書店に最適な派手な幟

August 02 [Fri], 2013, 20:42
古来ののぼりは、最初ながれ旗が使われており、旗の概要は長い布を竹竿などの先に付けて長く風にたなびかせるタイプの旗でした。このタイプのもとは中国から贈られたいくさの時使われていたとされます。文字としては、「日本書紀」にも載っているようです。
派手な色彩ののぼりが風になびいていると好奇心を持つものです。反対にカラーが落ちしていたり文字がぼんやしていたりするとドライバーに気づかれなくなります。だからのぼりはだいたい90日程度で交換するのが妥当でしょう。
近頃ではラーメン自体次から次へと新商品が生まれ、それに引きずられ中華料理の持つイメージだけではなく、自由な表現が生まれています。一例として下地を黒にして白い力強い文字を使ったり、ラーメンの柔軟な変遷がのぼりに持たせる印象にも変化を及ぼしてきているようです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ヒデオ
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yoshida1210/index1_0.rdf