夜に目が見えにくいのは目の病気「夜盲症」かも!

April 05 [Tue], 2016, 15:22
暗くなると目が見えにくいことはありませんか?年をとったからだと思っている人もいるかもしれませんが、それは目の病気かも知れません。夜盲症という目の病気は、暗い場所だと目が見えにくくなります。夜に車を運転していて先がよく見えなかったり、映画館などの暗い場所で足元がよく見えないといった経験をしたことがある人は、要注意です。夜盲症はビタミンAの不足が原因で引き起こされることが多いです。ビタミンAは、普段の食生活で補うことができます。夜盲症に効果のある食べ物を知り、夜でもしっかりと目が見えるように改善していきましょう。


■夜になると見えにくい夜盲症に効果のある食べ物で視力回復!


効果のある食べ物1 ひじき

夜盲症の症状に一番効果があると思われるのが、ひじきです。ひじきには夜盲症を引き起こす原因となるビタミンAがとても豊富に含まれています。朝ごはんなどにひじきをプラスしてみると良いでしょう。


効果のある食べ物2 にんじん

普段から食べやすい食材でビタミンAが豊富なものといえば、にんじんです。にんじんは、毎日の料理に工夫を加えつつ取り入れやすい食材だと思います。また、定期的に摂取することで夜盲症が治ると言われていますので、効果は高いでしょう。


効果のある食べ物3 ウニ

あまり頻繁に食べる食材ではないかもしれませんが、実はウニもビタミンAが豊富な食材です。また、目の疲労を取ることも出来ると言われています。ウニは、たまに食べることで、目の疲れを取るとともに夜盲症を予防すると良いでしょう。


■目が良くなるアサイベリーで「夜になると見えにくい」を解消


目が見えにくいことで、生活に様々な影響が出てしまいますよね。効果のある食べ物を積極的に摂取しようと思っても、毎日続けるのは難しいかもしれません。そこで、サプリメントも飲んでみるというのはいかがでしょうか?「アサイベリー プラチナアイ」というサプリメントは、目が見えにくい人のために作られています。目の力をアップさせるアサイベリーと、その他3種類のベリーが配合されています。かすんでいた視界をすっきりさせ、眼鏡無しでも目がよく見えるようになるかもしれません。手軽に出来る夜盲症対策として、取り入れてみてはいかがでしょうか。