インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですがその処置

February 21 [Tue], 2017, 15:06
インプラントは無くなった歯を再生できる夢の治療ですが、その処置が終わっても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。治療後の綺麗な状態を維持していけるかどうかは、患者さん自身のケアにかかっているのです。間違った口内ケアでは歯を良い状態に保てません。正しい方法を歯科で教えてくれるので、毎日欠かさず行うようにしましょう。日常的な努力を積み重ねることが大事なのです。その上、インプラントは普通、神経を抜いた歯に施すわけですから、異常に気付くのも遅くなります。ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーの原因となることはほとんどない素材を用いているのです。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、極力安静を保って過ごすように努めましょう。日常生活では力をかけないように努め、普通の生活を上回る強度の運動は当分控えてください。血行が良くなることで、出血がおさまらなくなることもあります。負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、いつから再開して良いか、歯科医と話し合うと安心できます。インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。入院する必要はまずありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がない場合は、厚みを増すための治療が必要で、骨移植も考えられます。腸骨などの自家骨を採取し、骨が薄いところに移植するという手術では、入院して手術するケースも実際にあります。これらのどこかに当てはまる方は長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。大きな効果を得られるインプラント治療ですが、デメリットも知った上で選択してください。全ての患者に関わるのは、高額な費用です。治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもあるのです。あとは、治療が失敗したとき、起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。ごくまれなことですが、死亡事故も実際に報告されています。欠損した歯を補う手段はいろいろありますが、インプラントはその中でも安定した使用感が得られ、自分の歯のように安心してガムを噛めるのもまた嬉しいですね。隣の歯の上に人工歯をかぶせるのではなく、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。人工歯の歯根と義歯は、ガムをいくら噛んでも取れないくらい頑丈です。たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。一般的なインプラント治療は、大きな3つの関門があります。最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。それからあごの骨や周辺組織と人工歯根がしっかり結びつくのを待ち、第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というプロセスをたどります。人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、最短で3ヶ月、最長で10ヶ月ほど必要になってくるわけです。インプラントはどのくらい保つのか、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというケースが増えています。そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによってかなり長い間保たせることができますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるという押さえが必要です。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部が残せれば自分の歯根を支えとして、義歯をかぶせられるので、クラウンをかぶせることが可能です。抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。最近よく耳にするインプラントは、歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは歯の根元が骨に埋まっているので強度や使用感が天然歯に近く、手入れ次第で、長期間問題なく使うことも可能です。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので保険適用の治療より高額になることを覚悟してください。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aoto
読者になる
2017年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる