交感神経優位になって夜眠くない時には、このホルモンに注目

October 26 [Mon], 2015, 23:28
夜眠れなくて、逆に昼間とっても眠くて
辛い思いをしている人が多いんですよね。

生活習慣の乱れや、食生活の乱れで
バランスが崩れてしまって
結果として眠りに影響していることが多いんです。

質の高い眠りのためには、
副交感神経優位の状態が必要ですよね。

でも、夜遅い時間にパソコンやスマホを見続けて、
脳に刺激を送り続けていると、
脳が活性化してしまいます。

脳が活性化するということは、
脳が興奮状態にあるっていうことです。

そして、交感神経優位の状態になって、
眠気が無くなってしまいます。

この状態で布団に入ってもなかなか眠れなくて
辛い時間を過ごすことになってしまうんです。

夜眠れないので、昼間とっても眠かったり
体がだるくなってしまって、
仕事や勉強に集中できなくなってしまいます。

この悪循環を続けるのは絶対避けたいですよね、
なんとかぬけ出す方法は無いでしょうか。

今注目されているのが休息に深く関係している
ホルモンの分泌を正常にする方法なんです。

そのホルモンとは「セロトニン」です。

セロトニンは一言でいうと
安らぎの脳内物質です。

セロトニンが正常に分泌されていると
朝からセロトニンが目覚めを促して
眠気のホルモン「メラトニン」を抑制します。

これで朝からスッキリ起きられるんですね。

セロトニンの働きは夜の眠りにも関係しています。

夜になるとセロトニンは眠気のホルモン「メラトニン」に
変化して、寝付きを良くしたり、安眠をサポートしてくれます。

寝付きが悪い、そして昼間すっきりしない人にとって
大切なホルモンだということが分かりますよね。


現代人の乱れた生活習慣や食習慣によって、
セロトニンが不足しがちになってしまいます。

これが、睡眠について悩んでいる人が多い
原因の一つなんですね。

ではセロトニンを正常に分泌するために
どうすればいいでしょうか。

・早寝早起きをする
・朝目が覚めたら明るい光を浴びる
・軽い運動をする

等をすることが大切だと言われていますが、
見逃せないのが必要な栄養をしっかり摂ることです。

セロトニンの原料となる栄養素が2つあります。

それが「トリプトファン」と「ビタミンB6」です。

これが不足すると、セロトニンが充分作れなくて、
正常に分泌されなくなってしまうんですね。

「トリプトファン」も「ビタミンB6」も
バランスの良い食事をしていれば摂取できます。

でも、朝食を抜いたり、偏食したり、
外食が多かったりすると
充分な量を摂ることができないんですね。


足りない分は積極的に補って上げる必要がありますね。

そこで注目されているのが
「トリプトファン」と「ビタミンB6」を
たっぷり含んだサプリ「月の休息」です。

「月の休息」は健康食品なので、
薬は副作用や依存症になるのが怖くて
飲めないって思っている人にも安心ですよ。

実際に愛用している人の口コミを見てみると、
ずっと夜寝付きが悪くて、昼間ぼーっとしてしまうと
悩んでいた人がいろいろ試してみて、月の休息にたどり着いたと言っています。

色々試してみた中で、月の休息が
一番朝からのスッキリ感を実感できたんですって。

この他にも夜のぐっすりと朝のスッキリが違うって
沢山の声が寄せられていますよ。

夜なかなか寝付けない、朝からすっきりしないって
悩んでいる人は、月の休息を試して
すっきりを手に入れてくださいね。

詳しくは下の画像をクリックして、
公式サイトをチェックしてくださいね
↓↓↓↓↓↓↓↓