2004年08月29日(日) 22時24分
クリーニング屋の軒先の未亡人は自らをきれいにし得ず
貧民靴の住人の一張羅を落ちることのない汚れと戦いながら洗っている
その店の前のまぐろ屋のおやじはいつも静かにまぐろをきっている
この場所は何をやってもうまくいかず
その前を通り過ぎる犬を連れた婆は通行人を捕まえては立ち話を仕掛けるのだ

 

2004年08月29日(日) 22時23分
急スピードで展開していく街よ
そこに残されるのは墓場だ

 

2004年08月29日(日) 22時21分
あぁ全長5mmのアメリカ
その場所では0.1mmの君が代が演奏され
星条旗はいつまでも物干し竿にかけられていた

 

2004年08月29日(日) 22時19分
朝焼けの空
夕暮れの漆黒
ねめつけられた鳥たちの下には望遠鏡

あめ 

2004年08月18日(水) 20時59分
あしたの天気は雨か晴れか
あしたの天気は雨か晴れか
あしたのあさはかさ持ってかなきゃ
あしたのあさはかさ持ってかなきゃ
昨日の夜は雨だった
昨日の夜は雨だった
今日は一日中晴れ
今日は一日中晴れ
だから
あしたのあさはかさ持ってかなきゃ
あしたのかさはあさ持ってかなきゃ
ばちがあたっちゃうじゃないか
あしたのあさはどんな天気か
あしたのかさはどんな柄がいいのか
あしたの雨はアスファルトに
昨日の雨はくさのねもとに
ふりそそいではしみこんでいく
だから
ぼくは自分でかさを持たなきゃ
ぼくは自分でかさを持たなきゃ
雨にしこまれちまわないように
雨にしみこまれちまわないように

あしたのあさはかさ持ってかなきゃ
あしたのかさは空色にしよう
あめのにおいがつかないように

となりのとなり 

2004年08月18日(水) 20時54分
ぼくの隣の隣は知らない人
ぼくの隣の隣は知らない人
ぼくの隣はきみなんだ
ぼくの隣はきみだけど
ぼくの隣の隣は知らない人
ぼくの隣の隣は知らない人
だからきみの方を向きたくない

雲雀 

2004年08月18日(水) 20時47分
雲雀はとんでく いつものように
きみはあるくよ  いつものように
ぼくには帰る場所がない ぼくには帰る場所がない

雲雀はとんでく 空の切れ間に
きみは走るよ   駅のホームに
ぼくには帰る場所がない ぼくには帰る場所がない

雲雀はとんでく ぼくのいぬまに
きみは帰るよ   きみのねどこに
ぼくには帰る場所がない ぼくには帰る場所がない
2004年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yorozukotonoha
読者になる
Yapme!一覧
読者になる