夜寒くて眠れないなら、体を温める食材で簡単に解消できる!

June 13 [Fri], 2014, 2:25
夜、どうしても寒くて眠れないという人が
近ごろ驚くほど多いです。

冬はもちろんですが、暑いはずの夏でも
手足が冷えて寒くて眠れないというのです。

なぜ眠れないかというと、原因は体温にあります。

通常、人間の体は夜ねる時間になると
少し体温が上がります。

脳が休むためのサイン(眠くなる)と
体温が高くなることが同時に起こるのです。

しかし、体温が低いままだと脳がお休みモードにならず
寝つきが悪くなってしまうのです。

ようやく寝られたとしても、眠りが浅いため
体の疲れが取れずに翌日も体がだるい等の影響が出るのです。

ですから、よる寒くて眠れない人は
体のめぐりを良くして手足の冷えを改善すれば
夏でも良質な睡眠が取れるようになります。


■体のめぐりを良くする方法

体のめぐりを良くするには、
まずは体の中から温めて血行を良くして
冷えを改善することが大事です。

・体を温める食材を摂ったり温かいものを飲む
・半身浴をして体を芯から温める
・靴下やレッグウォーマーで足元を温める

体の中から温めて、冷えやすい部分を
温かくしておくと血液がスムーズに流れて
冷えの防止になります。

ぐっすり寝るためには体が温かくないといけないので
体を冷やさないように気をつけましょう。


上記でも書いているように、
体を温める食材や飲み物を摂るというのも
かなり重要です。

というのも、夏の暑い時期の場合、
昼間に冷たい飲み物や食べ物を摂る機会がほとんどです。

しかし、そのときに摂った冷たいものが
体を冷やしてしまうのです。

もちろん、室内のクーラーの冷房も
体を冷やしてしまう一因です。

上着を羽織ったりブランケットで足元の冷えを
防止するなどの対策が必要です。


■体を温める食材

体の中から温める食材として「ショウガ」があります。

冬には生姜湯などで冷え対策をする人は多いですが、
手足が冷える人は夏でもショウガを摂取すると
症状が改善されることがあります。

最近は、ショウガに様々な体を温める成分を
配合してある商品が多いので気に入った商品を
試してみるといいですね。

個人的には、「金時ショウガ+ヒハツ+クラチャイダム」
が成分的におすすめです。

生姜の王様といわれる金時ショウガに
めぐりを促進するヒハツが加えてあります。

その上、交感神経を活性化する
クラチャイダムが配合してあるので、
他のショウガでは効かなかった人でも効果が得られます。

トリプルパワーで確かな実感が感じられるので
顧客満足度93%と高い支持を得ています。

定期コースなら初回75%OFFなので
夏の冷えで眠れない方は公式サイトをご覧ください。
  ▼▼  公式サイトはこちら  ▼▼