スムーズに妊娠できる体を作る食べ

January 30 [Sat], 2016, 19:10
スムーズに妊娠できる体を作る食べ物といえば、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。
卵、ブロッコリー、ごまといった食材のほか、好き嫌いは分かれますがレバーにも妊娠に有効な数々の栄養素が含まれるため、日常の食事に積極的に取り入れたいものです。
しかしそればかり食べれば良いというわけではなく、様々な食品群の中から栄養を摂ることが健康維持にもつながるのも事実です。
逆に、妊娠を妨げるような食品(飲料)は産後までは我慢したほうが良いですね。
このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。
葉酸は、ビタミンのひとつです。
その効果は十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。
厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。
この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。
今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、ご家庭での普段通りの食事に加え、さらに葉酸の補給をするように厚生労働省が勧めており、各産婦人科やクリニックでも、そうした指導がされるようになっています。
葉酸の適切な摂取は、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。
最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。
そうしたサプリを利用する方は、胎児の安全性を考慮した上で、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大事です。
妊活中の友達と話していた時、自然とサプリについて、特に葉酸のサプリの話で盛り上がりました。
彼女はベルタの葉酸サプリが一番興味あるみたいです。
葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いとテレビで見たことがありましたから、友達にアドバイスしました。
やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、元気な赤ちゃんの顔を見せてほしいなって応援しています。
一般的に、多くの葉酸を含んでいると言われる野菜は、小松菜や菜の花ですとか、モロヘイヤといったいわゆる青菜のものが多いです。
妊娠した後、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するらしいのです。
十分な葉酸摂取のために、毎日たくさんの野菜を食べるのが辛いという方も居ると思います。
そんな時には納豆やホタテといったもので葉酸を摂取するのを推奨します。
妊娠が分かってから葉酸の摂取を心がけたという方も多いと思います。
自然な食べ物を通して摂取しようと葉酸を多く含む代表的な食品である、ほうれん草や貝類、レバーといった食品を、積極的に食べているという方も大勢居ます。
ですが、葉酸というものは熱に弱いため加熱調理してしまうと、熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。
葉酸の多い食品を積極的に取り入れたとしても、調理方法によっては、葉酸が不十分かもしれませんので、気を付けてください。
葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊婦への摂取が勧められているんですよね。
産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。
厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。
しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方も多いと思います。
仮にサプリメントを摂っていないとしても、葉酸は自然の食品にも含有しています。
例えばほうれん草や肉類、果実等にも多く含まれています。
ですから、サプリによる摂取が無くても食事によっても、ある程度の葉酸は補給できています。
妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。
食事内容はもちろん、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。
妊活に効果が高いお茶としては、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。
こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。
ですから赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方にとっても、赤ちゃんにとっても優しいお茶で、妊活中に飲むのにぴったりだと言えますね。
中でも、ルイボスティーには貧血を防ぐ効果があると言われていますので、妊娠発覚後も、積極的に飲むようにしましょう。
妊娠初期(妊娠前1ヶ月〜妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、葉酸サプリメントで補いながら、葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。
厚生労働省の推奨では1日あたり0.4mgとなっています。
さらに、毎日欠かさず摂取することが推奨されています。
野菜だけで補おうとするととても大変ですから、サプリを飲んで、無理なく葉酸を摂取しましょう。
妊婦にとって欠かせない栄養素の葉酸ですが、摂りすぎると体に副作用が出てきます。
吐き気や食欲不振の症状ですとか、寝つけないなどの不眠症の症状、体がむくむという方もいます。
妊娠初期は、多くの方が食事に気を配ると思います。
ですが、それでかえって葉酸を摂りすぎる場合がありますので、適切な摂取を心がけるようにしましょう。
葉酸の摂取は、バランスの良い食事で摂ることが理想です。
ですが、どれだけの葉酸を摂取したのか分かりにくい事もあると思います。
そうした場合、おススメなのは、葉酸サプリの活用です。
サプリであれば、一日の摂取量が誰でも管理できるので、食生活を変える手間なく、しっかりと葉酸を摂取量したいという方には良いですよね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:陽大
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/yooahmapknl1fr/index1_0.rdf