退職時の労災・雇用保険の手続き 

October 24 [Mon], 2011, 10:00
従業員が退職などにより、加入条件を満たさなくなったときは、労働保険の手
続きは雇用保険のみ届け出が必要です。

労災保険は特に手続きはありません。
雇用保険は従業員の退職、死亡、労働条件の変更により、加入条件をみたさ
なくなった場合に届出をします。
また、退職者が離職票を求めた場合は、離職証明書も届け出ます。

退職により資格喪失をする場合は、退職届や解雇予告通知などで、明確な退
職日及び退職理由を確認します。加入要件を満たさなくなったときは、雇用契
書や辞令などで確認します。
退職理由により基本手当の内容が異なるので、退職者と事業主間で確認が
必要です。

届出後、資格喪失確認通知書が交付されます。被保険者通知用は本人は渡
します。資格喪失届に離職証明書を添えている場合、事業主通知用の「資格
喪失確認通知書」と本人へ渡す「離職票-1」が交付されます。