ウインドウショッピング 

2004年12月26日(日) 1時59分
今日は朝、髪染めました。

半年振りくらい、面接関係で染められなかったけど、
今日は若干アッシュに。(社長(=店長)や店の雰囲気と相談して)

そして梅田にいってウインドウショッピング。
古着屋中心に。

人が多いです。人が。

ニット購入。

そしてバイトの面接、といっても直接ではなく派遣会社の人とでした。
まあ無難に。

そしてまた梅田をぶらぶら。
欲しい服があったけど、これ買うと新潟帰れんから我慢。

ラストは毎度、インターン。

なんか最近いつもこのパターンだな。
今年関西にいるのもあと2日です、
ちょっと寂しいな。

クリスマスイブ 

2004年12月25日(土) 2時24分
今日は街の至る所でカップルを見ました。
そうですよね、クリスマスイブだもの。

ついでに友達のカップルも見ました。幸せそうで良かったです。

明日はバイトの面接!
行きたい学校があるのです。
そのための一歩として、お金を貯めたい!
他にも服やらインテリアやら本やら、ゲームやらも欲しい。
欲はつきません。

明日はクリスマス 

2004年12月24日(金) 1時45分
今日はなんと2時に目覚める。
ドンドン時間軸がずれていくなぁ。
学校が無いから油断したんだろうな。

困った。困った。

そして、焦り気味に5時から大阪でインターン。
また少しメニュー覚えました。

明日はクリスマス。みんなHAPPYにね。

冬休み 

2004年12月23日(木) 2時09分
今日は12時に起床。

へこみます。本当に。
おかげでゼミと英語サボってしまいました。

何故か小さなしなきゃいけないことに追われて、学校を走り回ってました。

それから毎度大阪のインターン。(ゼミ飲みやってたのになぁ・・・)
今日もメニューやら細かいことを知って少し進歩したかなって感じです。
すっかり慣れてきました。
早くオフィスで働きたいなぁ。

明日から冬休みです。
実家でゆっくり。
そして出来たら旅がしたい。

12月のアーカイブ 

2004年12月01日(水) 14時33分
2004年12月12日
今日は久しぶりに体を動かしました
大阪にインターンにはじめて行ってきた。

インターンというよりもアルバイトといった方がいいのだが、
何分アルバイトとしてもそれはとてもいい環境だった。
どこでやっているかというと、
まあちょっと高めの飲食店って感じ。
そこでは、ご飯がタダで頂けてしかも絶品。

以前のファミレスのバイトと同じような感覚なのだけど、
働いている人たちがとても元気で、掛け声とか皿洗いながらかけてたりする。
ある意味、疲れてきたからあえて声を出してた
そう、こんな感覚は以前もあった

高校のときのバドだ

結局、変わらないのだなぁ

そして、そのアルバイトからでも勿論学ぶことはたくさんあるし。
社長(店長)も率先して初日であることにも関わらず
少しでもいろんなことをさせてくれようとしていた
やっぱお客さんの前に出ると緊張するねー

嬉しかった。
どんな些細なことからも学ぶ、向上する、全力でやる

まだこのような感じのことは、今年いっぱい続くのだけど、
この短い期間で現場のことをしっかり学ぼうと切に思う。

そして終電にそそくさと乗り込み
ノルウェイの森(下)を読む。
この本は、珠玉の言葉が散りばめられていると思う。イカス
新たな視野を与えてくれる作品だった。

そしてこたつで就寝

11月のアーカイブ3 

2004年11月03日(水) 14時30分
2004年11
ようやく英語の授業が役に立っている気がしてきた
最近学校の英語の授業、特にWritingが
かなり役に立つのではないかということに気づいてきた。

よくエッセイをfirst draft→ second draft →final draftという順で
書き直していくのだけど、
今まではぶっちゃけ全部ほとんど同じだろって思ってた。

だけど、今日は、出席率も低く、単位的にきつそうだったので、
とことんfinal draftを凝って、いっちょ先生を驚かしてやろうと思った。

そこで先生に「どうすれば良くなるんですか?」
などといくつかじかに問うてみたり、
今までのプリントを何度も見直して、その技法を使ってみたりした。

そしたら、自分でいうのもなんだか、いいエッセイが出来たと思う。
(あくまで主観的判断だけど)

その過程でようやくその書き直していく意味、それが実感できてきた。
英語の授業が役に立っていると感じた。

まあ英語の授業が実践的ということで、
効果も見えやすかったてのもあると思う。

11月のアーカイブ2 

2004年11月02日(火) 14時29分
2004年11月07日
これをやめたら、やめることが癖になるらしい
僕は小さいときに習い事をしていた。というより正確に言うと、させらていた。

当時は嫌だった、日曜は朝から剣道、土曜は習字。遊ばせてくれと。

そのとき親に辞めさせてくれと何度も言った。そこで親が言った言葉が印象的で今でも覚えている。


「これをやめたら、やめることが癖になるよ。次にしたことが楽しいかどうかなんでわからないじゃない。」

当時は、
「いーやサッカークラブで練習したら絶対おもろい、あれは俺に続けさせるためのしつけだ!」
なんて反抗していた。
まあ、実際ひたすら耐えながら、ある時期までという約束でやりぬけた。
やめるときに本当に嬉しかったのを覚えてるな。

今思うと、かなりもったいないことをしてたと思う。
どうせならもっと楽しめばよかったなと。
今剣道や書道、やりたくても金やら時間やらでなかなか出来ない。
勿論本当にやりたければやってもいいけど、生憎そこまでやりたかぁない。

最近になって思うのだが、まんざら親父の言っていたことも嘘じゃないかもって思ってきた。

実際いろいろと文句をつけて(当時は自分の方が正しいって思ってた)、
様々な団体を辞めてきたけど、
これから入る団体で本当に楽しいかってのはわからないし。


続けることで得られる深さみたいなものが欲しい、何かを成し遂げたという誇りや
自慢できることをつくりたい。これだけは負けませんって堂々と言いたい。


だから面白さを探して、造るようにしたい。そしてある程度耐えるってことも身につけたい。
そしてつづけてみる。

11月のアーカイブ 

2004年11月01日(月) 14時27分
2004年11月06日
blogリスタート
今日からblog再開しようと思う。
だけど、ある程度以前とは趣旨を変えて。

blogはよく情報発信のツールだと聞くが、
僕も出来るだけ情報を発信したいと思う。
まあ僕が発信できる情報というのは、限られていて、
日々の気づき、感動。そんなところだろう。

だけど、以前よりも慎重に「公開」という手順を踏みたいと思った。

思いつきや受け売り、その場の空気ではなく、本当に伝えたいこと
を自分の言葉で伝えるために。

具体的な方法としては、
書いてから数日「下書き」として寝かせ、冷静に受け売り的意見・その場のノリ発言
を排除する。(堤君のコラム参考)

こういう風に考えるに至った背景は
自分のblogに責任と自信を持ちたいということの他に、
単純に友達に「お前のblogは受け売りだよ」と批判されたところにある。感謝。

日々のルーチン・メモ・アイデア・ささやかな嬉しさ・悲しさは
未公開のblogに書いていこうと思う。アナログの日記的使い方をしようと思う。

さあ、blogリスタート。

 

10月のアーカイブ18 

2004年10月18日(月) 14時26分
2004年10月31日
少し落ち着いてきたかな
最近、自分でいうのもなんなんですが、少し落ち着いてきたかんじがします。

なんというか、動きまくらなくなったというか。

これが良いことかどうかはわかりませんが、
少なくとも自分はこういうのもありかなと思っています。

例えば、今日は日曜日。
学生主催のイベントや講演会の情報は探せばすぐ見つかります。

以前というか少しの前の僕なら、MLやネットを隈なくチェックして
大阪やら京都に向かっていたと思います。
(でも、興味が湧けば、今でも平日だろうと行ってやります!)

今は、というか具体的に今日は、家にこもって、
風呂場のタイルを磨くだの、掃除するだの、こたつを出すだの
という日常的なことをやっていました。




投稿者 yoshiharu : 20:28 | コメント (0) | トラックバック

ファション哲学
今日は友人と服を買いに大阪心斎橋に行ってきました。

雨だというのに人・人・人。けっこう疲れます。

ビームス・SHIPSからアンダーカバー・コズミックワンダー・ソフまで。
勿論、高くて買えないんですけど、ハイブランドの店に入ると、店の内装自体に
ちょっと変わった印象を受けます。引き締まったイメージとか、逆にゆるいイメージとか。

ファッションにも哲学があるんだなぁと感じました。

服を通して何かを訴える。メッセージのある服。語りかけてくる服。
アートや映画や写真と同じように、作った人の感性が存分に発揮されるものだと思います。

まあ、僕はなんといっても安くてちょっと変わっているので
古着が中心のコーディネートですが。

いつか、そういう背景にあるメッセージを理解・共感できたら、
ハイブランドの服を着てみたいです。

10月のアーカイブ17 

2004年10月17日(日) 14時26分
2004年10月27日
ゼミっていいねっ
朝からリスニング聞きまくたっけど、全然わからなくてー、へこむ。

今日はゼミが休み、うーん嬉し悲し

リスニングでは、何言ってるか理解できないものの、一緒に流された画像に
なぜか感動。

そして比較思想文化論のグループワーク。
グループワークは他の人の意見にはっとさせられる。
やるなぁ人って

そして、その後、何やったけ?

確か図書館で『社会人として必要なことはディズニーランドで全てを教わった』っていう本を読んで。
おもしろい。サクサク読める。

そして、なんと学祭で頑張ったという理由で先生がホテルでディナー食べ放題をごちに。
おなかいっぱいで死にそう。うますぎる。ケーキ甘すぎる。

あの空間が好きだー。なんといっても。みんなでわいわいご飯を食べる。
(食べまくる)フードファーター多数。

学祭を通してまたゼミの親睦が深まったな!

一緒に働いて、チームワークに感動して。必死さに感動して。
なんだかんだいってゼミは大切だ!

ある女の子が言ってたけど、お金以上にゼミが仲良くなって嬉しい。

激しく同意!




投稿者 yoshiharu : 22:08 | コメント (0) | トラックバック

2004年10月26日
自分の言葉で書いてみるかぁ
無意識か意識かわからんけど、どうも僕のブログはパクリが多いらしい。

誰かの台詞だとか本だとか誰かのブログの言葉とか。

友達にいわれて薄々思っていたんだけど、ショックという感じ。

聴いた言葉を自分なりに解釈して自分の言葉で伝えられたいいと思うけど、

パクリは駄目だ。なんか素の自分が出てない気がするし、聞いてて嘘っぽい。

かっこつけというか。

また他の友人いわく僕のブログはかまってほしいオーラがでてるらしい。

かまってほしいのは事実だけど、なんか読んでて嫌な感じを受ける人もいるとのこと。

そうなのかぁ・・・。

っていうかこのエントリーもまた「かまってほしい」系だ・・・。

僕のブログは「かまってほしい」系ですが、これが僕のブログということで許してください。

2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yoshiharu
読者になる
Yapme!一覧
読者になる