ効果を期待する事が出来る上に、開発コストをかけずに製造する事が出来るので、先行医薬品よりも安い費用で購入する事が出来ます。アメリカでは普及している医薬品の70パーセント以上がジェネリック医薬品となっており、今後日本でも多くの人が使用する様になる事を予想されています。

ジェネリック医薬品に関する情報提供量は少ないです

December 09 [Mon], 2013, 11:30
富山県にある陽進堂のブログです。
ジェネリック医薬品は、有効性は、ほとんど変わらないのに、安く買える薬として日本でも注目されつつ有ります。
病院などで処方される薬には、先発薬と言われるものと、後発薬であるジェネリック医薬品が有り、患者側が選ぶこともできます。
有効性が同じで、価格が安ければ、誰もが利用するはずですが、日本では、まだまだ普及率は低めです。
その理由の1つに、情報提供量が少ない点が挙げられます。
ジェネリック医薬品は、有効成分は同じだけど、コーティングや構造が先発薬と異なるために、効き目などの情報提供が必要不可欠です。
陽進堂 ホームページ

ジェネリック医薬品の日本での使用状況

December 02 [Mon], 2013, 12:20
こんにちは、富山県にある陽進堂がお届けするジェネリック医薬品ブログです。
ジェネリック医薬品とは、先発医薬品の特許等の期間満了後に販売できる医薬品のことです。新薬には、長い期間と莫大なコストがかかりますが、ジェネリック医薬品の開発は、新薬ほどの期間もコストも必要ないため価格を抑えることができます。しかし、日本での使用状況は、平成23年は22.8%と欧米の50%以上と比べるとまだまだ普及しているとは言えない状況です。厚生労働省では、普及率を上げるためポスターやリーフレット作成など環境整備を行っています。
陽進堂 ホームページ

陽進堂 | ジェネリック医薬品(後発医薬品)を使用するメリット

November 11 [Mon], 2013, 12:43
ようこそ、富山県の陽進堂から発信するジェネリック医薬品情報ブログです。
ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、先発医薬品と比べて3〜5割ほど薬価が安くなっています。これは、先発医薬品の開発には長い年月と投資が必要なのに対し、ジェネリック医薬品の開発期間は3年ほどで、研究開発費用も低く済むため、薬価が安くなるのです。このジェネリック医薬品を使用するメリットは、 第一に患者さんの薬代負担が減るとということがあげられます。また、医療財政面でも医療費の国庫負担が減らし、日本国内の医療の質と国民皆保険制度の維持に貢献することが期待できます。
陽進堂 ホームページ