知って得する豆知識

January 26 [Sat], 2013, 21:56
1回歯の表面を保護している骨を脆くさせるまでに症状の進んでしまった歯周病は、多分炎症自体が和らぐことはあっても、無くなった骨が元通りになるようなことはないに等しいと言われています。
気分障害の一種であるうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質である「セロトニン」が足りなくなった結果、不眠、憂うつ感、なかなか抜けない倦怠感、食欲の低下、焦り、意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図など様々な症状が見られるのです。
ポリフェノールで最も有名な特徴はV.C.(ビタミンC)やV.E.(ビタミンE)などとは異なっており、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、加えて細胞膜でも酸化しにくくする作用を持っています。
期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、健康な人にも出現することがあるので急を要する病ではないといわれていますが、同じような発作が続いて起きる場合は危ないのですぐ病院へ行きましょう。
流感、即ちインフルエンザに適応する予防テクニックや病院での手当といった類の必ず行われる対処策というものは、それが例え季節性インフルエンザであっても新型のインフルエンザであってもほぼ変わりません。
物を食べる時は、食べたい物をなんとなく口に運んで幾度か咀嚼して飲み込んで終わりだが、そのあと身体はまことに律儀に活動し続けて食物を体に取り込む努力をしているのだ。
1回歯の周りのエナメル質を溶かすまでに症状の進んでしまった歯周病は、おそらく進行具合そのものが治まることはあっても、失ったエナメル質が元の量になるようなことは無いに等しいのです。
日本における結核対策は、1951年施行の「結核予防法」に準ずる形で推進されてきましたが、56年後の2007年からは数多くある他の感染症と一緒に「感染症新法」に沿って実行されることになったのです。
エイズというのはヒト免疫不全ウイルス(HIV)の感染によって引き起こされるウイルス感染症の病名であり、免疫不全へと至って健康体では感染しにくい病原体による日和見感染やガンなどを複数発症してしまう症候群の事を指しているのです。
1型糖尿病というのは、膵臓にあるインスリンの源であるβ細胞が何らかの理由で破壊されてしまったために、結果的に膵臓からは必要量のインスリンが分泌されなくなってしまい発病するという自己免疫性のタイプの糖尿病です。
ハーバード・メディカルスクールの研究結果によると、一般的なコーヒーと比較して毎日2カップ以上はカフェインの取り除かれたコーヒーに変えると、恐ろしい直腸癌の発病リスクを5割も減らせたということが明らかになっている。
ともすると「ストレス」は、「溜めてはいけないもの」「除外すべきもの」ものとされていますが、その実、人間は多少のストレスを経験しているからこそ、生活することが可能になっているのです。
エイズウイルス、つまりHIVを保有する精液や血液、女性の母乳、腟分泌液などのあらゆる体液が、乳飲み子等の粘膜や傷口に触れることにより、HIV感染の危険性が大きくなります。
前立腺という生殖器はその成長や働きにアンドロゲン、即ち雄性ホルモンが密接に関連していて、前立腺に出現したがんも同様、雄性ホルモン(男性ホルモン)に影響されて大きく成長します。
スギの木の花粉が飛散する季節に、小さなお子さんが発熱はしていないのにクシャミやサラサラした水っ洟が止まないような症状なら、もしかしたら『スギ花粉症』の恐れがあります。

リンク:ミュゼ金沢
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:yor777
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yor777/index1_0.rdf