あー忙しいって最高(笑 Pert2 

March 23 [Thu], 2006, 19:19
1については、詳しく述べることが出来ませんが、
どれだけの社会貢献が出来るかを正しく理解しておく必要が
あります。
社会貢献の出来る事業でなければ、やる意味がありませんから。
現在の日本の現状、そしてターゲットにする年代のニーズにマッチしている
事業プランなのか、、、いろいろチェックする面はありますね。
そして情報を鵜呑みにしない、調べるところはきっちり調べる。
自分の人生を左右することでしたので、自分なりに納得が行くまで
吟味させていただきましたよ!
かと言って考えすぎて何にも行動できなくなるのでは意味がないので
的を絞った確認が必要となります。自分の場合は、取り組みながら
周りの反響を見て確認したという部分もありましたね

2は今までのブログのとおりです!

3は、まず手帳をつけるようになりましたね!
タイムスケジュールをつけて初めて分かるものです、行動に無駄が多かったこと。
より効率よく動くには。。。などいろいろな管理が出来るようになります。
あとは、紙に書くと忘れないというところでしょうか

ここで一番大切なこと、それは『1.目標・目的』です。
ゴールのないマラソンってどうですか?ゴールがあるからマラソンは
楽しいし、走ることができます。ゴールのないマラソン、、、きつい(笑
事業も人生も同じことだと思います。
海図のない航海、行き先の決まっていない新幹線。。。
考えられないですね!ですから僕の事業の行き先を決めてしまうことが
大切です!!
ゴールが決まって、初めて手段が決まります

あ、時間だ。
またゆっくりと書いて行きたいと思います。

稚拙な文章にお付き合いいただきありがとうございました!!

あー忙しいって最高(笑 Pert1 

March 23 [Thu], 2006, 19:01
どうもこんばんは

今日は21時からアポが入っているので、バタバタです。

そろそろ行動をベースにした日誌にして行きたいと思います。
今までのは『やる理由』についてを残してきました

ここからは、師匠(広尾のダンディー)から学んだ、ビジネスの基本。
日々の行動をベースに書いていきたいと思います。
今、将来を共有し集まってくれているパートナー達とこれから出会うパートナー達の
指針となるブログになるように。

まず、事業を行ううえで大切なこと。

1.取組む事業の将来性、先見性を理解する
2.目標、目的を明確にする
3.自分を自分で管理する。
...まだまだたくさんありますが、それは今後に譲ります

決断2 

February 25 [Sat], 2006, 2:10
現在、サラリーマンをやっている傍ら、チャレンジをしていますが、
たしかに今の生活は楽ではありません。
遊ぶ時間を返上して仕事をするわけですから。
今まで飲みに行っていた時間をビジネスに当てるわけですから。
スノボーもサーフィンも車もカラオケも、好きなことはすべて封印です。
将来もっと自由になったときまで我慢します。
自由になったときにやる好きなことの方が絶対楽しいですし、
もっとながい時間で楽しむことができますからね。むしろ日本ではなく
海外で出来るかもしれません。

その大きな事を成し遂げるためにも、今。
月に嫁の給料分は稼ぎたい。

こんな小さな願望ですが、このちいさな事が積み重なることで
おおきな事になると確信しています。
一事が万事、ちりもつもれば山となる。

ただし、仕事として、ビジネスとして、事業としてやる上で忘れては
ならないことがあります。

それは、収入は社会貢献から生まれるという事です。
ですから、おおきな社会貢献を目指すことが、豊かになることです。
収入を追うのではなく、社会貢献を追う。それが事業だと思います。
松下幸之助も、中内功も、。。。
みなさん、些細なことから思いつき、そして多くの人に便利さという
ものを提供し、貢献したから豊かになったと思います。

先日お会いした、某有名外車を扱う会社の社長さんとお話した
ときも同じようなことをおっしゃられていました。
やはり!と思いましたね。そして思いの強さを感じました。
75歳まで現役で事業をやって行きたいそうですよ!!
俺もまけてられないですね、生涯現役でいきます!
あ、この方も協力してくれるみたいです

そんな事業を育てたい。
そしてこのプランには、日本を変えてしまうぐらいの貢献ができる。
そう確信しています。おおくの方を喜ばせて行きたいですね!

今日はこの辺で。次回は、広尾の男性や多くの成功された方から
学んだ仕事の選び方とは?をお話していきます。

ではおやすみなさいませ。
今日も、俺と夢を共有してくれたパートナーたちに感謝です

決断 

February 25 [Sat], 2006, 1:49
そうです、母が生きているころから僕はこの事業を始めると決意していました。
行動はしていませんでしたが、まず誰よりも打ち明ける相手は、
もっとも自分を見てくれていた親だと思います。

いくら後悔しても始まらない、そして頼れる相手は誰もいない。
今の嫁さん(当時は彼女)を守るのは俺の責任だと思うようになりました。

そして、母の葬儀が終わり、実家も引き払いすべての整理が付き、
関東に戻ってきました。
まずやったことは、広尾に住む男性にメールでした。
『これから本気でやります。実家もすべて片付きました。あとどれぐらいやれば
あなたに追いつくことができますか?』

そして、それから本格的に、事業としてこの広尾に住む男性から
いろいろとご教授して頂いております。

まず当面の目標は
●嫁を生活のための仕事から解放してあげること!!
です。

僕が九州男児だからかどうかわかりませんが、
結婚をして奥さんに共働きをさせなければならない状況が
我慢できません。もちろん共働きに反対しているわけではないです。
生活のために、今の生活を維持するためにすきでもない仕事を
させなければならない状況には我慢ができないという事です。

今の時代、『夫婦で3つの仕事』というのが常識になってきました。
以前は共働きすらも常識ではなかった、気づかないほどゆっくり、
しかし思ったより早く時代は変わってきています。
むしろ奥さんが本当に欲しい服を我慢して、ユニ●ロを着ていたら、
僕は絶対我慢出来ません。
毎月月末に家計を気にしているような家族にはなりたくない!

だったら俺が、嫁の分も、もっと豊かに生活できるベースの収入を
稼いでみせる。その為に今の事業に取組んでいます。

なかなか更新出来てませんでした! 

February 25 [Sat], 2006, 1:28
前回からかなり間が開いてしましましたが、引き続き日誌をつけていきたいと
思います。

もちろん日誌の更新は遅くても事業は毎日やってます。
毎日仕事が終わってから、自分のために日々まい進しているといったところです。
今、大変お世話になっている43歳の事業主の教えです。ある有名な方の名言の様ですが。
『夢を持たないものは、夢を持つものの元で一生働くことになる。』

この言葉を頭に刻み、日進月歩です!

実際に日々の行動を記録に残す前に、何故23歳の僕が事業という道を選んだかを
お話しておきたいと思います。

まず、僕が始めた当初の考えは『お金』でした。とにかく金持ちになりたいという思いは
学生時代からずっと持ち続けていましたし。
ですから決断も早かったと思います。何も失うものもありませんでしたし、
守るものもありませんでした。自分ひとりの問題でしたので、すぐに決断が出来たと思います。
しかし、決断が早ければ飽きるのも早い。何の確信も情報も取らずにやると
決めましたから、初めて1年間何もしていませんでした。

簡単な話、『お金』が欲しいのは欲しいんですが、本気で追いかけてはなかった。
ただのノリでした。今思えば、まだまだ夢と呼べるレベルではなく、
ただ絵に描いた餅だったのだろうとおもいます。

では何故、今寝る間も惜しんで取り組んでいるかというと、
大きなきっかけがあったからです。人が何か考え方が変わる時は、
他人からなんらかの影響を受けたときだと思います。

その影響を与えてくれたのが『母』です。

母は、僕が21歳の時に亡くなりました。女手一つで僕を育ててくれた母には
今でこそ心から感謝をしていますが、当時は何も感謝を形で表すことが
できていませんでした。それは後悔しています。何故、もっと母に親孝行を
してやれなかったのだろうと。何故、母が生きているうちに結婚を決めなかったのだろうと、
何故、母が生きているうちに、自分が始めた事業のことを打ち明けなかったの
だろうと。

きっかけ 2の巻 

February 07 [Tue], 2006, 0:44

正直、何を言ってるんだこの人は?と思いました(笑
でも、自分より年上の世代の方にそんなことを聞かれたこともなかったですし、
そのときとっさに売り言葉に買い言葉のようにこんなことを答えてしまった自分が
恥ずかしくもありました。しかし、そのときは夢なんて考えてなかったですし、
そんなもん考える暇があったら仕事して忘れようと思っていました。
「アメ車が好きなんで、ディーラーにでもなりたいですね。」
するとその人は、
「じゃー、車を何台も持ってるすごい人が知り合いにいるけど会ってみる?」
と言われました。「へ??」っと思いましたが、言い出したのを引くのは
絶対に嫌でしたから、だったら一目会ってやろうという気持ちで
「いいですよ」
と言ったのを覚えています。
そして、広尾に住むその男性と品川プリンスの2階にある喫茶店で
初めてお会いしたのを覚えています。
そのとき色んなお話をしました。そして事業の話もそのとき伺いました。
その将来に対するビジョンや可能性に何かを感じたのでしょうか。
数ヵ月後、その方に直接連絡を取り会う約束をした僕が居ました。

それから僕の人生が大きく変わろうとしています。

この日誌を通し、その広尾に住む男性から得たノウハウや考え方を
今共に頑張っている協力者の方々、そしてこれから出会う多くの
協力者の方々の参考になれば光栄だと思います。
明日から日々の行動内容と決断について書いていきます。
明日は、僕のビジネスに協力してくれることになった女性と
会って作戦を考えてきます!

もっと広尾に住む男性と会い、いろいろと吸収しないと

燃えに燃えている九州男児よしきんぐでした

きっかけ 1の巻 

February 07 [Tue], 2006, 0:41
軽く経緯はこんな感じです。

きっかけはこんな感じでした。
3年前に新卒で、九州から関東のとあるソフトウェア開発の会社に入社しました。
早く社会人になり親元から離れるのを望んでいたので、新生活に
根拠の無い期待と希望を胸に入社しました。
将来の夢は「お金持ちになる」でした。今思えば、何に自信があってそんなことを
言っていたのか
会社に勤めながらずっと考えていました、このまま会社で働き続けて、自分が本当に
望む人生はあるのかと将来に対する不安を感じ、焦燥感に駆られていたのを覚えています。
しかし目の前には片付けてしまわなければならない仕事が山ほどあり、
そんなことを考えていたことを忘れるほど仕事をしていました。
そして、学生時代に夢見た生活を忘れかけていた頃、そのとき派遣社員の方で
たまたま3ヶ月ほど仕事をした男性がプロジェクトから抜けるタイミングでこんなことを
聞かれました。
「何か将来やりたい夢とかあるの?」

本日より事業日誌をつける事に!! 

February 07 [Tue], 2006, 0:09
今日から、日記をつけることにしました。
現在立ち上げている事業が成功へつながるプロセスを毎日つけることで、
自己管理&改善+これから共に立ち上げていくパートナー達の指針と
なればと思います。

昨日は、広尾に住んでいる知人にお願いし、今まで僕が知らなかった日本の
広さを教えてもらいました。
この方は、僕が心から尊敬できる男性です。
こうやって事業をやっていこうと思えたのもこの方と出会えたからです。

広尾の空気に触れ、世界の広さを感じた九州男児よしきんぐでした
2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像NANA
» きっかけ 2の巻 (2006年02月07日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yoshiking
読者になる
Yapme!一覧
読者になる