amivoiceの音声入力ソフトとしての実力を検証中

February 03 [Fri], 2012, 22:30
今、レベル14です。amivoice。

キトラ方には内々は日本にはない
貴光大仙という新車貴社みんなから尊敬されていた近くにくにましたが、彼の言葉辞書的なのは、自分は人の手本には内々、健4くらいにはなるが、という
基本だと、7号機本は美味しそうとか紋章とか、映画の立場でいろいろあたしは、健康とか宗教について書いたり話したりしていますが、これらは自分の体験会(と直感に従って買い取り話したりしている訳日本で開く.見本として、みんな唱えてくれれば、と思っています。笑ってくれればいいし、監視したり、今日してくれれば結構なお話で、ばかにされても構わない、
人間は一人一人違うんです。全ての人がたった1人しかいないし
子供が生まれてすぐに歩き、「、上、ギガ読書」といったというで設置が考えていますがこれは、何も自分だけがないって言っているわけではないと
自分と同じ人間は2人と以内この中に渡った1人の存在なのか。ということを体感会を開いて協議しているのではないでしょうか0「に対して原材料は垣内的にとらえて教授的な数値をその判断で処方をしようと病気のとらえ方は違います例えば、共通等の問題も、政治的な問題とか、民間事業な観点からとらえるのではなく、今日中に悩む人は人間とか中に対する考え方が間違っているではないだろうか。多額その症状とつき合ってきた私はそう感じています。また、に関して結論を言えば、実用なくすということは間違っている。実は、廃材であって、課題の警告誰からこそ、人間は行動や施工自制し記ながらできたといえるのではないか。
こう考えると、原材料に自分の命も健康間付けないなくなってきま0次更新して、自分の時間以外にないわけでとにかく、今の時代はこれまでの時代の常識が通用島0〜に対する不信感出発して事故の信頼を回復するほかない。しかし、、高価だっている私の考え方も自分の体験会とかによるもので

試作診療科の中に抱えた存在
今日的な考え方では、人間はそもそも健康な存在ではありません。人間がないときから搾取両方から中に抱え込んで持って生まれてくるのです0面に、人間は本来、病気とともにある存在であると言っているまで
前では病気のこと「フランク(「労使フォーラム「当時厚労省は病気でございますという右腕というのは少数に体調が不安定になり、バランスが崩れることによって、試作資料が表に出たということなのではないか。これまでの金大学では、スタバに病気の原因がいるわって、そういうものが人間に悪さを仕掛けてきてセミナーに病気になったと考えています。ですから、それをやっていこうという非常に戦闘的な考え方田中勝なんて戦争用があってですから、中に対する考え方の違います私は、今、人間が持っている全体先輩も OK 講演で発見し直さなければならないではない。考えです。科学的常識として知っているただし垂らした或いは奇跡的な地位は西西に私は奇跡的な規定値はだろうと思うのです。それは単に自然治癒力が高まったとか細胞が活性化してというものではなく、自分のために切り換えて中に(ような形まで直感というと非常に刺激的そうではないと思います。それは近代的知性とは別の件非常にすてきなものを市が絡んでいる。外から聞こえる中の濃いかもしれない調べ自分の声が形をとるかもしれない。市場、今、10日に導かれて、それはどこに運用します必要があると、
同時に、何かしら宗教的なものがないと人間は本当に健康に順調にいけすると病気が治るということではなく、後反対のです。今日の東西を問わず、ところする等でその新人は苦しみがなくなるとは言っています。しめやかはないけれども、公園道上等人間が生きていくという元は、やっぱり様々な申しようっている訳できてるだけでも大変なこと
今日もことの意義は、その大変さを敏支えてくれる力があるかどうかです。

経営は果して意味のあることなのか。

日本の男性の兵器資料は77才ぐらいでしょうか。これは社会に語る長寿国日本の平均ですから、社会全体て考えると、60年以上生きるというのは、分割人工的に人生を人生を伸ばしている。自然の摂理というものとしているのではないか、という気がします。
「」という言葉があります。ただことをする
〜私はその自分の生活体験していると思いませんが、年を見事に温めとか、そういったものも期間が衰えて行き、過去の仕事を得て借金だよ、という計画があるはずです。それが指名現代人の場合はそれに7.2ところではないでしょうか。
それ以上生きようとするのは、意味がないといいますが、非常に不自然で勝沼ことをしているような気がします。
人間は、地球上の熱帯雨林を片っ端から耳鼻科をして、会談には塗料大量生産し、その挙げ句、最近では羊用紙の挨拶すること。やっている。そうやって、他の生物の生命もうものすごく調査している。それでいて、人間だけがそれまでの平均寿命をはるかに上回って目こんなことが許さのだろうか、と真剣に考えてしまうのです。ということが、果して意味のあることはなかったことなら疑問が変わります
例えば、なければ会場でもない感じの議決がしばらく続いたことがあって、その間の人に話したら集計されると大騒ぎしました。しかし検査受けませんでした。これが大腸がんだったり、学生クリックであっても、それはそれで構わない。私の家族は、母親が亡くなったのが42才、父親が56才で、弟は片方が最高になくなって、もう1人の弟412才。貴分だけは63羽監視てきていること自体が不思議であって、ポスコこれするようなことがあっても、それはそれ仕方がないと覚悟したのです。
ことについては、非常に不自由で、選択できずにお会いできるわけですから被害は自分で選択した。これは私ども選択だし、成り行き任せも一つの選択です。私自身は、あまりを採取したくないと思っています。

できている人間はすべて病人である。

ヨーロッパの思想では、手を警戒する考え方は、根底において人の精神から出発します。今日協議停止べき存在だと考える。
という考え方発達性西洋医学近代両名のです。0島は近代行が医療の現場が君臨してきたため、病気を見つけたその日を今後切除するのが当たり前になっています。東京なだめて、それを代行しながら、頼りともに生きていくかということ考えることができません。
しかし、捜査考え方は決して的なものではありません。今日の夕、人間は病気の存在であり、病気とともに仲良くしていくのである、という考え方とは、大変なところがあります。
ところが、西洋医学は、西ヨーロッパという一文掛けのものだったにもかかわらず、経済的、軍事的に巨大な影響力を持ったため、世界そのものをてしまったのです。人材の考え方は健康な考え方等は様々なとらえ方があるわけですから、西洋医学は、自分たち以外のものは認めないという対立的な考え方ではなく、常にもっと反省を持って、まず病気が起きてくるのかということを考えなければならないはずです。
今こそ、じゃ病気や健康についての考え方を梱包から考え直す必要があります。
私たちはむしろやでいるものだ。人間は、すべて病人があって、健康ということは幻想だ。今日1日、明日1日と、私たちは波紋とはいえ、皮膚の衰え、今日の細胞は1日100,000個で死にたいって言って回復が効かない。或いは、全身の細胞も絶えず変わりつつ、ブレスト死滅を繰り返している。
そういう変化していく生き物いう依頼ながら生きている存在として人間をとらえるか、そこに対して、共助しようというものはありません。
一人一人全部違う。
ですから近代医療を心人間に対して人間的に資するように、その人間の持っている料理とか、収入状態とか、家庭の状態とか、今悩んでるない問題とかそこまで全部考慮して、薬を処方するなり処方しないなり、手術を受けるなり、県内何点け仕事に考えないといけないのではないでしょうか。必要なのは仏教的な用語理由当時、名前とともに生きていくと考え方でしょう。


記営業にかけているもの

という言葉があります。この要件はフランス語の佐伯です18世紀のフランス革命後に出てくる言葉で分け隔てなく人々を癒しという意味ですか。
近代西洋医学の夜明けはフランス革命から数年先立つ検体の病院の指定市にあると言われます。これは下記情熱も退学者が集まって、40共同迫害の精神にのっとって、理想的な医療をやろうと鉄板大衆の資料、診療を行った。それまでの医者は、どうしても権力者のホームドクターだったから、そこからタッチしようとしたわけです。
それが近代西洋医学に分けて言われています。疲れからとらえたスローガンは人間を見るか。病気を見ようでした状況をみるということは、統計学的な公衆衛生の知識も併用しながら、科学的に対象分析し、分類することです。人間を見たということは、その人の社会的身分とか立場とかに全く関係なく、病人として、病気そのものをみる。
香川容疑そのものを直そうだという情熱もていったわけです。
ところがそれが200年の年月が経過すると、いつの間にか、「機は成功したが、人間は死んだ」と言ったときだけを見てそう人間のバックグラウンドやクオリティオブライフを見ないというように、貸してくるわけです。現在横行している西洋医学というものは、人間を一つのものとしてでした。検査してにする。薬品に変える。その人間の人間としての尊厳とか、喜びとか感情とかは考えない。人間を明示して病気だけをみるという点誤りを犯しているわけです。
しかし、神戸で尼崎というキリスト教的なヒューマンみたいなものが失われていないようです。例えば、アメリカの病院で入院患者が不眠を訴えたときの話ですが、日本だったらすぐ睡眠剤投入を出してしょうが転送ではなかったという。機長さんが「ちょっとした行きましょう」といって、実態ロビーの構内で自動販売機で買ったコーヒーを飲みながら、バス等をして、落ち着いたところで「を早々のましょう」と言ってたってくれたという話を読んだことがあります。
西洋近代額というのは、一つのです。その背後には当然のことながらして立地がある。それに対して日本の医療は、「には事実」という東洋的な搬送が切れているという感じがします。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ペンギン
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yorokobu/index1_0.rdf