オオザカレンヂkeisuke 単独公演〜SMILE ON YOU〜 

December 22 [Fri], 2017, 20:11
オオザカレンヂkeisuke@サンケイブリーゼホール

今年もクリスマスライブを弟のサポートで行うということで、
去年は日程が微妙だったけど、事しはこの日休めればクリスマス連休と合わせて無理なく遠征できそうなので家族全員で行くことになった。
初レンヂ!
当日は夕食を済ませてからライブといういつもと逆パターンでいく予定。大阪駅で父と待ち合わせて会場のビルへ。
義妹家族が重体に巻き込まれてるらしく遅れてるとのこと。
先にビルで食事処を確保することに。ビルには問題なく着いたけど、年末のプレミアムな金曜でどこも忘年会の予約でいっぱい。
結局なんとか入れたトンカツの店に入った。本当はしゃぶしゃぶの店らしいけど時間なかったのでトンカツで適当に済ませた。居酒屋でカチで食事する困った人達である。義妹家族はコンビニで大量の食糧を買っておいた。結局開演過ぎてから入場したので曲中には入れずMCまで中扉待機状態。MCに入ったところで早くおいでとかkeisukeにいぢられながら着席。薄暗い中進んだので席がよく分からず、チケットとは違う席に座ってた。どっちにしろ身内の席だからいいんだけどね。義妹家族はすぐに夕食のため子供たち連れて外に出たけど。ライブは想像と違ってて、ゆずっぽいイメージだったけど、唄ものが多くてどちらかと言うとコブクロ感。でも全員で振り付けたりする曲もあったりサイリウム配布してスタッフも含めて会場一体となって振ったりとかなかなか飽きさせないライブでした。個人的には、『寝台ワゴン』という重松清の名作『流星ワゴン』のようなテーマの曲が長編で変調、変拍子ありでプログレっぽくて好きだった。
終演後、外にメセージボードがあったのでウケ狙い意味不明なことを書いた。最後に出口でkeisuke本人が見送りしてたので家族全員で挨拶して退場。表向き嬉しそうにしてたけど、内心焦ってたと思うぞ。一応兄と名乗ったが顔に似てねーと書いてた。安心して下さい穿いて(自主規制)皆そう思ってますから。
こういう見送りも毎回やってんだろうな。千人規模でもやるのは本当にファンを大事にしてるんだな。彼なら何かキッカケがあれば全国規模でブレイクして、メジャーデビュー、武道館や紅白を狙えるアーティストだと思う。また機会があればライブに行くしか。



たいせつなひと
夕暮れあの空を僕は
Wait
赤いドレス
誕生日
ブランケット
Pearmemories
地球ごはん

<休憩>

Christmaevwityou
12月
銀河
通りはまだ
一秒
寝台ワゴン
Raioshine
あすなろ
ロマンティックあげるよ
ゆうきのたね
Challenge



Seyou
Silennighagain






to the end of time 

November 25 [Sat], 2017, 21:32
Kαin@赤坂BLITZ

奇跡的に予定があったのと指定席があったので何年か振りの幸也ワンマン。
まるでラストライブのようなライブタイトルだけど、実際はバンドとして一つの区切りって意味だったね。
携帯忘れたので写真撮れてないけど、なんかマイナビブリッツになってた。
TBSでも運営変なんだな。名前売ったみたいだ。
ブリッツは改札間違えると面倒なので予め前の方に移動。
のんびり目に出てきたせいか、もう開場してた。
付近に誰も待ってないから焦ったぞ。
さっさと入場してお土産受け取って、ドリンク交換して、
トイレは駅で済ませてたから席に移動。
金持ってきてないから物販はスルーね。メジャーみたいにカードなんて使えないだろうし。
2柵エリア辺りまではVIPエリアかな。逆に見づらそうだ。
番号が一桁代なのにひたすら下手に移動。
後方だったけど、高くなってる場所だから見易いかも。前にでかいの来ませんように。。。
ステージには映画でも撮るかのようなセットがドーンと。
とことん世界観を表現しようとするのは凄いけど、流石に金かけすぎ。
幸也バンドは基本、十字架なんね。中央にピサの斜塔の如く斜め掛けの巨大な十字架オブジェがある。
ゴルゴタの丘でもイメージしてるのかな?その上に丸型スクリーンとその両端にもスクリーンが。
ライブハウスでやるレベルじゃないぞ。もう次からマウントレーニアでやれば?
多分、定刻くらいにメンバー入場してきて開演。
下手だからkazuさんSHIHGEさんがよく見える。
ライブは相変わらず曲分からんけど、幸也の曲は変拍子とかトリッキーな曲が少ないから何とかなる。
基本、8ビートロックね。ノリもほとんどオイオイかピラピラばかりでV系ノリしてる人ほとんどおらんね。
そしてMC眺め。
ようやくすれば30分近く短くなりそう。
MCのメインはshigeさんがバンドを続けられなくなったから今のマンバーではこの日が最後だとか。
でもKαin名義の曲とそれが好きなメイニアがいればそれがKαinだから、解散や休止ではないということらしい。
だから幸也が歌えなくなったらSHIGEが代わりに歌ってくれって、あれ?SHIGEはもう活動できないんじゃ?
いろいろ矛盾してるぞ。
ややこしいこと言ってるけど、要は解散みたいなもんでしょ?
それもあってなんとか今ある曲を形にしたいから音源作るってさ。
なんかいろいろ回りくどいよ。
要約すると、今のメンバーで音源出して、ライブは最後と。
でも音源出したら出したでレコ発やりそうだけどね。
そんなわけで、いろいろグダグダなまま終演。
予想外に早く22時前には終わってたな。VIPイベントあるからかな。
イベントやらずに曲やれよ。
余裕で帰宅。
約束の日はあるのかな?

shige SE
drow
Latency Sorrow
聖痕-stigma-
Haunt
die 4 you
Inlandempire #2

irreparable
Again
search for...
月の葬列
es NUMBER SIXXX.
羽根
theEND
SE theEND
ATSUSHI SE
FROW
MC
桜回廊
深淵の月
MC
証-akashi-
MC
Closer
新曲
SE east of eden




THE END 

August 05 [Sat], 2017, 22:12
かまいたち@赤坂BLITZ

結局今回も最初で最後のライブになってしまった。
VJSで復活を遂げた伝説のバンド「かまいたち」
何度かあったライブにも行けずラストライブになったわけだ。
こういう日に限って午後一に病院があるのは困るよね。
なんとか前倒ししてもらって最果ての地より赤坂に向かう。
バスと電車の本数が少なくてイラッ!
向かってる途中で最前確定とか言ってた姐さん方から急遽行けなくなったと連絡が入る。
ライブ後の一杯がっ!?
開演ギリギリなると思ってたけど予想以上に早く着いた。
うっかり改札間違えたのに。
場所がTBS前だけに夏のイベント真っ最中。
焼き物の屋台が多いのもあってとにかく暑い。
整理番号遅いので時間つぶしついでにその辺見て回った。
TBS社内が涼しくていい感じ。
丁度呼ばれたくらいのタイミングで入場。
入場時に配布CD配るからうっかり貰い忘れるとこだった。
観ずだけもらってフロアに突入。
予想以上にぎっしり詰まってるし。
とりあえず下手側に突っ込んでみる。
2柵とビデオカメラ回してるいい感じの場所をゲット。
でも前にいた野郎が曲中なのに堂々とスマホで撮影してた。
何なんだ。ウザいよ、どっか消えてくれ。
荷物置けるし杖は柵にひっかけることできる。
ぼーっとしてるとSEが鳴り響いてきてライブが始まる。
ノリが良く分からないので音にみを委ねてみる。
流石はジャパメタ世代だけあって重低音響きまくり。
メンバーはけんちゃんだけとにかく派手髪だったね。シーナは普通に黒でした。
しかし数回しかライブしてないのに何であんなにノリいい人いるんだ?
シーナが煽った後にサークルモッシュ起きてたぞ。
身体が動くならそこ混じりてー。
この日はライブビデオになるそうで。DVDと言わなかったのは冗談だよね?
今更VT出されても再生できんぞ。


SE (PHENOMIN)
199Q
スピロヘータ
みにくいあひるのこ
Boys, Be Ambitious
天邪鬼
非行少年
HAPPY ROOM“777”
C.D.N.けんchanタイコソロ
かMARCH
NO THANK YOU
妖怪ROCK!
へのへのもへじ
MASTURBATION
TOY DOLL(S)
自由の女神

.BAD WORST(形だけ)

JEKYLL&HYDE

ノイローゼ
.KILL YOUR SELF
I LOVE YOU

当R16-17 DEPRETION TO___「mode of MACABRE] 

July 26 [Wed], 2017, 19:58
DIR EN GREY@中野サンプラザホール
ある意味昨年のリベンジマッチだったり。
mode of DUMでは台風直撃でいけなかったから今回も天気に注意してた。
特別良いわけじゃないけど。悪くもないので仕事さえ片付けば間に合うはず。
しかし時間的に通勤ラッシュ直撃じゃないか。
ある意味台風のような人ごみの中を切り抜けてどうにか中野到着。
無駄に中二階に上がったら余計疲れたわ。暑いし。しかも直結してるのかと思ったら結局階段を降りるハメに。
サンプラザ前にはわかりやすい人だかりが。さすがV系全盛時のアルバムなだけある。
熱いので休める場所を探してこっちはYシャツなのにさ。
せめてBATSUネクタイとか付けられたらな。
しかし早く着きすぎた。連れのが全然遅かった。
さすがに暑いので建物内に入ったらライブ待ちの人は外で待てと追い出された。
ちっ。
他にもぶつぶつ言いながら出る人多数。
そうこうしてるうちに開場じかんがきて物販列がそのまま入場列に変わる。
階段が大変そうなので列が空くのをまってから入ったら入口で係員に呼び止められて、階段が大変ならエレベーターに案内すると言うのでお言葉に甘えることに。
チケットを渡して、行列を横目に階段裏に案内される。
で、エレベーターで一気に2階へ。終演後にきてくれればまた乗せてくれると言ってくれた。
ところで忘れてたけど、サンプラザって1階席の入り口が2階なのね。2階席なので結局1階分階段で上がるハメに。意味ねー。
でもその先に男子トイレがあったので用を足して入場。上手だけど全体は見えるので悪くはない。でも頭は振りにくいね。
フライヤー見てまってると連れ到着。
でもほとんど話もしないうちに急遽参戦できるようになった友達が来てるから会ってくると、どっかに消えてった。
しばらくして戻ってきたと思ったら、友達と見たいから交渉済みだから場所を変わってもいいかと。
そりゃよっぽど良席でもない限り女子の頼みは断らんて。そんなわけで開演直前にまさかのスワッピング。
交代してきた男とは軽く挨拶した程度でBGMが大きくなってステージに緞帳?幕?が下りてきて開演。
おどろおどろしい雰囲気の中マカブラ定番の曲からスタート!
やっぱりこの雰囲気と緊張感は最高。
当時のことはよく覚えてないけど、とにかく音が深く重くなってる印象。
演出はバックスクリーンの映像だけでなく、照明や下りてきた幕への投影等とにかく視覚に訴えるものが多い。
まだ続いてるのか戦争っぽい映像も映されてた。
当時は気にしてなかったけど注射器とかすごい変拍子。
上手側はライトなファンが多いのか、当時の振り付けやってる人ほとんどいなかった。KRすらばらばらってどういうことよ。
注射器や脈なんて皆無だったね。
逆に最近の曲の盛り上がり方はすごかった。
ディルもこういう時代になってきたのか。

あと、太陽の碧で盛り上がってる人多かったけど、これ歌詞に込められた意味知ってれば悲しく切ない詩だよ。
そんな感じでain'tと合せて胸が苦しくなって泣きそうだった。流石に当時より傷は癒えてるので号泣までいかなかったけど。
再構築されてる曲は再構築後のやつかな。
MACABREは違いがよくわからなかったけど、曲長が短かった気がするから再構築verかな。
心夜のツーバスも様になってきたね。やっぱり全曲セルフカバーするべきだって。
終演後は結局エレベーター使わずに階段で降りたよ。流れ横断してエレベーターまで行くの無理だって。
で、近場のバーミヤンで夕食食べて帰宅したとさ。


Deity
MACABRE-蛹ノ夢ハ揚羽ノ羽-
audrey
egnirys cimredopyh
+) an injection
Chain replsion
蛍火
ain't afraid to die
詩踏み
HYDRA-666-

Berry
Children
理由
ザクロ

太陽の碧
【KR】cube
SUSTAIN THE UNTRUTH





ANDROGYNOS -a view of theAcro - 

July 08 [Sat], 2017, 22:13
PIERROT×DIR EN GREY@横浜アリーナ
年明けに発表されてからこの奇跡と言う名の夢の競演をどれほどのファンが待ち望んだことか。
90年代にはV系の双璧ともいえるこのバンドが交わることはなかった。
のはきっと表向きの話で。実際は交流があったはず。それを今回融合させたDトミーの手腕も流石である。
ただ、当時ファン同士は無駄にライバル視していたように思う。
そんなファンも今では、互いに当日の曲を予想、予習し合ったりして昂らせながら過ごしていた。
ちなみに俺は基本虜で20%くらいピエラーが混じってる派
当日は前日にメギドの丘があったのでそれを参考に如何に効率良く乗り切るかを計算した。
グッズはグッズは始発どころか前乗りレベルらしいので買えたら通販でいいことに。
その上、クソ暑いのに飲食物の場内持ち込み禁止ときた。
条例とか色々と勘ぐってる人いたけど、893のしてることなんだから荒稼ぎに決まってるだろ。
どのくらいのレベルで禁止なのか良く分からなかったから、簡単なオヤツだけ買って行くことに。
アンドロジナ水なんてパッケージだけで中身はただの水道水かもしれないじゃん。
フランクとニクマンも冷凍モノに焼印付けてただけだろ。
ピュアとバカは紙一重ってね。
今回は東横線から菊名経由で行くことに。
これ正解。乗り換えが非常に楽でした。
途中からそれっぽい人が大量に増えてくる。
新横に着くとほぼ同じ方向に向かっている。
日産スタジアムでもなにかあるらしくて人多過ぎ。
迷わず横アリに向かうと解りやすい人だらけだし、真夏日だしで、とにかく暑(苦し)い。
会場に着くともう開場していて、ドリンクをどうしようか迷ったけど中に何かあるだろうと期待して突入。
ニモツチェックで徹底的に検査されるかと思ったけどいつも通りさらっと上辺を確認しただけだった。
扉のある2階にエスカレーターであがると、そこには売店と自販機があった。しかもスイカ対応の新設設計。
ジナ水買う必要ないじゃん。
ついでにトイレも済ませていざ席へ。。。スタンド席としては前の方だけど、あと一つ横なら柵つかえたのに、ちっ。
ステージまではかなり距離はあるけど、巨大なモニターあるから問題なさげ。
両隣がいなかったからこのまま来なければラッキーとか思いつつ、開演直前にきてしまった。
しかも観た感じ周りほぼピエラーじゃん。
メギド軍に囲まれて孤立したアクロ兵状態。これ、四面楚歌じゃね?
でもライブ始まるとピエロのときに頭振り易くて助かったわ。
ライブは前日と変わってピエロ専攻。のっけからMADで飛ばしてくる。
イエロのライブ構成はいつもゲノコンされてる感じするわ。
キリトのMCも毎度面白い。ピエラーちゃんも虜ちゃんも一般人からしたらどっちもキチガイだから。そーだ、全員、逸般人な。
それより今更なふぁらコータさんがイケメン過ぎ。
やはやっぱ生粋のラーじゃないから曲名分からんのがちょいちょい出てくるね。
ラストの蜘蛛意図で頭ぶっ壊して終了。もうしんどい。
結局前日と合わせてメギドの丘やらず。流石キリト。
最後に、この後もスゲーの来るからといいつつ転換。
津ksれ果てて水飲んでぐったりしてたわ。すぐ終わると思ってたけどトイレ行っとくべきだった。
長い転換時間後、本日の丘登場。
もう少し昔を意識するかと思ってたけど、流石ブレないね。ほぼARCHEのライブだった。
ところで四面楚歌かとおもってたけど、意外にも虜多し。この世代は両刀使い多いのね。
でもちょいちょい再構築ツアーの曲入れてきた。
以外にもディルがあくろの丘を組み込んできた。
ほとんどインストだったけど。歌詞入りPV流して歌わせても良かったんじゃ?
この曲リリース時じゃ考えられないくらい歌詞に執着なくなったね。
その上、丘戦争を意識したのか戦争がテーマのVINUSHKAまでPV入りで組み込んできた。
でもこれすきだけど長い。イベントライブ向けじゃないよ。短いの2曲はできる。
ちなみにVINUSHKAはウィヌシュカね。最初俺もヴィヌシュカって読んでたけど。
途中ジョイントライブならではの京くんしゃべる。
ピエ・・・ラーさん、丘戦争ってナンデスカ?
前日にキリトも言ったらしい。仲良し?
アンコールラストにリメイク版だけど残を披露、流石に部分的に面影が残ってるのでピエラーも反応する。
この日一番の盛り上がりで終演!
ネットに20時終演とか書いてたけど、何やかんやで21時過ぎに終わった。
意外に早かったな。
ライブ後にアフターパーティーという名の茶番控えてたしね。
府客のためじゃなくてさっさと終わらせてさっさと本番の打ち上げ行きたかったんだな。
ウアフパではトミーが高い料金取ったけどメンバーには還元すると言ってたらしい。
そりゃ多少配分あるだろうけど、893の言うこと間に受けないように。
当然荒稼ぎするためだろ。
結局おやつたべなかったので、どっかで食べるとこを探して彷徨ってたら、見慣れないうどん屋あったのでそこに入った。
セルフは大変だったけど何とか原を満たして帰路に。帰りは大人しく東神奈川経由で帰った。まだ上野東京ライン走ってる時間だったし。予想外にてっぺん超える前に帰宅できた。
またいつかあの丘で逢えることを願って爆睡するのみ!


PIERROT
MAD SKY-鋼鉄の救世主-
Adolf
ENEMY
HAKEN KREUZ
脳内モルヒネ
MAGNET HOLIC
パウダースノウ
鬼と桜
PIECES
PSYCHEDLIC LOVER
CREATURE
クリア・スカイ
HUMAN GATE
蜘蛛の意図

DIR EN GREY
Un deux
OBSCURE
詩踏み
濤声
audience KILLER LOOP
Behind a vacant image
アクロの丘
VINUSHKA
GRIEF

Revelation of mankind
SUSTAIN THE UNTRUTH
激しさと、この胸の中で絡みついた灼熱の闇

THE FINAL



奥華子コンサートツアー2017 弾き語り〜遥か遠くに見えていた今日〜 

July 01 [Sat], 2017, 21:00
奥華子@目黒パーシモンホール

ニューアルバムの全国ツアーです。
非基本、弾き語りなのはそれが華ちゃんのスタイルだからか。
曲に入り込めるしいつも楽しそうに歌ってくれるから大人しく座って見てても飽きなくていいけど。
それにしても初めて行く会場はいつも不安でいっぱい。
ましてや今回はセレブや芸能人の住む街目黒ですよ。
毎度、迷わないように早めに出る。
結局、一番簡単なルートを選択したけど、最寄駅の都立大学に着くと空気感が違った。
駅も駅の設備も充実してて高級感が漂っているような気がした。
都立大がどこにあるのかよく分からなかったけど、駅からホールまでは
迷うことが許されないような勢いで「ホールこっち」の案内板が所々にあって地図なしでたどり着けるし。
坂道を進んとこぎれいな公園があって、その中に美術館の如く佇むパーシモンホール。
パーシモンって柿だよね。公園の木は柿の木なのかな?
ホールに入ると物販やってたので開演まで時間あるから並んでみる。
グッズとしては珍しいポロシャツと、キーホルダーと、カバンに入りきらないのでトートを購入。
色々纏めてトイレ行って開場待ち。行列作ってるけど、指定席なんだから急ぐ必要ないでしょ。
入場口が空いてから入った。入場するとラウンジのようなお洒落空間。
でも座るとこないから席に着くことに。
3列目の下手側、今回もいい位置だ。
ステージにはグランドピアノとストリート用の電子ピアノが置いてある。
定番のスタイルですな。
華ちゃんは下手袖から今日も元気一杯に登場。
ホールの広さに驚いたようで。
そんあこと言ってたらアニサマのステージはもっと広いよ。
光物や怒声を制限してるのにアニサマは合わないんじゃないのかな。
せっかくの唄声が台無しになるよ。
それに客席の空調を気遣ってくれる優しさ。
よみうりホールの空調酷かったもんなぁ。
1曲目のキミの花はノリのいい曲なのに見事に弾き語りにアレンジされていて、
座りながらしっとり聴ける感じ。
華ちゃんのライブは1曲毎に曲紹介してくれるから知らなくても楽しめる。
過去曲として定番のガーネットもやってくれた。
その後、替え歌の話になって、自分の曲は替え歌にしづらいよねって。
でもでも前にTVでMASTの曲を替え歌で歌ってなかったっけ?
あれはCM用の書下ろしだから違うのか。
そんな中で唯一替え歌可能な曲がTAKOYAKI
だよねって、TAKOYAKIの部分をツアー先々の名物に替えて歌ってきたそうで。
でも東京名物ってなにかあったっけ?って。
目黒だけに秋刀魚とかもんじゃはいいんだけど、段々
東京バナナとかゴマタマゴとか雷おこしみたいにお土産シリーズになってしまった。
調子に乗ったヤツが八王子ラーメンとか誰も知らないようなものまで出してきて、
案の定歌にしたときゴロ悪くて歌いづらそうだったじゃないか。
誰かパーシモンホールだけに柿とか言わないかなと思ったけど結局出なかったね。
アルバム曲を一通りやってアンコールに。
いつもは客からbirthday振るのに今回なかったからか、
華ちゃんから今日が誕生日の人いる?って聞いてきた。
意外と正直なのかひとりもいなかったので今月誕生日に切り替えて数人いたのでbirthdayからメドレーを披露。
会場の通路をあるきながら歌っていく。
通路横の席だったからすぐそば通過したけど。歌いながらゆっくり歩いてたので他の人達もむやみに触れたりしないように見守ってた。
モラルあるファンでよかった。
今回も暖かい空気に包まれながら終演。
今回は珍しくアンケート書いてみた。
たいしたこと書いてないけど、必ず読んでくれてるみたいだし。
陽が落ちると駅までの道に下町風の居酒屋がいっぱい並んでた。
セレブなのは昼間だけかよ、ふっw
そんなにおそくならなかったので普通に帰宅して晩飯食いました。






キミの花
変わらないもの
思い出になれ
彼女
アイスクリーム
初恋
プロポーズ
ガーネット
TAKOYAKI
愛という宝物
スタンプラリー
Rany day
最後のキス
365日の花束
遥か遠くに

伝えたい言葉
birthday Happydaysメドレー

The Anniversary2017 

May 29 [Mon], 2017, 22:43
LUNA SEA@日本武道館
平日に嵐を呼ぶバンドという無謀な夜。
天気は無駄に暑いが雨は降りそうにないので良かった。
予定通り定時退社して無事に動いてくれている東海道線に飛び乗る。
開演時間には問題なく間に合いそうである。
連れの方々は既に会場付近でエンジョイしている模様。
会場が近付くにつれてSLAVEっぽい人も増えてきた。
九段下駅のトイレに入ろうとしたけど、障碍者用トイレに列を作る非常識な女の列。
そして男子トイレの個室待ちを整理している係員。
逆だろ。
完全にモラルが崩壊してやがる。
開場してるのでやることだけさっさと済ませて入場。グッズのデザインも微妙だなー。
前回のが断然良かった。アリーナ席なので地下への階段を降りる。いい加減バリアフリー化しろよクソレガシー。
席の場所がBブロックのドセンという神チケ!眺め最高です。
お連れの姐様方は仕事帰りの一人を除いてお揃いのようで。
席に着くとおやつが回ってきて相変わらずリラックスしまくりのピクニック気分。和むで。
ところでステージには緑のドラムセットと回転台のようなセットがドカンとある。この謎は後程。
しばらくすると開演ギリで残り一人も到着。
ほぼ定刻にて開演。SEも月光とアニバーサリーに相応しく幕を開ける。
そして、のっけからメタモルとぶっ飛ばしてくる。
間髪入れずにPRECIOUSとか奇跡です?
横一列常に髪が波打ってます。
後で後~見てた人が客席の一部に穴ができてたとか。
正にヘドバンミステリー。
そして知らない曲と思ったらサビでようやく分かった。
Imageとか当時のツアーでいかやらなかったんじゃないのか?
なかなか豪華なセトリだったけど、Rougeとかやらないんだなー。
なんで1stからSHADE、FATE、CHESSやらないんだろ。
あとSLAVEとかIN FUTURE、Gも聴きたい。
そしてどうせバイオリン弾くならProvidenceを。
あとLimitやONEも外されてる。
このままブルトラまで小休止。
途中、上から金網みたいなのが降りてきて、
プロジェクションマッピングのような演出があったけど、
見た目は大仁田厚バリの金網デスマッチだったよ。
アニバーサリーだけに全員MCも面白かった。
緑ドラムは初期のRYUの髪が緑だったから初心を忘れないようにだって。
当時のメイクでまた黒服限定やってくれよ。
髪少なそうだからヅラで。
あとは昔ドーナツ差し入れたけど人数分ないのに真っ先に食ったの真矢だろとか。
子雄の日はエコライブの取り組みがあったそうで、SUGIZOのギターだけ、二酸化炭素を発生させない燃料電池を使用していたとか。
翌日のNHKニュースでROSIER
懐かしいネタ満載でした。
見事な中弛み。
ドラムやベースソロの定番コーナーもあって流石のアニバーサリーライブ。
愛がテーマのアルバム作ってるそうで。激しい禁断の愛をやっちゃって。
しかしメタモ2回とアンコ明けのアンセムは謎です。
席に着いたトキニフライヤーと青いポンポン置いてたけどなんだコレ?だったけど、アンコール時にハッピーバースデーを歌いながらスマホで照らしてオーディエンスで武道館をバンドカラーで彩る企画でした。誰の誕生日かと思ったらLUNAの誕生日ってことか。デビュー記念日だしね。
でも呼んだわけじゃないのにWISH後にMOTHERでWアンコは特別感あった。
それを読んで退場しなかった姐さん方も流石。
あそういや最後の一つになってジャンプやってなかったからか。
その後にピックやらばら撒きタイム前の席の子にスティックが飛んできてゲットしてました。
前の子、補聴器つけてたみたいだし、カメラも追ってたから最初から仕組まれてたのかなと。
その昔、hideちゃんがやってたように。
これはこれで心温まる話で、この時だけ真也スレになってしまった。
真也さんもいい大人なんですね。
まだアンコール呼んでる人いたけど、姐さん完全に読んでて規制退場始まる前にさっさと脱出。
3時間近くやってたみたいで地上に出ると外はもう真っ暗。
電燈少な過ぎ。人ごみを抜けて先に脱出して打ち上げ会場を確保してた姐さんと合流すべくタクって有楽町へ。初めて位置関係を知った。
バカ話をしつつほどほどでまた次回クリスマスにとお別れ。俺は先約あって行けそうにないのでLUNAは暫く先だな。
翌日は首も痛いしグッタリして仕事だったけど、なんか満ち足りた気分でした。

月光
Metamorphosis
PRECIOUS…
Dejavu
JESUS
Image
The End of the Dream
HURT
NO PAIN
I’ll Stay With You
ドラムソロ
ベースソロ
BLUE TRANSPARENCY 限りなく 透明に 近い ブルー
I for You
STORM
TIME IS DEAD
ROSIER
Metamorphosis

Anthem of Light
TONIGHT
WISH
MOTHER



膠漆のココロ Vol.1 〜十字架に絡む蜘蛛の糸〜 

March 31 [Fri], 2017, 23:12



Kαin、PROJECT TO EVIL @Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
おかしい。幸也は晴男じゃなかったのか?
数日前まで降水確率低かったのになぜ当日なって雨模様なんだ。
何気に初めての会場なので不安ではある。
開演遅めなので何とかなるだろうとおもいつつ、定時で上がって渋谷に向かう。
雨の中ある帰宅ないので渋谷駅からマークシティーを通って道玄坂を上ることにした。
結果、場所がよくわからなくなって迷うハメに。上ってところでどっち行けばいいのかよく分からなかったから、交番あったので道を尋ねたらずっと下だと言うではないか。下から行けばすぐだったんじゃん。全ては雨が悪いんだ。
エレベーターで6Fに上がると、もう会場してて人はまばら。まるで映画館や劇場のような雰囲気だ。ちゃっかりドリンク代を取られて入場。ホールなのに?配布CDとフライヤーを受け取って、カバンにしまって身体が冷えてピンチなので即WCに。男子だけ2Fと言うトドメの一撃。のど乾いてたし、水と引き換えてさっさと突撃。席は下手前方の好位置でよく見える。席は二階席までほぼ埋まっていった。年齢層高めの野郎率高めと相変わらずだけど、何故か海外の御方もちらほら。モワディス流れとかかな?
開演前、緞帳開けっ放しだったから、サウンドチェックしてる様子が丸見え。ライブは知らない人たちからスタート。多分、PROJECT TO EVILだと思いつつ、徹の新プロジェクトということでドラムサウンドに身を任せつつノってみる。全体的に民族衣装っぽいのを着てたりピエロっぽいのもいたり、ボーカルはVULGAR辺りの京みたいな顔面だったり謎だった。歌と言うより叫んでる感じ、DIRのINWARD SCREAMが一番近い。そんなわけで、DIR風メリゴが一番しっくりきた。ボーカルもほぼ歌わないしゃべらないし、メイニア達には理解し難いだろうな。どうのっていいかわからず戸惑ってる人しかいなかった。途中、マニピュレーター(?)の人が機材と置いていたタンバリンをたたき出したのでそれに合わせて手拍子が始まってなんとかライブっぽくなった感じどうしていいかわからなかった人たちが少し盛り上がった。未発表曲とか、大抵戸惑うからバンド側が煽ったりしてくれるのはいいことです。
音は重くて歪んでいたので今後、どう深化していくのか楽しみなバンドだった。
続いてKαin登場。異常なまでに盛り上がるメイニア共。Kazuさん真正面にきた。相変わらず美しい。こんな間近で見たの蜉蝣のサイン会以来。ほぼ知らない曲だけど、あとで発表されたセトリを見るとWAILて。ついにメンバーの前身バンドの曲までやるのか。いつか蜉蝣もやってくれ。ところでメイニアは全員ゴツいペンライトを持ってた。Kαinのロゴ入り。どうやらグッズで売ってるらしい。ついにヲタ芸までやらせるのかとおもったわ。ついにヲタ芸までさせるようになったのかと思ったけど、何かの曲で普通に振ってた。ペンライトがゴツ過ぎて工事現場で誘導灯振ってる人にしか見えんかった。百均に売ってそうなペンライトにロゴ入れてグッズにするとかセコ過ぎ。引くわー。いつものことながらMC長い。2曲はできそう。基本は関西のノリだからおもしろいことはおもしろい。タンバリン使わない予定だったのにスタッフが間違えてセットしたらPROJECT TO EVILの人が勝手に使ったとか。対バンのメンバーまでいじるのも相変わらず。最後に次のセッションは激しくいくからと期待させる。MCが長すぎたせいか、アンコールもまばらでほぼぐったりしている様子。結局ぐだぐだのまま幸也登場。みんなが待ってるだろうからメイクや衣装のセットを急いででてきたのにお呼びでないような雰囲気にちょっと残念そう。だったら延々とトークするの控えろよ。出てきたメンバーに対してkazuさんとはこれでお別れですと意味深なことを言う。そしたらスペシャルゲストとしてこの日のために駆けつけてくれたという消息不明だった初期のベーシストだったRENが登場した。音楽から離れていたけどこの日のために数曲だけ練習したそうな。初期はいつもこの曲始まりだったと言う、Re:viveから。懐かしすぎる。定番のYOUと続いて、ハードナンバーへと続く。Suspiciousはともかく、神ノ声なんて数回しか聴いたことなかったぞ。周りは呆気にとられていたけど、イントロで反応したのでガチでヘドバン逆ダイしていた。この日に集まってくれた初期メンバーへの手向けの如く。初期メンバーと言えば、なんとMARIKIからも連絡があったらしく、近くにいれば行きたかったとかメールがきたらしい。今は遠くにいて難しいらしい。それが物理的な距離なのか心理的な距離なのかはわからないけど。そんなことするような子じゃなかったからなりすましなんじゃないかと疑ったそうな。なんか嘘か本当かわからないからいつか本人の口から聞くことができたら信じよう。オーラスにド定番のオーマイディアーで締め。最後に全員から一言ずつもらって、で、RENがもっとやりたいそうなので8月にまたJILSやるとか。何回復活すんねん。MARIKI来ないかな?行けたら行こう。同じ会場希望。帰りは地下まで下りたら地下道から駅まで行けた。サイトに書いといてくれよ。渋谷変わったなー。腹減ってたけど、雨で移動できないし早く帰りたかったからさっさと電車乗ったけどバカが線路内侵入とかで途中でうごかなくなったりで帰宅が異常に遅くなった。週末だしクソ酔っ払いだな。翌日病院なのにぐったりだよ。

PROJECT TO EVIL
???
Kαin
ATSUSHI_BLITZ2016(SE)
Cradle(WAIL)
Haunt
die 4 you
Inlandempire#2
葬-so-
Miles
#006
証-akashi-
Closer

JILSセッション
Re:vive
YOU
Suspicious
神ノ声
MY DEAR

TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS] 

February 10 [Fri], 2017, 22:29
TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of UROBOROS]

DIR EN GREY@東京国際フォーラムホールA

REPRETIONツアーファイナル(個人的に)
DIRのアルバムの中ではかなり好きな世界観と完成度なので現在の世界観で再構築されるライブを楽しみにしていた。
相変わらずド平日にやってくれるもんだから電車止まると完全にアウト。
前日に定時に上がれるようにできる限り準備を済ませておいた。
しかしDIRの国フォってGAUZEツアー以来。当時は何も分からずにかなりオタオタしてた。何の迷いもなく来てる自分成長したなと。
当日は軽く雪予報。電車止まるからマジ止めろって。そうでなくても寒いのに。
無事に業務をこなして定時上がり。京浜東北線で有楽町まで一本だぜ。
寒いせいでトイレ行きたくなってきた。フォーラム口にはそんなのなかったのでフォーラムの方に言ってみた。飲食店が入ってる建物のトイレを借りてホールAに向かった。
ツアーのオブジェ前には人だかりが。観光地の如く記念撮影してる人多数。昔はよくこういうことやったな。客観的にみると如何に邪魔なのかがよく分かる。この日は珍しく開場が早まった。物販が入場後だけあって、一気に待ち人がいなくなった。やることないからさっさと入ったけど、物販はほぼソールド状態。ま、別にほしいものなかったからいいんだけどさ。
しかしフォーラムの中はとにかく構造が複雑。案内板見てもどっち行けばいいのかよく分からん。結局、途中にいた係員に一度道尋ねたよ。それでもホール内はいってから座席の位置が分からずに結構探したぞ。一番近い入口案内してくれたけど。結構遠かったのはどういうことだ?席は2回だけど上手2作後ろと眺め抜群。作あるから頭も降り易い。開演まで時間まだあるからトイレ行くことにした。失敗したこよにチケ置いてきてしまった。戻るとき席分からなくてかなり迷ったし。何とか戻れたけど、隣が来ないので携帯見たら都合悪くなったから行けなくなってチケット他の人に譲ったそうで。マジか。全然関係ない人に声かけてしまった。後ろから落ちそうとか話し声きこえたけど、落ちてきたら避けるかカウンター入れるぞ。受け切れんからな。
しかし、よく直前で譲り先見つかったな。ライブは大人しめの曲からスタート。最近のDIRはV系かどうかでよく議論されるが、ここ数年はスクリーンや照明の演出で世界観を表見していて、衣装やメイクは普通でもスクリーンの映像と極彩色の証明がPSYCHEDELIC VIOLENCE CRIME OF VISUAL SHOCKなんだよな。つまりほぼノーメイクなロックスタイルのV系。第3世代的な。この頃までの曲はまだわかるね。ARCHE曲来ると途端に焦る。ノリ方が解らない的な。でもSUSTAINの掛け合いはなんか好き。そして流石は国際フォーラム、音がいい。重低音がズンズン響いてくる。名だたるアーティストがライブしてきただけある。ガンガンに暴れ倒して完全燃焼。あれ、HYDRA66はナシか。帰りもまたフォーラムダンジョンを突き進むほぼ階段だった。大変。折角なので東京駅に歩いてみることにした。しくじった。寒すぎ。飯食うとこもない。仕方なく適当にバーミヤン入ってみた。軽そうな湯葉投入スープを注文。身体温めたくて焦って口にしたら熱っつ!!舌火傷したわ!散々である、早く帰ろう。しかし東京駅は改装したと思ってたけど、外観だけかよ。中は見事にバリアだらけ。首都圏のターミナル駅で最悪じゃないのか?そんなわけで疲れ果てた身体でぐったりしながら帰宅した。身体はしんどいけど首の軋みは心地良く。明日はゆっくり寝よう。

我、闇とて…
DOZING GREEN
VINUSHKA
BUGABOO
凱歌、沈黙が眠る頃
冷血なりせば
Revelation of mankind
空谷の跫音
SUSTAIN THE UNTRUTH
Chain repulsion
STUCK MAN
詩踏み


The Holy Night -Beyond the Limit- 

December 23 [Fri], 2016, 23:52
LUNA SEA@さいたまスーパーアリーナ

流石は嵐を呼ぶバンド、数日前まで雪予報。
ラッキーなことに予報は外れて冷えてはいるけど何も降ってはいない。
今回は限定CDを販売するらしく、何とか手に入れたい。
ただ、ドームクラスのバンドの物販でまともに買えるかどうか怪しいところ。
しかもフリーなので転売目的で買いに来るヤツも多い。

もうこういうのはチケット一枚につき一枚のみ販売にしてほしい。
ただ、FC会員には事前に配信してるようで少しはマシなのかも
しかし物販の先行時間が昼過ぎからとかまじでドーム感覚だな。
そもそも列に並びたくないのでギリに行って効率良く買ってしまいたい。
物販開始から2時間程してから到着。しかし飛ばされそうなくらい風強い。
姉様方は午前中からどこぞのファミレスで陣取ってるらしい。
CD買ってから合流するとつたえたのでたまアリに向かう。
しかし飛ばされそうなくらい風強い。
長蛇の列ができてるかと思いきや、まばらに人がいる程度。
物販は裏手の方でやってるらしい。
行ってみると列というより人の塊が出来てる。
ありえん。並ぶの無理。諦めてもどろうとしたところ、限定CDだけ別で売ってた。
こっちは列なし金が出てこないので一枚だけサックリ購入。
今日の仕事半分終了。ファミレスの場所を確認すると駅の反対側のデニーズにいるとか。
どっちに対して反対?たまアリの反対に向かってみた。迷ったwww
そしたらヨドバシの隣との追加情報きた。こっち先に言ってくれよぅ。
駅前からすぐ見えるじゃん。
即行向かう。もう迷いようがない。
感嘆に着いた。
中で和んでた姉さんがすぐ迎えにきてくれて無事合流。
風強くて寒すぎたのでホットココアを注文してようやく落ち着いた。
特別な日のライブだけあってセトリにも期待がかかる。
開場ギリまで談笑してたまアリに向かう。
やっぱり風強い。
STORM聴きたい。
会場前で知人に会って視察。久し振りの方でした。
なんかお土産のお菓子もらった。いい人です(♪)
話の中で今日のMステライブでXJAPAN出るけど、SUGIZOはLUNAのライブに集中してもらうために今日の出演は遠慮してもらったとかYOSHIKIが言ってたとか。SUGIは一時的に貸してやってるだけだろうと。確かに!
終演後に合流することを約束してにざ入場。
席はアリーナ下手後方ブロック前方。そこそこよく観えます。
幻想的なセットの中ライブは進む。
LUNAの曲は全部わかるつもりだったけど、ライブで体感したことないと分からないもんだ。
一曲目を何故かRASENと勘違いした。
ライブタイトルからLimit始まりLimit終わりかと思ってたけど。
そこはいい意味で裏切ってくれた。
しかもカップリング曲全然聴いてなくてそれが新曲かと思ってしまったよ。
sバイオリン持ってたからProvidenceかとも思った。
しかしSIAM同様復活してから曲の偏りが酷い、SHINEはもうお腹一杯。
なんかもう腕上げずに胸の前でメトロノームっぽく振ってました。
しかし、折角RYUが振ってくれてるのにフロアはバラバラ。
統一感なさすぎ。
そこはSTORMでよかったんじゃないか?その後の
PRECIOUSとの落差がツボ。
身内全員ここで覚醒。
隣のヘドバン扇風機の風力が凄まじい。
本編をROSIERで占めるのもやっぱり変わらない。
アンコールの代わりに聖しこの夜が響き渡るのもこの日ならでは。
アンコ一発目に今度こそ新曲キタ。
ライブタイトルは聖夜で新曲は聖騎士というV系らしい言葉遊びです。
Dejavuもやって個人的には満足の内容。でももう一曲くらい1stから欲しかったかな。
オーラスにWISHやって手繋ぎジャンプやっていつも通りの流れ。
まだアンコ呼んでる人いたけど、この後に何かやると思えない。
どっちにしろ音響の専門家が身内にいて、もう終わりと判断したので即退場。
音響機材は一度電源落すと再起動後の調整が大変だからそれ以上やることは技術的にあり得ないらしいですよ。
で、打ち上げ会場(飲み屋)確保のために駅前に急ぐ。一番に出てきたお陰でスムーズ
外はk是が強くて寒い。だから嵐を呼ぶなっつーの。
eki駅前の居酒屋に場所を確保して落ち着く。
今回は全員揃ってしっかり乾杯。
ライブ(主にセトリ)にダメ出ししながらひたすら呑み騒ぐ。
ジ終演後に発表された25周年記念武道館で次回を約束して帰路につく。
電車のホームが一番寒かった。風邪ひくでマジ。





WITH LOVE
TONIGHT
Limit
DESIRE
TRUE BLUE
Sweetest Coma Again
IN SILENCE
I'll Stay With You
gravity
Drum solo & Bass solo
Be Awake
I for You
SHINE
PRECIOUS...
IN MY DREAM (WITH SHIVER)
ROSIER

HOLY KNIGHT
Dejavu
WISH
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Yoo-Hey!
  • アイコン画像 誕生日:1月26日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 職業:会社員
読者になる
2017年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
アイコン画像Yoo-Hey!
» THE UNWAWERING FACT OF TOMORROW (2010年10月27日)
アイコン画像コオトニイ
» THE UNWAWERING FACT OF TOMORROW (2010年10月23日)
アイコン画像もきゅ
» JACK IN THE BOX2010 SUMMER (2010年09月08日)
アイコン画像もきたん
» JACK IN THE BOX2010 SUMMER (2010年09月08日)
アイコン画像もきたん
» 送別会 (2009年11月07日)
アイコン画像
» メジャーデビュー記念LIVE (2008年11月19日)
アイコン画像もきたん
» メジャーデビュー記念LIVE (2008年11月19日)
アイコン画像ひまじん
» 帰省しまくり (2008年10月22日)
Yapme!一覧
読者になる