人づきあいって・・・ 

November 15 [Tue], 2005, 11:36
 最近の私は変だ(ってもとから?)
急に仲良くなった人が2人いる。いろんな話をしたり、ご飯食べに行ったり。
この人間嫌いで一人でいることを好む私が!!!
でも、その関係は私が振られた時から変わってしまった。私の中で。主にその人達と話してた内容が恋愛のことだったからかもしれないけど、今はその人達と会いたくない。というか一緒にいることが苦痛。
その2人は私の中での相談役。恋愛を始め、生き方とかに強く影響力を受けていた。あの時は、それを正面から受けていた私。でも、今、私はそれを踏まえてまた新たな私なりの生き方を模索してる。だから、その人達の考え方に私は反発してしまう。それに、なぜか、私の生活態度にまで口出しするようになった。「部屋が汚い、もっと整頓すれば?収納スペースはあるんだからさあ。こんな部屋で勉強は無理でしょう?フッ」とか、私が会社の人と電話で話してるところを聞いた後で、「もっとハキハキしゃべれないの?電話の仕方親に教えてもらわなかったの?教えてもらわなくてもそんなの常識だけどね。」みたいな〜
確かに私が悪い(そこは反省)でも、あんたに言われたくないよ!(先輩なんだけどね)自分は頭良くて正しいこと言ってると思って、人を軽くあしらってるような所がいやだ。
こんな感じで、人と付き合っていくと、相手の悪いところが見えてくるもの。そして、だんだん礼儀とか遠慮とかなくなってゆくもの。
こんな事で怒る私は心が狭いわぁ〜いつもはヘラヘラしてる私だって許せないことはあるのよ
あーーーーー人づきあいって難しい。

失恋 

November 12 [Sat], 2005, 10:19
 私の恋が終わった。とても短い恋。相手は2歳年上で私のバイト先の従業員。
 ある日曜日の電話「今から遊ばない?」。そこから私の恋は始まった。この恋は自分で掴み取ったものではなく、向こうからやってきたもの。でも、終わらせたのは自分だ。
 今までとちがうとこ。それは、自分から告白したことだ。思ったより普通に言えたのが不思議。そして、涙が出なかったのも不思議。あの憎き元カレと別れる時でさえ泣いてしまったのに・・・。私を期待させるだけさせて、振りやがったことを考えれば、ムカツク(かもしれない)。そして、「俺は振ったつもりはない」ってどゆことよ???「ありがとう」と「ごめん」の言葉。優しいのか残酷なのかわかりゃしない。多分後者だろうな。断る理由をいろいろ並べていたけど、(今は自分のやりたいこと頑張りたい、付き合ってもすぐ遠距離になる、とかもし別れたら仕事場で気まずくなる、とかね)
結局私の事が好きじゃないんでしょ!
と言ってやれば良かった。今になって言いたい言葉が溢れてきた。私って怖い女だなぁ〜と思ったね。でも、そんな言葉をかけられたら、なかなか諦めなれない。どこかで期待してしまう(まただよ!!)
 直後はスッキリして、未練とかなかったし、これからもこのままの関係でいけそうだと思ったけど、一夜明けてみると駄目だ!!もう一頑張りしてみようと思ってしまう。 そして、なんとか手に入れたいと思う。それはその人が好きだからというだけでなく、自分の手に入れたいものが手に入らないから意地になってるだけ。(な気がする)私の中にこんな譲れないものが現れようとは思わなかった!!ま、今日もバイトで会うからオメカシして行こう

映画「春の雪」 

November 11 [Fri], 2005, 12:22
 「春の雪」を火曜日に見に行った。(今日は金曜日)この3日間、主題歌である宇多田ヒカルの「BeMyLast」を聞きながら映画のなかで表現された「愛」について考えてみた。(なんてヒマ人!!)「春の雪」って始めは純愛のお話かと思っていたけど、私の思惑はすっかり裏切られたよ清顕(妻夫木)の勝手な幻想の愛だね、ありゃ。そして、聡子(竹内)を追いかけて無理して死ぬなんてほんっとバカだよ!!って思ってたのに、私の中で「春の雪」が心に引っかかっている。
なぜ??
その答えは今も模索中。その答えを探すために原作「豊饒の海」(三島由紀夫)を読んでるよ。
私の予想は、こう。一つ目は、清顕からの視点で言えば、純愛なんて存在しない。人は好きな人を思い続けるだけでは満足できない。その好きな人と体を触れ合わせてなければ結局満足できない。(肉欲の愛ってやつ)だからと言って、「男の目的はは体だけ」なんて思わないでねっ。そうじゃなくて、男は思いだけじゃ生きていけないってこと。好きな人が自分の物になってないとダメみたいね。つまり、独占欲が強いのかな。
一方で、聡子の視点から見ると、愛=その人への思いなんだね。だから、「生まれ変わっても一緒になりたい」とかいう考えが生まれるんだよ。きっと。好きな人がそばにいなくても、その人を思ってるだけで生きていける。あと、周りの状況を見て、冷静な判断ができるのかな。そういう意味で「女は強し」だね。
 とりあえず、本を読んでまた考えることにしよう

無題 

August 31 [Wed], 2005, 9:43
 いやぁ〜夏休みも残り半分

9月からさすがに卒論に取り掛からねば

8月はバイトと博物館実習で終わってしまった・・・
でも、博物館実習は楽しかったな久々に勉強したって感じ
学芸員ってほんと楽しそうだなって改めて思ったよ。実習では本物の土器とか掛け軸とか、さらには重要文化財の超貴重な銅剣とかを(内緒で)触らせてもらった。「あ〜これは○百年前に生きていた人が使っていたんだ・・・」と思うと感動したよ
普段、博物館ってあまり楽しくない所って思われがちだけど(実際私もそう思う)、その裏に隠された学芸員の人たちの努力とか展示に費やす労力を考えると見方が変わったね
何でもそうだけど、相手の立場になって考えることは重要なんだなって思うよ。相手が大事にしているもの、一生懸命作り上げたものを、自分も誠意をもって受け止めてあげなきゃ相手に失礼最近は私含め、人を大事にしない人が増えているからな〜寂しいことだ。世も末だね。
希望が見えない・・・・私の卒論も(笑)

押し寄せる憂鬱の波 

July 20 [Wed], 2005, 1:05
    寝たくても眠れない・・・
昨日から実家に帰ってきてるそこで、地元の友達から遊びのお誘いがあった。「今何してる?暇?」って感じ。たぶん、遊ぼうよって言いたかったんだと思うけど、その言葉を出さなかったから敢えて「う〜ん・・・眠い」と言ってしまった。実際眠かったけど、遊ぼうと思えば遊べた。
    でも・・・めんどくさかったんだ・・・
私は非情な女よ。せっかくのお誘いを無下に断ってしまったんだもの。電話を切った後に少し後悔。でもね、最近人間がめんどくさい。人と話したり、遊んだりするのが億劫。今までもそう思ったことはあったけど、どこかで孤独に寂しさを感じてた。でも、今は違う。一人でいたい。そんな私は欠陥人間だと思う。感情がない。怒ったり、泣いたり、笑ったり、はしゃいだり、驚いたり、・・・

今日、中1の妹が通知表を携えて帰ってきた。かなり悪い。私は、自分で中学のころは成績が良いと自負していたので妹に自慢してやろうと自分の通知表を探した。見つけた通知表は思っていたほど良くなかったので見せるのはやめた・・・。懐かしいなーと思って通知表を眺めていたら生活面の欄に目がいった。そこには「おだやかな性格で誰とでもわけ隔てなく接する」と書かれてあった。確かに、特別人を嫌いになることもないし、喧嘩をすることもなかった。でも、それは他人との距離を縮められない自分を表していると思う。なんとなくは上手くやれるけど、仲良くなることはない。

私は、元来他人に興味がない。だから干渉しない。でも、そうやって「こだわり」をなくすことで、他人と向き合わないことで、自分の感情を抑えてしまっていたんだと思う。感情を出すことってエネルギーを使う=疲れるよね。私は、どうでもいい事でエネルギーを使いたくない、だから、感情を省エネをしてたんだ。(笑)でも、そうしてると自分の感情が分からなくなっちゃった。何が嫌で、何が好きか、よく分からない。
そう言えば、中学のころは、何があっても落ち着いてたから「平常心だな〜」って言われてたっけ。自分の感情を出さないことで他人との間に一線を引こうとしてた。今と同じだ。私ってやつはまったく成長してないな・・・

憎き先生 

March 30 [Wed], 2005, 16:07
今日は自分の本質を見抜かれたようで、ドキッツ&ショックなどん底気分。
卒論の事で先生の所に行って、相談した。自分のやりたいテーマが絞れない、ということ。
「このテーマを考えると、○○も○○もやりたくなるんです」と言うと、ため息をついた後、「君、本読んでないでしょ。いろいろ読んでみた?」の一言。私はドキッとしたと同時に、全てを見透かされたようで恥ずかしかった。はっきり言って私ゃ本を読んでないさ!自分に馴染む本がなくて、10ページくらいでやめてしまうんだもん。でも、卒論に合った、超ど級ストライクゾーンの本なんて確かにありはしないよね。ほんの1部分が役に立つ情報なんだもんね。
でも、先生はよく見抜いたよ。
私ってなんでもそう。すべて自分で考えてしまう。だから、「こうだ!!」と決め付けてしまう悪い癖がある。考え方にとっても偏りがあるな〜とは思ってはいたけど。それは「自分に軸がある。自分を持っている。」という事とは違う。自分の殻に閉じこもって、他を寄せ付けない危険な偏り。その偏りを直すには、情報と知識が必要。それは主に文字から得られるもの。自分の頭の中で考えていることを目に見える形で教えてくれる。または、凝り固まった頭をほぐしてくれるものだと思う。
今まで、自分の独り善がりな考えで発言、行動してきたけど、これからは自粛するとしよう。それに、気づかせてくれた先生、ありがとう。でも、きっつい一言一生忘れませんよ。夜道にはお気をつけて・・・。

複雑な内定 

March 28 [Mon], 2005, 15:35
 とある会社から内定を頂いたよ
でも、悩んでいます。このままこの会社に入ってよいものか・・・この会社は私の志望する教育業界の中でも、特に幼児教育を中心とする会社。
その会社に不満はないんだけど、まだ選考途中の会社は3社。ここで就活を止めていいんだろうか・・というのが私の悩み。彼氏のカツオ君にに言わせると
私の場合、もし、他にも内定をもらってその会社に入ったとする。もし、何か上手くいかないことがあると、「始めに内定もらったとこにすりゃ良かった・・・
」って後悔すると思う、ということ。確かにそうだ私は優柔不断で服選びなんかでも時間は超かかる。いろいろ見た結果、でも最初にいいな〜と思った物を選ぶことが多い。
服選びと会社選びを一緒にするなって思うけど、私という人間は、今まで「なんとなく」で生きていた。それで何とか紆余曲折しながらも、満足のいく結果が得られた。大学もそうだった。
第一希望ではなかったけど、ここに入ってよかったと思う。人生なんてそんなもん。どこに行っても、私はやっていける!!と思うんだけど・・?
それに、わたしは「どんな仕事をするか?」でなく、「その職場でうまく人間関係が築けるか?」を重視している、とのこと。確かにそうだ
でもそれは会社に入ってみないとわからないこと。後悔はしない。この選択は「最初に内定もらったから行く」といういい加減なものではなく、運命なんだよ!!
でも、就活はもう少しやってみる。結果待ちが2社、面接が1社。
次は卒論に本腰いれよう

復活!! 

March 25 [Fri], 2005, 19:10
 さてさて、ウイルスに侵された私の体は復活いたしました〜
ほんっと、久しぶりに寝込んだよ。飲まず食わずで1キロ減量
その後も、2,3日放心状態で何もしなかったけど、実家に帰ってくると、何だか元気になれる私

 でも、そんなにのんきな事言ってられないのよ!卒論の構想文を提出しなきゃ
大学の成績発表日が締め切りなんだけど、それがどうも4/1らしい・・
あと、5日むりむり。しかも、昨日先生からは「参考になりそうな本があったから読んで」とメールが・・・私ゃ岡山にいるんです!!就活してるんです!!そんなプレッシャーあたえないでぇぇぇ

私の卒論テーマは、ズバリ「生命」です。
でも、とっても幅広くて難しい問題。私はその中でも出産について研究したいんだ。少子化で、子供を生まない女性が増えたり、逆に子供が欲しくて人工授精や代理母出産をしたりすることで、子供は「産む」「授かる」のではなく、「作る」もの捉えがち。つまり、命は「作られる」もの??命は神から「与えられる」のではなく、人間が「作るもの」?という人間至上主義がそこでは垣間見られる。「生命とは?」を考えて、人間がこれからどう生きていけばよいか、議論を展開していけたらな〜と思う。
あっ、卒論の構想が結構見えてきた

疲れた今・・・ 

March 17 [Thu], 2005, 11:18
 相変わらずの就職活動。毎日どこかの説明会なり選考なりに出かけている。
やっぱりなれない場所は緊張するので、体力がいる。そして交通費もばかにならない。

       もう、お金も元気も充電切れだぁ

面接と筆記試験をした会社の発表がでた。結果は不合格だそう。なんだそりゃ自分なりにうまくいったと思っていただけに、ショック落ちたこと自体は仕方ないと思えるけど、「私の何がだめだったのだろう??」と考えるとますますどん底に・・・

まあ、終わったことはよしとしよう!!
でも、なかなか元気は出てくれない。就職活動に対するもやもやした気持ちが復活してくる。「何のために働くのか?」「何をしたいのか?」「今の活動に意味はあるのか?」などなど、どんどん出てくる。私はその疑問に答えを出し、今の自分を変えなければならないと思う。

微妙に風邪気味、体がだるくて眠いそして、頭がボーっとする。これは風邪のせい?それとも鬱?
だけど、今日も面接。しかも
こんな状況でも、頑張れたら自分にご褒美をあげよう

私の生きる道 

March 08 [Tue], 2005, 16:20
 昨日、1年のスペイン留学から帰ってきた友達と朝まで語り明かした
彼女の家は私の家から直線距離で300mというご近所さん。そして小学校からの友達でも、よく考えてみると中学校は部活が違いそんなに一緒にいたわけではないし、高校も違ったし、ここ6年で会ったのはほんの数回。本当に久しぶり!!!だった。

      話したことは、思い出話
「○○ちゃんが・・・・」とか「○○ちゃんと喧嘩して・・・」なんて。
そして、彼女はとても記憶力がいい!!昔の思い出を事細かに覚えている!!まじびっくり

      私は自分の過去を振り返った。

「もっとこうしていれば・・・。」という後悔、「若かったな〜」という恥ずかしさ
もう2度と戻らない時間なんだな・・・と少し寂しかったな
そう同じ時間は2度とやってこない。人生も1度きり
でも、私はどれだけその時間を一生懸命駆け抜けてきただろうか・・・?

私はこの時間の大切さを伝えたいから教育の仕事に携わりたいのかも。
教育=勉強ではなく、学ぶ=教育=人生だと思う。
人は時間を過ごす中で何かしら感じ取り、自分を成長させる少し大げさに言えば、その「感じ取る」キッカケを提供するのが教育関係のお仕事で、人生に潤いをもたらすものなのかな〜と、思う。私の幻想かもしれないけど。
限られた時間を自分なりに生きること、それを伝えていきたいな、なんてね。


2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像セイウチ!
» 憎き先生 (2005年03月31日)
アイコン画像セイウチ
» 複雑な内定 (2005年03月28日)
アイコン画像せいうち
» 復活!! (2005年03月26日)
アイコン画像せいこ
» 疲れた今・・・ (2005年03月22日)
アイコン画像せいうち
» 疲れた今・・・ (2005年03月18日)
アイコン画像せーいこ
» 私の生きる道 (2005年03月09日)
アイコン画像青子
» 来た!!振り込め詐欺電話 (2005年02月22日)
アイコン画像せいこ
» 思いがけない会社説明会 (2005年02月19日)
アイコン画像青子
» 梅田でお買いのも (2005年02月18日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yoshikonoheya
読者になる
Yapme!一覧
読者になる