+強制バトン+ 

2007年01月04日(木) 15時05分
○   あなただけの恋物語   ○

◇◆見た人強制です((*+'U`从'V`+*))◆◇

バトンのルール*

あなたは恋をしました。その相手とおこるさまざまなことが書かれています。
そのときどういう反応をするか書きましょう。
彼の名前はA君。

+第一章 「  出会い  」

☆今日から新学期。そんなあなたの心境は?

やっていけるといいなー

☆同じクラスには見たことのない名前が!どう思う?

大人しくしとこう。

☆クラスに入るとあなたの目に入ったもの・・・

五月蠅いクラスメイト達(笑) 

☆転校生の名前はA君。先生から紹介がありました。

・・・(第一印象は大抵悪い)

☆顔も性格も貴方のタイプ。一目惚れしちゃった・・

絶対仕留める。

+第二章 「  初めての会話  」

☆なんと貴方とA君が掃除当番で一緒に!

さり気無く話す。

☆A君は時間になっても来ません。どうする?

探す。

☆A君がやってきました。遅れたことに反省してない様子。どうする?

「何やってたの?」っていうけど内心許す。

☆あなたが注意すると、A君「遅れてごめん」と反省気味です。

にっこりする。

☆次の日。A君ではなくあなたが遅刻したら!?

素直に謝る。

☆A君って許してくれる?許さない? どっちだと思う?

多分許してくれる・・・と思うが。

+第三章 「  大掃除  」

☆今日はA君と一緒に大掃除ですよ!

掃除好きだなー・・・ 

☆重い机を持ち上げようとする貴方ですが、持ち上がりません。

手伝ってもらう。

☆A君がその様子に気付いたようです。貴方の行動は?

「手伝ってくれない?」

☆A君は貴方がもてなかった机を持ち上げてくれました。貴方の言葉は?

「ありがとー」

☆A君との仲がまた深まったように感じた大掃除でした。

はい。良かったね。

+最終 「  理想の会話  」

☆A君の会話から始まって、貴方のことば・A君の言葉と続けていきましょう。

どんな会話がしたいですか? 「 」がたりなくなったら付け足しましょう。


ただちょっとでも会話できれば幸せだと思うが・・・
相手から告られるのが理想。今まで一度も無いさァ。
相手から告られたら絶対二股とか浮気しないって(笑)昔ほぼ同時にラブレターを二人に出したことのある悪魔です(笑)って昔話しちゃったよ。
会話はホント考えらんない!

このような恋ができればいいですね!
それでは、最後にこの人の恋を聞きたい!って人にバトンを回しましょう。

ごめんなさい。いません。

けどこのバトン面白かった♪前に付き合ってた子がA君だったからちょっと笑えた。

+バトン+ 

2006年12月29日(金) 19時30分
れんちゃんから回ってきたバトン。

1.回すヒト5人を最初に書いておく

いません。

2.お名前は??

りぃ 。
3.おいくつですか??

14歳の親父。(嘘)

4.ご職業は??

娼婦。嘘です。中学生です。

5.ご趣味は??

和風好き。

6.好きな異性のタイプは??

優しい。ツンデレ。

7.特技は??

自分イジメ。

8.何か資格持ってますか??

うん。

9.悩みが何かありますか??

たくさんあるさぁ。

10.お好きな食べ物とお嫌いな食べ物は??

好き にっき飴 かりんとう チョコレート。

嫌い しいたけとか茸類。

11.貴方が愛するヒトへ一言

嫌がらせしないでちょ。

12.このバトンを回してきたヒトって??

れんちゃん。とってもかわEあたしの妹(笑)

13.回すヒト5人を指名すると同時にその他のヒトの紹介を簡単にお願いします

ごめんなさい。いません。

+寝台+ 

2006年12月29日(金) 19時25分
私と妹のベット。もちろん二段。
妹のベットに押し入ると殴られるので注意。
今日は昼寝した。
起きたら眼鏡の跡がついてた。
赤くなってて見てて
痛い。

+何故か+ 

2006年12月28日(木) 10時55分
何故か母上に似ているロコン。
小さい頃から何となく口に出さずに母上に似ているなぁと思っていた。
今日始めて妹が言って改めてそう思った。
何故だろう。
目?色?
よく分からないけど感じが似てる。

+ウザイバトン+ 

2006年12月28日(木) 9時00分
□ウザイバトン□

1、ちゃーす!

どうも。

2、お前、名前なんてーの?

りぃ

3、へぇー・・・・・趣味悪い奴の思考には着いていけないなw

すんまそん。

4、あーそうですか。お前、何歳?

14。

5、餓鬼んちょ。俺はお前より年上だ。タメ口きいてんなよ?

はい。(ヤダ)

6、ふぅー・・・・

・・・(どっかいけ)

7、お前、人間?

そうですけど

8、人間じゃないよね。顔が違うもん顔がw

そうですか

9、今むかついた?

いやいやそんなことはありませんよ(笑)

10、ったりめーだろ。そういう風に作られてんだよ。

・・・哀れな・・・

11、どーでもいいけどさ、お前、友達何人?

たぶん結構いる筈。

12、へぇー・・・人望ないね。

うん。いや、はい。

13、興味ねーけどさ、お前、好きな人とかいんの?

いるけど。

14、へぇー・・・(ニカッ

・・・(キモッ)

15、これから恋すると思うけど、ちょっとしたアドバイス。

もうしてるから結構だ。

16、お前じゃ恋はみのらねーよ。一生独身で行け。

そのつもりです。

17、まあどうしても結婚したいって言うなら俺が結婚してやろーか?

お断りします。てめーと結婚すんなら死んだほうがマシです♪

18、嘘だよばーか!気持ちわりぃんだよ!

どっちがだよ

19、ったく、てめーの相手になる奴いたら見てみたいよ。

・・・

20、さっきから気になってたんだけどさ、お前身長は?

153くらいじゃねーの

21、ちっ・・・なんだよ。俺が大きくなったと思って見下ろしてたらお前がちっちゃいだけかよ。

いつもチビって言われてますから

22、お前、将来の夢とかある?

あるけど内緒☆

23、無理だろうな。其の夢は叶えられねーよ。

そうですね。

24、此処まで答えるとは相当の暇人だな。

バトンを最後まで答えないのは失礼なので。

25、残り少ない時間を大切にしろ。

貴様こそ。

26、うっせーな。黙れよ。

・・・

27、いちいちつっかかってくんな。

うるせー。

28、あ?なんなら戦ってみるか?寝技使ってやるよ。

・・・

29、だからその気になんじゃねーよ。キモイからやめれ。

・・・(死ねよ)

30、あ、お前、次に回す人考えたんだろーな?

いない。

31、じゃあな!俺もう帰るわ!お前みたいに暇じゃねーし!

あっそ。

32、次は面白い奴に回せよ!?じゃーな!

さよなら。もう一生あたしの前に現れんな。

+バツゲーム 一護×ルキア+ 

2006年12月26日(火) 19時55分
+〜バツゲーム〜 一護×ルキア +

「暇だなぁ。」

ルキアがぼやいた。

「んじゃ、トランプやるか?」

「と、とらんぷ??」

ルキアはきょとんとしている。

「待ってろよ。今持ってくる。」

俺はがさがさとトランプを探し始めた。

「あった。」

昔、家族で滅茶苦茶なトランプのゲームをしたような気がする。

「これがトランプと言うのか。この紙切れで何をするのだ?」

「じゃあダウトやるか。やり方教えてやるよ。」

「頼む。」

ルキアは懸命に俺の説明を聞く。

「なるほど。簡単そうではないか。早速やるぞ。負けたほうはバツゲームだ。まあバツゲームは勝った方が好きに決めていい。」

ルキアはやる気まんまん。俺が一枚目のカードを出した。もちろんA。

「ダウトだな!?」

ルキアが一枚目から言う。ルキアが俺の出したカードを見る。

「…」

ルキアはしぶしぶそのカードを取った。ルキアは何度も何度もダウトと言い続ける。そんなに俺が疑わしいのか。ルキアの魂胆がよく分からない。結局ルキアは負け。最初から決まっていたようなもんだけど。

「じゃあ負けたからバツゲームだ。」

ルキアは驚いた顔をした。

「ひ、酷いではないか!初心者なのに!」

「バツゲームやると言い出したのはお前だろ。」

「…致し方ない。バツゲームとやらは何だ。」

俺は、少し考えた。そして俺は良いことを考え付いた。

「……俺の言ったことに答えろ。」

「ただし、一つだぞ。」

俺はにやりと笑った。ルキアは、ごくりと唾を飲み込む。


「俺はお前が好きだ。」


ルキアの顔が赤くなった。

「答えろよ。」

ルキアはうつむき口を開いた。


「……私も一護が好きだ…」


俺はルキアを抱きしめた。幸せだ。そうとしか言えなかった。               

+END+

+学生バトン+ 

2006年12月25日(月) 18時40分
【学生の生活覗いてみようバトン】

ルール:学校行っている時の生活で答えてね(❀ ゜ロ゜)

Q1 朝、何時に起きますか?

 六時三十分

Q2 学校に行く服装は?

 セーラー服

Q3 家を出るのは何時頃ですか?

 七時

Q4 学校に着いたらまずする事は?

 挨拶? 

Q6 授業は何が集中できる?

 美術

Q7 では、逆に集中できないのは?

  理科T

Q8 休み時間。あなたは何をしていますか?

 お喋り?   

Q9 今更ですが、何年何組?

 二年桜組

Q10 何人で行動してる?

 三人くらい

Q11-A 好きな人は居る?

 いる。

Q11-B (好きな人居ると答えた人へ)廊下で好きな人にすれ違ったら?

 ・・・さあ。   

Q12 昼食時間。誰と食べる?

 大坂家+はるちゃん+みさきちとかとか大人数

Q13 一日の授業が終了。まず何をする?

 鞄をロッカーの横に置く

Q14-A 部活入ってる?    

 はい

Q14-B (入ってると答えた人へ)何部?

 音楽部

Q14-C (入ってると答えた人へ)部活楽しい?

 楽しいけど、出る気がしないときがある

Q15 学校が終わり帰宅。何をする?

 パソコン、ゲーム、漫画、携帯とか(勉強は・・・

Q16 夜。何時頃に寝ますか?

 十二時

Q17 お疲れ様でした。次に回す人、3人をどうぞ!!(学生限定)

ごめんなさい。回す人いない。

 

+硝子瓶の底+ 

2006年12月15日(金) 17時30分
硝子瓶の底を覗いて見た。
何となく不思議な世界。
歪んでて素直じゃない。
底に見えるのは
黒色の眼鏡。

+漆黒眼鏡+ 

2006年12月15日(金) 14時35分
新しくブログを作ることにした。
気紛れに。
写真をどんどん入れていこうかな・・・と。
上の写真に映っている眼鏡は私が普段使用している眼鏡。
気に入っているかといわれればまあそうだ。
紅色の眼鏡もあるが、この方が良いと言われたのもあり、
基本は黒眼鏡。

何はともあれこれからよろしくお願いします。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:如月りぃ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1992年10月7日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:千葉県
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-ALI PROJECT
    ・マンガ-CLAMP、BLEACH等
読者になる
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる