夏休みに向けての決意 〜ご飯編〜

June 05 [Mon], 2017, 23:23
週末が終わった月曜日の朝、どたどたと出かける三兄弟に行ってらっしゃいを言い、二日ぶりに一人朝ご飯(お弁当ののこりもの野菜にバルサミコ酢をかけたもの)を頂き、ふーーっと一呼吸して娘と見つめ合い、「やっと二人きりになれたね」と思わずでてくるこの言葉に自分でおかしくなったりして主婦は1週間をスタートするわけですが、こんな優雅な時間がとれるのもしばらくできなくなってしまうなーとしみじみ。

そう、いよいよ来週から夏休み2017がはじまります。

今年は、政府の政策でなのか知りませんが、始まるのも1週間早く終わるのも1週間遅いのでほぼ3ヶ月の休み。
周りのママさん方からも参ったよね〜どうしようかね〜という言葉がちらほら聞こえてきます。

トイレトレがとっくの昔に終わった三兄弟は、自分で遊ぶし、特に手もかかりませんが、とにかくお腹がすく3人なので、一日中、「マミー、おなかすいたー」という言葉を聞くと思うと、何かしら作戦を考えておかないと気が狂ってしまいそうです。

そんな中で、「今年はブリトーでいきなさい」というお告げが頭の中にやってきました。

いろいろブリトーを食べ歩いて研究したわけではないのでなんちゃってですが、全粒粉のソフトトルティーヤを買いだめしておき、ハマスも大量に製造して冷蔵庫に入れておき、蒸したほそ長ニンジンをココナッツオイルでちょっとからめてこれまたジップロック、アボカドとキュウリをタッパーに入れてあとはサルサと黒豆ペーストも買いだめ。肉はその時々で入れたり入れなかったりでよし。結局、私好みのサラダ巻きになっていますが、みなさん、自分で蒔いて食べてくださいというこの楽ちん大作戦。プールにも持って行けそうだし、準備さえしておけば1分でめしあがれーとできそうです。

あとは、グリーンスムージーを1分で配合できるように、冷蔵庫と台所の配線をととのえ、動作を体に叩き込むという自己満足トレーニングの結果がそろそろ現れてきたところなので、この二大アイテムを見方にして、なんとか乗り切っていこうと思っています。


この夏は次男もスイムチームに入ることになったし、こんな感じで、男子の体作り(うわ〜)、引き続きアトピー三男の体質改善を目指しつつ、それでいて楽ちんに作れるメニューを追いかけて参りたいと思います。笑



長男


次男


三男


学校のフィールドデイ(運動会っぽいもの)の様子。


私に用があるのはおなかすいた時ばかり。





ちなみに、この人もよくお腹がすきます。


さーて、夏よ、かかってこーい。




母の日

May 16 [Tue], 2017, 5:54

昨日は母の日でした。

アメリカのマザーズデイって年間通して一番好きな日かもしれません。宗教と国籍問わず、みんな同じ言葉で同じ意味を指して同じように祝うのってこの日くらいだと思うからです。

Happy Mother's day っていうメッセージも10日前くらいからハッピーニューイヤーぐらい気軽にお互い言い合います。自分の母親に対してだけじゃないのでどっちというと勤労感謝の日に近い気がします。

ありがたいことに家族からもお祝いしてもらいました。
朝、ナオミの授乳後二度寝をして目覚めると、長男がオムツ交換、オットがパンケーキを朝食に作ってくれていてちょっとちやほやされた感じでスタートしました。

でも、家事育児が免除される魔法のような日になるわけではないため、母親業はノンストップだと改めて痛感する夕方頃には、ママ友達やらとメッセージを交換したりするわけです。この場合は、「ありがとう」というより、「
お疲れ様」
「いろいろあるけどぼちぼちがんばろね」とか、「これからも親子共々よろしくね」という意味が込められたhappy mother's day が行き交い、横のつながりにも万能な言葉だなあとしみじみと感じました。

1日結局どこにも出れず、メイクもおしゃれもしないまま夕飯の支度をしていたら長男がおもむろに、一ドル札を差し出してきて、母の日のプレゼント!と言ってきました。すでにお手伝い券ももらっていたし、ゴミ出しバイトで頑張って稼いでるお金なので気持ちだけもらうよというとちょっと安心してて笑えました。

それを見てオットが長男に、
「ママをお金で雇ったら大変だよ」と言ってたのを聞いていろいろ報われる瞬間でした。

お金に計算できない部分のlabor of love、乗せられている気もしますが、がんばろーと思いました(単純)

TJファン

May 07 [Sun], 2017, 5:31
私はとくにスポーツのチームや選手にも、歌手やアイドルグループにもぞっこんで好きになったりすることが人生の中でほとんどなく、かなり冷めたタイプと思っていましたが、最近一つだけ長年ずっとファンを続けているものがあることに気付きました。

部門はスーパーマーケットなのですが、

もう、トレーダージョーズさえあればわたしには何も入りません笑

10年も通ってる店なので今更なことなんだけど、我ながらどんだけ好きなのと発見させられたのはほんの数日前。

ナオミをだっこひもに入れ、試飲のコーヒーを片手に、もう片方の手で鶏肉のマリネードパッケージの成分表示を読んでいたところ、声をかけてくる見知らぬ女性がいました。

「お肉コーナー移動したのねえ〜!


って、いきなり!笑

私も数分前に同じことを心でつぶやいてちょっと動揺してたくせに、「そうそう、さいきんね〜。
たぶん、◯◯の店舗でもこの配置だから揃えたんだと思うよ〜」

と反射でなぜか知ったかぶりし、あたかも私の店かの様に説明すると、その女性もいかに自分がトレジョファンかを話しだしました。結局私もノッてしまい、肉コーナーの前を陣取ってファントークとなりました。
お店が小さくて種類も少ないから迷わないし回転早いから新鮮。レジのそばにゴシップ雑誌が置いてないし、店員さんたちナイスでフレンドリーだし、いいよね、と私が言うと、そのマダム、ここ10年での商品の値段の変動はほとんどのアイテムが20セント以内と観察ぶりが上級者でしかも息子さんがバイトしてたそうで、すれ違う店員さん達とも家族の様にハグする仲でした。彼女のトレジョ愛にはかなわなかったけど、好きなもののことをキラキラ話す自分に気づいて、あ、私って冷めてない、熱いところもあると嬉しくなりました。

電車ファン
野球ファン
スマップファン

ファン同士の交流ってきっとこんな気持ちなのね。

女性とは、なぜか家族の写真を見せ合う謎な雰囲気になるまで意気投合し、
じゃ、またここで会うでしょうと爽やかに別れました。

よく考えたら名前も知らない。
なのに近所の人より距離が近くに感じる不思議な関係です。




















ボルティモアのお花たち

April 20 [Thu], 2017, 11:36
新生児がいることを理由にまあまあ楽しんでいた、寝たきり、引きこもりの日々ともお別れし、徐々に外に出ています。産後にはけるジーンズが一本もなく、新調した大きめサイズも少しゆるくなってきて、身軽になってきたところで、お花シーズン到来。

冬眠から目覚めた感じが今年はいつもより大きいです。



チューリップ!
赤信号待ち中、車からの眺め。


八重桜〜
近所にある巨木。こんなにたくさんの花びらを隠し持っててびっくりです。


ハナミズキ
我が家の庭の木からちょっと枝を拝借して生けてみました。(ツツジもつけてみたけど、バランスがいまいちかも汗)



大家族な風景

March 15 [Wed], 2017, 11:34
むすめは生後1ヶ月をすぎ、4兄妹の風景もだんだんと見慣れてきました。

きっとボーイズが甘やかすわよ〜と周りからみんなに言われてましたが、噂通り本当にスポイルされています。

泣いてなくても、起きてなくても、だっこしていたり、しょっちゅうチューをしにくる兄たち。
すぐ飽きるだろうと思ってましたが、そんなこともなく。。

学校から帰ってきて、あーもー、手も洗わないで触ってる〜とか、そんなにしょっちゅう抱っこしないでいいのにーとか思ったりするものの、この想定外のお世話し隊、朝と夜のバタバタタイムはかなりの戦力になってくれていて、子供増えると家事も増える反面、手も増えるというのを実感しています。



妹LOVEの兄たちの抱っこぶりも安心して見守れるようになりました。

しかし、↑こんな状況で寝かせられている1ヶ月児。。
いわるゆ大家族、の部類なのかなもしかして・・。(いまさら!)







ピンクと花柄な日々

February 22 [Wed], 2017, 2:53
ひまそうなブログを更新した日の翌日、娘を出産しました。

永遠に陣痛が始まらないのではないかとさえ思えるような待ちくたびれる日々が一転、花柄とピンクが我が家の生活に入り込み、生後たったの二週間ですが、娘はあっという間にみんなの大注目の的となって君臨しています。

私の中では何かが終わり、何かが始まりました。あ、育児って体力勝負だったんだった。忘れてた」と夜あまり寝なかった娘の世話を終え、今朝方旦那さんにつぶやいたところです。笑 

忘れてたと言えば陣痛に耐えてたときも「なんでこれを忘れてたんだろ、わたしばかだわ」とひたすら思ってたし、”忘れる”って、人生で大事なことの一つだったりしてと思う今日この頃です。(考えてもその時になるまでわからないのでしかたないとも言う)

それでも産後の応援に来てくれた母のフライトが娘誕生と同じ日というミラクルがあり、まるまる2週間のんきに娘モードの日々を過ごせたお陰で、なんとか普段の生活に戻ることができ、いろいろと心配事がなくなってほっとしているところです。



Naomiといいます。新入りをよろしくおねがいします。

生後2週検診の帰り。

スキンシップが大事な子

February 06 [Mon], 2017, 22:15
予定日まであと5日ですが、お腹の赤ちゃんは私の予測に反して一向に出てくる気配がなく、ソワソワもどこかに飛んでいって、何も考えずすごしています。
今日も、だらっと買い出し、ベビーキルトの仕上げでもしてすごそうかなと贅沢なゆるゆる予定です。


遅かれ早かれもう1人の子供が増える我が家で、つい新入りに目が行きがちですが、忘れてはいけない三兄弟。(あたりまえだけど!)

10歳上の長男は、臨月の母の様々な異変(体が重くて動きが遅かったり、足がつって叫んだり、突然の胎動で時々うなる)を目の当たりにして、"I'm so sorry for women"と言って気遣ってくれたりします。(女に生まれなくて良かったという意味を含むらしいけど)

そして三男も、下の兄弟未経験で唯一現実を知らないポジションのため(笑)素直に待ちわびている感じ。

ですが、8歳差の次男は、普段はひょうひょうとしていますが、一番赤ちゃん返りをしている気がします。
赤ちゃん用のお風呂に入ってみたり、バシネットで寝てみたり、I wish I was a baby だそうです。
わかりやすくていいのですが、淡泊な私はハグmeハグmeな彼の要求に常に応えられず、ちょっとママ忙しいのよーとなる時が多く、これが出産前の一番の気がかりです。

ちょっと前に読んだこの本によると、人はそれぞれ愛の表現言語が違うということらしいですが、この人はそもそもスキンシップが第一言語なのは明らかで、まわりでも、隣の家のママ、教会学校の先生をしてくれている女子大生など女性だけでなく、強面のお兄ちゃんから、大きなお腹のおじちゃんたちまで誰にでもハグをするし、私たちにも一日に何度も抱きついてきます。どうやらハグ充電されていないとバランスを崩す人みたいです。

とは分かっていても、わたしはその言語の重要性がそこまでないので、ついついそれをないがしろにしちゃうのですが、でもそれではだめだなあと。
のどが渇いてるときに、ポテトチップスもらっても嬉しくないのと同じですね。
もう8歳だけど、18歳や28歳よりはまだいけるかな。と、なるべく「えい!」とハグしてあげるように心がけたほうがいいなあと、ちょっとずつ実践中。。


あっけらかんとしてはいるHuggerなのですが、ちなみに明日から来てくれるおばあちゃんにハグをするのをすごーく楽しみにしてるというあやしさっぷり。

おばあちゃん、ジャパニーズなんだからビックリしちゃうよ、バウ(お辞儀)でお願いします。
と釘さしておきましたが・・・。無理ですね〜。

かりすま産婦人科医

January 26 [Thu], 2017, 9:23
38週の検診に行ってきました。

思い返せば、10年前の長男の時の検診や検査の時は、わたしが車の運転もできなかったし、言葉も通じなかったしでてつさんはしょっちゅうついてきてくれていましたが、今回はなんと、一度も来ていません。ベテラン父さんの貫禄ですね。

でも、私の産婦人科のドクターはものすごく早い検診と診察なのでわざわざ仕事休んでまで来る必要がないとも言えます。

今日だって、はるばる片道20分運転して行ったのに一緒に同じ空間にいた時間は診察室とオフィスを合わせても3分かかってないという早業ぶり。

心音も3秒聞いた後、Nice and Strongというコメント(とびきりの笑顔付き)でサクッと終わり、私が、逆子じゃないかちょっと心配でー、と言うとすぐ、どれどれとお腹をガシッとつかみ、「正常ね」というコメント(とびきりの笑顔付き)であっという間に終了。台湾出身の女性ドクターですが、仕事っぷりが男勝りというか、無駄がないのです。

オフィスでトークしようねと言われて行っても、any question?と聞かれて私がぼさっとしていると、「もうすぐよー。じゃあ、次の検診でね!」とこれまた格別の笑顔付きでお別れ。
もちろん、鉄分がたりないとか、検査の結果でちょっと心配なことがあるときは教えてくれますが。

長男の時から変わらないこのスタイルで、もっと近くを探せばドクターはたくさん見つかるだろうけど、結局リピーターとなり四人ともお世話になることに。きっと産婦人科を探してる人がいたら紹介だってしちゃうでしょう。出産直前になってくると、細々とした心配事も出てくるけど、最高のスマイルで、すかっと、バサッとこういう診察を受けると、なんだかいろいろ大丈夫な気がしてくるものです。

最高のスマイル=単なる表面的な営業スマイルやその場を繕う笑顔と違って、まるで魂までもぐいっと持ち上げてくれるようなパワーのあるビーム付きの、そんなようなものです。




三男のフィンガーペイント。
右から、パパ・生まれてくる赤ちゃん・ママ・自分 だそうです。
あれ?兄たちを忘れてますな笑

犯罪心理学じっせん

January 24 [Tue], 2017, 0:25
手を焼く子ほどかわいいってほんとでしょうか。

最近、5歳半の三男にそれはそれは手をやいています。

うちの兄弟げんか勃発の原因はほどんどといっていいほど彼ですが、それだけでなく私と本気のけんかをするのも彼だけ。注意するとちゃんと聞いてくれる長男次男と違って、刃向かう刃向かう。昭和のお父さんですか?って突っ込みたくなるくらい、ちゃぶ台返しの気質を持っていて、跳び蹴りしてきたり、子供部屋に立てこもってレゴを投げつけてきたり。

なんだかもう、メガホンもって、「君はもう包囲されているー、すみやかに出てきなさーい。」とでも言ってやりたいくらいの場面が多々あります。

そしてわたしは悩みかね、押し入れに眠っていた例のあの本をついに出してきました。



じゃん。


開けてみると、最初のページから「悪者に見える人にも言い分がある」という内容がでーんと書かれています。
彼にとってはれっきとした理由が有り、守るべき物が有り、そのために必死なんだ、と。そっかそっかー。

5歳上と3歳上の兄たちと肩を並べようと本人なりに頑張ってるプロセスなのかもしれません。

ということで、最近は犯罪心理学者(あっちからしたら、こっちのほうが犯罪者?!)になったつもりで、
この本片手に向き合う修行中。





学校ではどうやらそういうのを押さえられているらしく、問題児どころか、リーダーですという先生からの評価をもらっている、なぞな三男。普通、逆じゃないですかね。

まあでもこの刃向かいっぷりにどこかで感心する部分もあったり。きっと大物になるはずです。。


子の習い事は親の娯楽

January 11 [Wed], 2017, 4:54
長男が正式にスイムチームに入って半年経ちました。室内プールなのでオフシーズンがなく、こんな雪降る寒い中でも週4の練習に通っています。普段は決まった時間に送って迎えるくらいで私たちはじっくり見ることもないのですが、月に一回から二回ほど記録会(Swim meet)が準備されていて、時には片道1時間の場所まで応援に行ったりしています。

この日曜日は近場の大学内にあるプール、先月は海軍士官学校のプール、他にもどこぞの高校だったり、とにかくこんなこともなければ訪れることはないようなところばかりで、私たちの方が楽しみだったりします。




胸に手を当てて国旗を見ながら国歌斉唱も生体験はこういう時くらいです。


ウォームアップ中の魚の群れ。
水筒を片手にじーっと見てる私との運動量の差!!!涙


そしてその後大体、一人3種目くらいに出場するのですが、こういう大学の立派なプールになると、タッチしただけで結果が大画面に表示されるので、我が子の結果が一目瞭然。

人混みの中やっと見つけた椅子に座り、体が重くて動けない私と、子供達を遊ばせながら違う場所で観戦しているてつさんとでテキストのやりとりをしながら、我が子の結果の感想を述べ合ったり、他のアメリカンボーイと比べて「うちの子細いね」と言い合ったり、実況中継をしあって過ごします。

だいたいうちの長男は同じ年齢の枠の中では全部真ん中くらいの結果ですが、自己ベストを伸ばして行くのを見るのは親として感動で、ついつい楽しみな時間です。

が、なんだか、アレに似てるな〜。と気づいてしまいました。
そう、あれです。あの、私が何年もおもしろさを理解できない、子供達が夢中になっている、あれ。
日本から渡ってきて、今も男子を魅了しているあのアニメ。

ポケモン!

トレーニングしたポケモンが強くなったり、バトルして勝ったりするのが楽しくてうちの子達もカードにお金をつぎ込んでいますが、まさに、私が面白がっていることもこれと同じですね。


GO!GO!うちのウォーターポケモン!って感じです笑





P R
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
http://yaplog.jp/yoshimi427/index1_0.rdf
プロフィール
めりらんど
ヨヨミ
yoyomi
広島生まれ熊本育ちMaryland在住
A 型・おうし座・戌年
2002年2月、鉄道マニアの夫と出会う
2005年8月、夫を信じて渡米
2006年9月、むすこ誕生
2008年12月、次男ぼう誕生
2011年8月、サブロー誕生
2017年2月、むすめ誕生