セントラル・エイジアン・シープドッグが守田

June 30 [Thu], 2016, 12:47
改めて言うまでもなく、医療関係の代表職である医師と看護師ですが、大きく異なっている点があります。明らかな違いといえば、医師は患者さんの診察と治療、予防指導を行ったり、薬剤の処方を行うことが主な仕事です。



他方、看護師の場合は、医師に指示されたときに、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者さんのケアをするということが中心です。



看護師の初任給は低いと思います。



事実、入院して看護師ウォッチをしてみると、多くのサポートが必要な患者が入院していない日には、一定の業務をこなすだけですが、その作業だけでもかなり忙しいのです。重篤な患者が入院している際には、さらに大忙しになってしまい、気持ち的にも相当ストレスが強まるでしょう。

引っ越しのために、看護師が転職が必要になる時には、なじみのない地域で転職先を探すことは大変しんどいです。



職場環境、現地での評価などを一人で全部調べるのはたぶんできないでしょう。近場の市町村で探す際も、自分の希望通りの転職先を探すと、思ったより求人情報が少なくて、驚くはずです。
人気の「マイナビ看護師」の求人情報だと、辞める人の少ない素晴らしい転職先を教えてくれるため、転職後の職場に、十分満足されている方がたくさんいます。
それに、担当してくれるコンサルタントもサポートにあたるのは医療に詳しい人で、希望条件の細部までよくわかり、希望する条件に合ったところを探してくれます。


看護師資格の最大の利点は、なんといってももしも離職している期間があっても、もう一度、復帰することが出来るという点だと思います。


理由として、看護師が専門職だからということと人手不足であるということが根拠として挙げられます。どこでどのように働くかにさほどこだわっていない人の場合は上手くいけば普通なら再就職が困難な50代でもまた働けるといっても過言ではないのです。


昔の看護師といえば、ほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。

でも、今では一般的に「看護師」という名称が使われているように男性の看護師も多いです。実際に看護師に必要な適性を考慮しても、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。女性の持つ優しさだけではなく、緊急を要する現場で必要になる冷静な判断力や瞬発力、十分な体力も今後はもっと重視される要素になってくるでしょう。
看護職の人がジョブチェンジする時に困ってしまうのが志望の理由付けです。
どうしてこの仕事場がよいのかを好ましいイメージを持たせるように伝えるのはたやすくはありません。


たとえばお給料が良くなるとか、しっかり休みが取れるとかそうした好待遇にフォーカスするより、看護スタッフとしてもっと専門性を磨きたい等々、将来性を連想させる志願内容が比較的受かりやすいものです。

「看護のお仕事」が人気の理由は、なんといっても、紹介された職場への転職が成功すると受け取ることができる転職支援金でしょう。さらに良い条件で転職できるかもしれないのに、加えて、支援金まで受け取ることができるなんて、とてもありがたいですよね。
看護師転職サイトの中でも大人気なのは、支援金も理由の一つとしてあげられるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:彩乃
読者になる
2016年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yoratj91eubdy9/index1_0.rdf